La Lune Lunatique

mmemiya.exblog.jp
ブログトップ

怪我続き

先週、娘が、ラップについている刃で足を切った。なんでそんなものが床に置いてあったんだ!という感じなのだが、なにやら持ち出して、あげく、それを放置したまま歩いていて、けっこう深い傷をつくって大泣き。一瞬、どうしようかと思ったが、まぁとりあえずしばらくして血は止まったので、消毒してキズテープを貼っておしまいにしてしまった。

その傷がやっと治ったかなという昨日、帰宅して、いつものように子どもが車から降りる時、息子が叫んだのでなにごとかと思えば、息子、自分でドアを閉めながら、指をはさんでいた。爪のつけね辺りの皮膚がかなり大きくえぐれていたものの、指そのものは無事だったようなので、ひとまず胸をなでおろしたが、消毒すればしみると騒ぐし(まぁ当たりまえ)さすがになかなか血が止まらず。

それでも、なんとか収まったかな、と思っていたのに、朝、起きると、娘が「布団にKちゃんの血がついてるよ」と言う。確かに点々と血のあと。傷口が動くとまだ開くらしい。
おまけに、キズテープをはがしてみると、なんとなく、じくじくしていて、膿んでこそいないが、いやこりゃ、やっぱ、医者へ行くべき?と、朝、「外科・整形外科」みたいな医者に連れて行った。
レントゲンまで「大丈夫だろうけど一応」とか言いつつ撮られたが、骨には異常なし。ま、消毒してもらって終わり、ではあったけれど、キズテープは止めろと言われてしまった。すいません、つい、圧迫した方が血が止まるかなーとか思っちゃうんですよねー。反省。

患部は濡らすな、と言われたが、右手の人差し指である。そりゃなかなか困難よ。しかし、自分でドアを閉めるようになってもうずいぶんになるので、まさかこんなことをやらかすとは思ってもいなかった。
まだまだ、これから、骨折だのなんだの、怪我との付き合いは続くんだろうけど、骨折ならともかく、擦り傷みたいなものって何科にかかるのが正しいんだろう、とか、まず最初にそれを考えてしまった。骨に異常はなくても整形でいいんでしょうか…。診療科って、分かるようで実はよく分からん…。
(で、連れて行ったところは、一応、「小児外科」まで標榜しておられるが、子どもの患者は皆無でしたとさ。待合室に絵本が山ほどあって助かったが。)
[PR]
by mmemiya | 2008-03-06 23:47 | 子育て、子育ち | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://mmemiya.exblog.jp/tb/7612879
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by okimuff at 2008-03-07 20:47 x
あららら・・・可哀相に。痛そうなお話ですね。
ホントに、子供が怪我をした時って、どうして怪我したの・・・!!!って、やるせない気持ちでいっぱいになります。
27歳になっても、お腹が痛いといわれただけでも、「どうしちゃったの?」と、とても心配になります。子どもは幾つになっても、心配でなりません。
坊ちゃんの傷、早く治るといいですね。
Commented by mmemiya at 2008-03-07 21:15
ありがとうございます。
その時はもちろん痛そうでしたが、翌朝にはもうけろっとしてました。
まぁそう大事にならずに済んで良かったです。
子どもはいくつになっても心配…やっぱりそういうものですか。うちの子が自分より背が高くなった頃のことなんか、まだまだ新米母の私には、全く想像がつきませんが…。