La Lune Lunatique

mmemiya.exblog.jp
ブログトップ

Don't worry that it's Not Good Enough

最近、またちょくちょく、竹内まりやのDenimを聞いているのだが、このアルバムの冒頭は、ミュージカル「マイ・フェア・レディ」のナンバー、On the Street Where You Live(このアルバムでの邦題は「君住む街角」)である。
服部克久のアレンジが良く、ノリのいいナンバーなのだが、ただ、ぼーっと聞いていると、歌詞がなんていうか、つかみどころのないままに流れていく、という感じ。淀みないのかもしれないが、上手くいえないけど、なんというか、違和感があるのだ。自分のヒアリング能力の問題を棚上げして言うのだが、歌詞カード見る限りではそう難しい単語なんてないのに、どーも耳に入ってこない。

ネット検索してみると、竹内まりやの歌は英語のネイティヴスピーカーも上手だと言ってるとか、そんな話もちらほらあって、私の耳の方がおかしいのかもしれないが、やっぱり全体的に破裂音とかが足りなくて「流れてる」って感じに聞こえるのかなぁ、と、歌詞カードを握り締めて聞きなおしてみた。

Hが弱すぎるのは、ほとんどの日本人に多分、共通するところ。後ろに口を大きめに開ける母音が来る時って、尚更、Hの音って出しにくいものなんだな、と、人の音を聞いてると分かりやすいなぁ。Hereぐらいはまだしも、HighのHはほとんど聞こえてこない。あと、Doorはそう聞こえるのに、NearとAppearが、前半半分しかない、ぶっちぎれてる感じ。
FeelingがFeelin'になるとかね、(特に語末の)音を省略するってのは、多分、時と場合によってはネイティヴスピーカーもやることだと思うし(記事タイトルは、私が歌詞を全部覚えている数少ない英語の歌から取ったが、このDon'tの最後のTなんて、昔聞いた限りじゃ聞こえなかった筈)、外国人にとっては子音の発音に自信がないときは、格好のごまかしの手段にもなるわけだが(私も自分がしゃべる時はしばしばやるという自覚はある)I'mのmが聞こえないのは、それは違う。

とまあ、自分が碌な発音もできないくせして人のことをあれこれくさしてしまったが、なにしろ、私、洋楽ってほとんど聞いたことがないので、洋楽を聴きなれてる人の耳にこの歌がどう響くのかはちょっと興味ある。しかし少なくとも、外国人にとって、ただ、しゃべるより、歌う、ってのは、もう一つハードルが高いよね。
昔、イギリスの大学院を出てイギリス人のパートナーがいる後輩とカラオケに行ったとき、彼女が「恋に落ちて」を歌ったのですが、あれの二番って、英語詞なんですね、どういうわけか。そんで、彼女が二番を歌いだしたら、うわ、音の作り方が全然違う!って感じでした。上っ面だけのモノマネ発音では、歌なんて歌うとたちまちぼろが出ると思うけど、彼女の音は、あからさまに違ってましたねぇ。

まぁ、でも、「歌」に、絶対的に完璧な発音が必要かどうか、は、まだ別問題なんでしょうが。オペラといえば、二大言語はイタリア語とドイツ語ですが、そのどちらも私はわかんないのでおいておいて、フランス語のメジャーなオペラといえば、まあ、カルメンぐらいですね。で、カルメンのアリアを、フランス語らしく歌ってる歌手がどれぐらいいるのか、って言われると、ま、細かい発音は、かなり怪しいもんです。Deは「デ」じゃないでしょー、みたいな。これ書きながらテレサ・ベルガンサのハバネラを改めて聞いてみたら「あんたが私を好きじゃないなら」が、全部「あんたが私を好きじゃなかったら」って過去形にしか聞こえないわ。しかし、そんな発音の誤りが、素晴らしいアリアの価値を減じるわけでもない。
最後は、歌、というか、声の力が、すべてを凌駕する、と言ってもいいのかもしれない。そこまで声が説得力を持つのって、並大抵の場合じゃありえないかもだけど。

