La Lune Lunatique

mmemiya.exblog.jp
ブログトップ

虫かご持って

週末、祖父母の家に泊まってきた。
といっても、祖父が5年前に亡くなり、祖母がこの正月に亡くなって、今は空き家となっている家だ。しかし、仏さんが新しいうちは、なるべく今までのように、と、電気も水道も使えるままにしてあって、ここ4ヶ月ほどは、祖父母の次女である私の叔母が週に1度は通って、せっせと荷物の整理などをしていた。

祖父母の家のあたりでは、お盆は7月下旬に行われる。どうも、昔、養蚕が盛んだった地域では、旧暦のお盆というのは養蚕が忙しい時期にあたっていたようで、お盆をずらしていたらしい、というのがネット検索で得た推測。もともとが7月の23~25日だった、その(他の地域から見れば)ちょっと特異な日程が、太陰暦から太陽暦への切換時に、新暦7月23~25日で定着したのが祖父母の住んでいた地域、同じ市内でも、8月23~25日で行うエリアもあって、そちらは恐らく、旧暦の時期になるべく近づけようとした月遅れ盆なのだろうと思う。

今年は初盆だったのだが、仕事もあって私たちはその時には行けなかった。しかし、親戚が集まってお寺さんに来ていただいてのその初盆が、かなり疲れるものであったらしく、叔母が、うちの子ども達に会って疲れを癒したい、と言い出して、この週末の合宿と相成った次第。

到着したら、ちょうど叔母と叔父は買い物に出かけていて、私の父母はまだ着いていなかったので、ちょっと川べりへ散歩。のつもりが、あっというまに息子と夫は川遊びへ。
私が子どものころは、祖父母の家へ来ると必ず川で遊んだものだが、途中で発電所が増設されて(昔からダムはあった)そこにあった川への立ち入り場所が閉鎖されてしまったこともあり、私も本当に久しぶりに川へ行った。しかし、大きな岩がぬるぬると苔むしていたりして、その下にある天然のプールのような場所へ子どもを連れて行くのはけっこう危なかった。私なんか、普通の靴しかはいていなかったし、今回は、娘は(行きたいと泣いていたが)申し訳ないけど連れておりられず。川幅自体はそうとうあって、川の本流で遊ぶなど、危なくて出来ないのだけれど、ちょうど湧き水が注ぎ込んでいて、その水がくぼ地にたまって遊び場になっている。魚がいる!と夫と息子が叫んでいたので、水は注ぎ込んでも流れ出してもいる、ということなのだろう。
母によると、子どものころ、学校にプールがなかったので、中学校からここまで泳ぎに来ていたのだそうな。このくぼ地ではなかったかもしれないが。

川から戻って、家の中で遊んで、叔父が腕を振るったり、子どもたちもお手伝いをしたりで夕食準備。食後は外で花火。前日の地元花火大会で怖がって車から出られなかった娘、手で持ってやるこの花火も怖がって近寄れない。最後にやっと、線香花火を持つ我が母の手に、手を添えられた程度。すいかを食べてお風呂へ入って就寝。

家の中から川面がよく見えるほど川に近いせいなのか、風が本当に良く通って涼しいのにはびっくり。冬は寒い、という印象はあったけれど(まぁこれは家の造りのせいね)こんなに夏が涼しかったとは。ただし、表の方は国道に面していて、24時間、車の音が五月蝿いのが玉に瑕。夜はトラックが特に喧しい。でもみんな、疲れていたのか、特に車の音も気にならず朝まで眠ってしまったようだったが。

翌日は、家の中にプラレールをだーっと広げたり、ままごとをしたり、なんてのもやっていたが、ようやく息子に虫取り網を買ってやったので、近所へ虫取りにも出かけた。息子が捕まえることができたのは、蝉とショウリョウバッタ(けっこう大きかった)。ま、ショウリョウバッタなんて、私は素手でいつも捕まえていた気がするけど。庭にものすごくいたもんなぁ。
アゲハやシジミチョウ、トンボも飛んでいたが、残念ながら捕まえられず。ま、でも、けっこう、夏らしいことが出来たかな?
もう少し子どもたちが大きくなったら、ペルセウス座流星群なんかも見に行きたいけどな~。私、子どものころは、けっこう毎年欠かさず見に行ったものです。最近はどこへ行っても明るくて、なかなか家の近所から観察は難しいかもしれないけれど。

今日も、保育所から帰ってくるなり、息子は家に入らず、網を持って庭でうろうろ。蝉とカマキリを捕まえてました。一緒に入れたらカマキリが食べるよ、と言ったら蝉は放してましたが。
カマキリもおなかがすいて可哀想だから、少し経ったら逃がしてあげたら、と言ったら、クモをとってきて餌に、と与えていた。しばらくしたら、カマキリの食事シーンが観察できました。寝る前に、やっとカマキリも逃がしてやりましたが。

虫取りの大物といえばカブトムシやらクワガタやらですが、さすがにそれは庭では見つかる筈もないし。おととし、近所の子が、たくさん捕まえたから、とカブトムシを一つがいくれたんだけど、何気なく「どこで捕まえたの?」と聞いたら「秘密!」と怖い顔をされてしまった。そーだなー、秘密だよなー、やっぱり。ま、今のところ、息子からカブトムシを採りに行きたいという発言はないですが、そのうち、カブトムシ探しに行かないといけなくなるかしらん。
[PR]
by mmemiya | 2007-08-13 22:34 | 子育て、子育ち | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://mmemiya.exblog.jp/tb/6117232
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。