La Lune Lunatique

mmemiya.exblog.jp
ブログトップ

勉強するな!

この間、息子が、「今度車に乗るとき、このCDを持って乗る」と言い、「忘れないように書いておく」と言い出して、そこらにあった紙に、自己流でなにやら書き始めた。

で、「しいりい く」と書いたそうである。「お母さん、くるま、って書きたいから続きを書いて」だそうな。
本人の持ってきたものを見ると、まず、下から上に読ませると言うところにやれやれ、と思い、「CD」と発音しているかと思っていたのに、彼の中では表記は「しいりい」であったか、と少し驚き、それにしても、あまりな自己流で字らしきものを書くので、この自己流が定着してもまずいのでは、などといささか不安になってしまい、ここは一つ、字の書き方の本を与えてもいいか、と思って本人に尋ねると「欲しい欲しい」というので、アマゾンで、「はじめてかくひらがな」なるドリルを買ってやった。(ちなみに、一応、し、い、り、く、はそこそこの形になってはいた。)

届くと早速ページをめくり、自分で使い方の説明を読み、鉛筆を要求してどんどん書いている。まー、もうちょっとゆっくり丁寧に書いたら、とか、色々と言いたくもなるのだが、それはさておいても、すっかりドリルに夢中になって、いつまでたっても明日の準備(保育園の持ち物と、明日着る服を、入浴前に用意することになっている)に取り掛からない。さんざんがみがみ言ってやっと用意をさせ、風呂に入れてみれば、風呂から上がっても裸のまま、ドリルをあれこれ眺め回している。ここで夫と私の堪忍袋の緒が切れた。
「字の練習は休みの日だけにしておきなさい!!」

図書館で借りてきた本も、一人で暇さえあれば眺めているし、風呂から上がって、やっぱりパジャマどころか下着も着ないで本を眺めていることがしょっちゅう。

このあたり、どうも私の子どもの頃にそっくりらしい、ということはこの際、脇に置いておいて、「今やることはそれじゃないー!」。

就学前に字の練習なんかさせてしまうと、学校へ上がって、先生の言うことを「そんなの知ってるもん」ときちんと聞かなくなるのでは、という危惧もあって、それはよくよく言い聞かせてもみたのだが(気が早すぎ?)なんか自己流で変な癖をつけても…というのも、どこまで気にするべきなのか、よく分からない。

しかしそのうち、言っても宿題やらなくなって、「何も言われずに字の練習なんかしていた頃に戻って欲しい」ってことになるのかなー。今はホントに、「そんなことやらずに他のことをしなさいー!」状態なんですが。はあ。

そして、字を覚えたり計算したりがなにやら好きなこの兄と比べ、いまだ海のものとも山のものとも分からぬ妹…。天真爛漫と言えば聞こえはいいが、今のところ、読むだのなんだの、ということには、どうもまーったく興味なしの模様。数はやっとのことで、3つまでは把握できるようになってきた感じ。しゃべることだけはとにかくひっきりなしで、今日は、兄が友達とちょっとけんかした、みたいなことをつぶやくと、「なにがあったの、Kちゃん」などと大人びた口をきいていた。読める字は相変わらず「し」のみ。上の子はこの頃、ひらがなを半分以上マスターしていたことを思うと、ホント、兄弟でも個性って全然違うもんですなぁ。
[PR]
by mmemiya | 2007-10-12 00:12 | 子育て、子育ち | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://mmemiya.exblog.jp/tb/6551782
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by きく at 2007-10-12 15:49 x
そんなものですよ,子供って.何かに夢中になると人の声なんて耳にはいらないよね.うちだってお風呂上りはテレビつけてじーっとみてるから,(最近はちゃんと服着てるけど)髪を乾かすのはいっつも私だし.これ毎日毎日同じこと言われてても変わりません.( ̄Д)=3字を就学前に覚えてても心配ないよ.それで授業聞かなくなるなんて事はないと思うし.聞かない子は字を知らなくても聞かないから.好きなことがあればそれをさえぎることなく自由にさせてあげるのが一番,とはわかっていても服着ろよぉーと言いたくなるよね.妹ちゃんはお兄ちゃんに絵本読んでもらって,自然に字を覚えるかもよ.
Commented by mmemiya at 2007-10-13 20:01
やっぱりそんなものですか。毎日毎日言ってもやっぱり直らんのね…。
でも、「聞く子は聞くし、聞かない子は聞かない」という話にはちょっと
はっとしました。
あれこれ気を回してみたって、なるようにしかなんないよねー、やっぱり。