最近は英語をしゃべる機会もとんとないのですが、なんつーか、そのうち子どもが学校の英語教育に放り込まれることを考えると、もーちょっと自分の英語をなんとかしたいなどと思う今日この頃だったりします。
[PR]
by mmemiya | 2008-07-22 20:23 | 日々雑感 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://mmemiya.exblog.jp/tb/8679736
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by みけ at 2008-07-23 13:43 x
ご無沙汰してます。みけです。お暑うございます。
> 竹内まりやの歌は英語のネイティヴスピーカーも上手だと言ってるとか、
いやぁ、、、そりゃお世辞だと思いますよ(笑)。
その曲は聞いたことはないですが、母音と子音がくっついてる限り英語音には聞こえないと思います。

ダンナの山下達郎サンはアタック(溜めた息をいっぺんに出すこと。アクセントと考えられているものより強い)は足りないけど、音は英語ですね。彼の耳の良さには驚きます。

私は、don't などのtは意識的に入れています。ネイティブじゃないんだから省略はしない方がいいと習ったので。日本人がやたらと省略どころか必要な音まで省略してしまうのは、その方が“それっぽく”聞こえると思い込んでいるからでしょうが、意味が分からなくなるくらいなら全部カタカナの方が通じるような・・・。私の場合は、フランス語のリエゾンじゃないですけど、音を繋げる練習をします。

私は最近、th音を直しました。今までは音が長すぎてリズムが狂ってしまっていたので。ナントカ短く処理できるようになり、ちょっと嬉しいです。
Commented by Heidi at 2008-07-25 10:37 x
英語の発音に関しては、全く自信がありません。まあ、どの発音をもって正解とするか、というのも難しいところだけど、完璧に違う発音をしている音があるのも事実で。
こちらに来てから”-tion”の発音を習得したのはひとつ収穫でした。
しかし、発音というのはやっぱり耳がよくないと上手くならないよね。
私、聴覚より視覚が発達している人間なので、リスニングはやっぱり苦手な部類です。

それに比べて、息子はさすがに発音がいい。
このまま日本に帰って無駄にするのももったいないので、インターナショナル系の幼稚園にいれるか、日本の幼稚園にいれるか悩むところです。
集団生活、なんてことを考えると絶対日本の幼稚園なんだけど、英語に関しては、英語で保育してもらうほうが絶対いいしね〜。
Commented by mmemiya at 2008-07-27 22:06
みけさま、暑いですね~ホントに。日中はエアコンつけずにいるのですが、夜はさすがに寝苦しくて、電気代が心配です…。
確かに、外国人が基礎抜きで「それっぽい」を追求しちゃうと、危険ですよね。
かといって、まともな発音訓練をやったことのない私など、口の形や舌の位置を意識すればするほど、逆に相手に通じなくなっていくような気もしますが…。(って、そもそも観光以外の場で英語を使った経験などほとんどないんですけどね。)
thみたいな、日本語の音体系に全くないような舌の動きをする音は、確かに、長くなっちゃいますよねー。舌がそういう動きに慣れてないんでしょうね。
Commented by mmemiya at 2008-07-27 22:06

Heidiちゃん。Tionの発音…うーん、分からない。確かに、まずは、自他の音を聞き分ける耳から始まるんだろうけど。
息子君については難しいよね~。幼児が発音練習なんて単純作業っていうか面白くもないこと、やりつづけるとは思えないし、日本語の中ではすぐ忘れるだろうし、かといって、ずっと英語を子どもの中に残そうと思ったら、小学校もずーっと英語の世界…?英語を続けていくならどっかで幼児英語から抽象的表現の出来る英語にしてかなきゃいけないんだろうから、そうなるとどこでどの程度日本語をいれるか、みたいになっちゃうもんなぁ。それにしても、インターナショナル系の幼稚園なんて、身近にあるのね。ここらにはなさそう…。