La Lune Lunatique

mmemiya.exblog.jp
ブログトップ

普通の浮き輪で経験しました

<浴槽用浮輪>バランス崩し、乳児おぼれる 死亡や重体も

というニュースを見て、去年の夏のことを思い出しました。
初めて海水浴に行く、というので、母が子どもたちに浮き輪を買ってくれたんですが、娘用のものは、ただのドーナツ型じゃなく、足を通すところがついてる浮き輪だったんですよ。その方が小さい子どもには安定しそうに見えたんでしょうね。

ところが、海に入ってみたら、娘はすぐにバランスを崩して頭から海へぼっちゃーん。もちろん、すぐに脇にいた夫が助け起こし、海に突っ込んだのは一瞬だったのですが、もうその後はどんなになだめすかしても絶対に海に入ろうとはしなかった娘。
この構造は危ないよ、と、ホテルに戻ってすぐに、足を通すところをジョキジョキ切って、普通の浮き輪と同じようにしたのですが、その一月後に連れて行ったプールでも、娘は断固、浮き輪の使用を拒否しました。ホント、可哀想なことをしました…。

と、うちではまぁ、実害はなくって済んだのですが、ただ、この記事で識者の方が「使う必要はないと言いたい」とコメントしていらっしゃることにはちょっとひっかかりを覚えました。

確かに、危ないし、入浴時に子どもから目を離すなんて、とは思います。私個人はそもそも、洗い場に座らせる椅子ではなく、浴槽に浮かべる椅子を買おうとは思いません。それでも、乳幼児を複数人数、大人一人で風呂に入れることの大変さを分かってるのか、と言いたくなります。
と言っても私自身は、ほとんど夫のサポートが得られたので、どうしても夫がいないときは、夏場はシャワーだけ、冬場は一日ぐらいいいか、と入浴をパスしたりして、なるべく一人で入浴させることは避けてしのいできたんですけどね。子ども一人の時は、自分はバスローブとか使って急いで子どもの体拭いてパジャマ着せて寝かしつけて、それから自分は体を洗うためにもう一度入浴、なんてことしてましたが(目を離すことになっちゃうので、自分の頭とか洗えないですよ)。
そういえば、洗い場に子どもを座らせておくための椅子をプレゼントされたこともありました。結局、使いませんでしたが(洗い場が狭すぎて…)。

なんでこんな商品が売られているのか、ってことを考えたら、こういう安全性の検証が大事なことは勿論ですが、一人で乳児を入浴させるためのノウハウの募集・公開とか、せめて入浴時間までには父親が帰宅できるような社会作りとか、そういうことができんのか!と、ちょっと言いたくなってしまいましたよ…。
[PR]
by mmemiya | 2007-07-08 23:24 | 子育て、子育ち | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://mmemiya.exblog.jp/tb/5835355
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Heidi at 2007-07-09 00:59 x
同感ですね。
「必要ない」なんて言う人は、きっと子どもを入浴なんてさせた経験が一度もない人でしょう。
一回でも入れた事があれば、どんなに大変かわかるはず。
かく言うわたしはあの足入れ付き浮き輪を使って、ちびがお風呂大好きなことをいいことに、子どもを浮かせたまま自分もしっかり体を洗った事がある危険な母でした。
何事もなかったから良かったようなものの…。
ほんと、大人1人で子どもをお風呂に入れるのは至難のワザ。
ナントカ打開策を打ち出して、と思いますね。
Commented by mmemiya at 2007-07-11 07:36
>Heidiさま
前に住んでたアパートに、就学前の子どもが3人いるおうちが何軒かあって、しかもけっこう、だんな様の帰りが遅くってお母さんだけで3人を入浴させてることがあったんだよね。
そのテクニックを詳しく聞いておくんだった…!と後で後悔しました。
ちびちゃんには何事もなくてよかったね。
考えてみれば、私があの手の浮き輪を使わなかったのって、うちの浴槽が小さすぎて邪魔だったから、ってのもあったわ。
Commented by at 2007-07-11 11:17 x
私もあの記事を読んで同じことを思いました<必要ない
子供をお風呂に入れたことないんだろうなぁと。
一人でも大変なのに、複数人数の子供を(しかも年齢バラバラ)
入れることがどれだけ大変か、
やったことありませんー!と公表しているようなもんですよね。

うちもみやさんと同じで
同じタイプの浮き輪でひっくり返りそうになるから怖いよと
オツトがかなり慎重に扱っていました。
子供の動きは予測がつきませんよね。
いい面も悪い面も両方あって仕方ないわけですが、
それがあって助かる人も沢山いるからこそ
<改善>という道を探ることが大切ですよね^^
Commented by mmemiya at 2007-07-11 22:10
夏さま
いい面も悪い面もあるというのは、世の中、大抵のものがそうですよね。
後は、なるべくいい面を増やして悪い面を減らすこと…。
亡くなったお子さんもいらっしゃる、という情報をみんなが知ることはとても重要だと思います。
でも、それで終わりではなく、危険性を減らしながら、改良していく、あるいは同じような用途に使える別のものが生まれてくるといいのですが…。
Commented by 夜桜けいこ at 2007-07-20 12:43 x
おっしゃる通りだと思います。夫の助けが得られない家庭もあるので、こんな便利なものをなくして欲しくはありませんね~
今夜あたり、自分とこのブログにも書いてみようと思ってます。。
Commented by mmemiya at 2007-07-23 20:21
夜桜けいこさん、こんにちは。コメントありがとうございます。
これに助けられてきた人達って、大勢いるからずっと商品としてお店に並んでたんですよね…。
日本の現在は、子育て環境も出産環境も、とても素晴らしいとはいえないんですから、それをなんとかよくしよう、という方向で考えて欲しいものです、こういう問題も。