La Lune Lunatique

mmemiya.exblog.jp
ブログトップ

娘にとって大事なこと。

半月ほど前から、ようやく娘が「かーちゃん」と言えるようになった。

「パパ」「ママ」で呼ばせていないので、上の子の時もそうだったのだが、他の単語に比べて、「かーちゃん」は出てくるのが遅い。
「あんぱ」(アンパンマン)、「ぷーわ」(くまのプーさん)、「ぽぽ」(ぽぽちゃん人形)、果ては「ごーどん」(上の子が大好きな機関車トーマスに出てくる機関車)よりも後になった「かーちゃん」である。どうも、「カ」という音が難しいらしい。
ま、しかし、言えるか言えないかなんてことは別にどうだっていい。

先日、家族で某所へ出かけたときのこと。ちょうどお昼時だった。古い家が展示されていて、「ここはご飯を食べる部屋だったんだね」なんて話していると、次の部屋を見に行った後、娘がさっきの部屋へ戻ろうとする。
そう、そのときに気づくべきだった。
何も気づかず建物を出ると、そこに食事場所が。しかし、内容にちょっと食指が動かず、「もう一つ別の店へ行こうか」と夫と話し、歩き始めたところ、娘が「マンマ、マンマ」と大泣き。
食欲魔人のうちの娘、おなかが空くとめちゃくちゃ不機嫌なのだ。

「あっちにもマンマあるからね、ね」となだめつつ、抱き上げて歩いた。しかし、12キロは結構重い。途中で、ちょっと泣き声もおさまった娘を下へおろすと、また「マンマ、マンマぁ~!」と泣き叫びながら、一人、今来た道を戻っていくではないか。
夫と息子は、もうどんどん先に行ってしまっている。
娘は後も振り返らず、ただひたすら、さっきの店に向かって坂を上り続ける。

あの瞬間、娘にとっては確かに、「親兄弟<マンマ」だったらしい。
将来、お菓子だのなんだのに釣られて他人についていく子にならないよう、気をつけなければ・・・(笑い…ごとじゃないかも)。
[PR]
by mmemiya | 2006-02-15 08:00 | 子育て、子育ち | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://mmemiya.exblog.jp/tb/790022
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。