La Lune Lunatique

mmemiya.exblog.jp
ブログトップ

生き物を大切にするのは大事だが…。

いつものように一週間が始まり、帰宅して食事の支度をしていると、息子が外から三つ葉を数枚摘んできて、「お母さん、三つ葉とって来たよ~」と渡してくれた。

と書くとなんでもないようだが、我が家の三つ葉って言うのは、油断するとどんどん大きくなって、「こんなのが三つ葉なの…?」と驚愕するようなサイズになる。息子はよりによってでかいのばかり選んで取ってきたので(大きい方がいいと思ったんだろうねぇ)サイズはちょうど、子どもの顔ぐらいのもの。ここまでくると、固いは香りはないはで、残念ながら使えるシロモノじゃない。

んだけど、慌しかったのであまり説明せず、とりあえず夕食を作って(鮭のムニエル、茹でブロッコリー、にんじんのグラッセ、じゃがいもスープ、というメニューで、もともと三つ葉の入る予定はどこにもなかった)食べ終わった頃、息子が「今日は三つ葉使わなかったね、明日使ってね」と言いに来た。

で、申し訳ないけど、これはちょっと大きすぎて使えないなぁ、と話したら、「じゃあ、枯れちゃうよ、可哀想だよ」とみるみる涙ぐむ息子。いや、根っこは残ってるんだから、三つ葉は葉っぱを採ったって大丈夫なんだよ、と話したら、それを外に持って行き、地面に戻したようだが、何か言いながら外で泣いているので、夫が「うまく言えないけど、人間で言ったら髪の毛みたいなものなんだから」とかなんとか言ってなだめる。

まぁ、生き物のいのちを食べているんだから、ちゃんとありがたく残さず食べろ、と教えている手前、息子のこの反応(食べてあげなきゃかわいそう)は、正しい反応ではあるのだが、ううむ。

畑にとうもろこしやらトマトやらを植えて以来、帰宅するとそれまですぐテレビ!だった息子が、毎日率先して、水をやったり液肥をまいたりしている。これは親の私も正直驚くほど、けっして欠かさない。今日も、液肥をまいて(液体を薄めるところまでは私がやったが)そして三つ葉をとって戻ってきたわけだ。

んで、なんとかなだめて入浴した、と思ったら、なんと、風呂場でゴキブリが仰向けになってもがいていた。あー、そういえば、ゴキブリキャップ、もう一年近く交換していないと思うのだが、まだ効いていたか、と思いながら、それを始末したところ、「弱っているんだからエサをあげたらどう?」と息子。

昔、そういえばあれは、人間にそんなに大きな害を与えるわけではなく「不快害虫」であるだけだ、みたいな文章をどこかで読んだことがある。それが衛生学?的に見て正しい見解なのかどうなのか、ってのはよく分からないけど、まぁ、ばい菌を仲介するって、ゴキブリに限った話でもなかろうし。

しかし、エサをやったらもっと殖えるだけで、最後は人間の食べ物がなくなっちゃうよ、と説明したのだが、またしても息子、泣き出す始末。「これだけはあげる、こっちはあげない、とちょっとだけあげればいい」って、奴らとそんなコミュニケーションが出来たら誰も苦労しないわけで…。飼ってるわけじゃなく、野良だから困るんだって(違)。

息子は、蚊だけは血を吸われるから倒すが、他の生き物は全部、大事にしたいのだそうだ。ムカデも刺すよ、と言っておいたが、ムカデも可哀想、らしい。それはあんた、実害を知らないから言えることだと思うんだが…。

心優しいっつっても限度があらあな、と思いもするけれど、一方で、子どものころ、意味もなく虫をつぶしまくったり、ってことして、そのうち普通に大人になっていく子も大勢いるし、まぁ、いっときのことだろうな、と、静観するつもりではいるのだけれど、いやー、確か半年ぐらい前まで、ナメクジに塩かけたりしてたくせに、ねぇ。
[PR]
by mmemiya | 2008-06-02 22:54 | 子育て、子育ち | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://mmemiya.exblog.jp/tb/8274362
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by みけ at 2008-06-03 14:57 x
これは、、、むずかしいですねえ。年齢的に理屈で説明できないし。でも理系的には「かわいそうだから」で説明はしない方がいいように思います。「いのち」の本質からズレてしまいます。
人を殺してはいけない理由の一つは、人間は【個】の存在だからです。それに対して、植物とか昆虫とかは種全体で遺伝子を受け継ぐ存在です。だから粗末にしていいってわけではありませんが、一つではなくみんなで命を受け継いでいるから、全体のバランスさえ崩さなければ大丈夫なんですよ(あー、やっぱり理屈ですねー。笑)。
動物の場合は、生態系のバランスを崩すような駆除や、遊びで殺すようなことは止めたいですね。
ゴキやムカデは、やはり衛生面で害があるから駆除しますが、それでも全滅するようなことはないから大丈夫だよってことで、いかがでしょう。
Commented by koumeplum at 2008-06-03 17:43
男の子は生き物に対する興味が強いので、これは必ず通る道なのでしょうね。
ブログを見ると息子さんは自然に触れる機会が多そうなので、そのうち生物としての人間の本能で、害のある無しなど色々な虫を区別する事が出来そうな気がします。
Commented by mmemiya at 2008-06-04 21:59
みけさま
そうですねぇ。確かに、理屈だけではまだ納得できないだろうと思います。
とりあえず、最低限の説明をして(途中でたくさん死んじゃうからたくさん卵を産むけど、もし、それが全部育っちゃったら、困るのは実はその生き物だ、なんてことも言ってはみたんですけど)あとは、本人の感性?はそれはそれとして、私はゴキなどは駆除するから、そこに口出しはするな、というところですかね。
次の日は、一年近く前に死んだ金魚がどうなったのか、と言い出し、まためそめそしてました。死んだ金魚は土に還って、そしてその土から植物がまた生まれ、それが動物を育て…なんてことを説明してみましたが、年長児にはまだ少し難しいようです。
Commented by mmemiya at 2008-06-04 22:07
小梅さま
今日は毛虫に素手で触ったとか言ってました。それは違うだろ…。
そうですよね、どんな生き物でも大切にする(博愛精神?)ってのは、実は生き物としておかしいですよね。生存競争とか、食うか食われるか、ってのがそもそもの自然界のあり方の筈で。
今日は、「スズメバチに巣を作ってやってメイプルシロップ(!)とかあげたら、僕に蜂蜜を少し分けてくれないかな」とか言っておりました。
なんというか、自然に触れてるというより、ファンタジーの世界??
ま、おいおい分かってくることもありましょうから、あんまり強く否定はせず、蜂は人間を個別認識できないし、蜂とコミュニケーションなんかとれないよ、ってことは簡単な言葉で伝えたつもりです。
しかし、金魚のことについて今更号泣されたのは…あれは無知な私が殺したも同然の金魚なので、私としても申し訳なくて。
その後、ノートに、「金魚の思い出」という、金魚すくいで連れ帰った6匹の金魚が、全部、元気に泳いでいる絵を一生懸命描いてました。生き残ったのは結局2匹。今年の金魚すくいが今から結構、憂鬱な私です…。