La Lune Lunatique

mmemiya.exblog.jp
ブログトップ

出たあ~!

こう暑いと、何もする気力がなく(夜になると諦めて多少はエアコンを入れるのだが、日中はエアコンをいれずに過ごしている、というせいもある)昼の一番暑い時間など、大人はひたすら昼寝してしまい、朝夕に、かろうじて、最低限やらなきゃならないことをこなす、という日々。まぁ、思えば去年の夏も、こんな風に終わっていったのだった…。子ども達は、暑さをものともせず、二回やら水風呂やらではしゃぎまくっているのだけれど。

で、本日も、夕方になってやっと、台所の掃除をし、なぜか換気扇の汚れが気になって(いや、ずっと苦になっていたのだが)換気扇掃除なぞ始め、で、庭へ出て、もう最後かな、と思いつつ、みょうがを収穫。花が咲く前に収穫などということは端から無理、と、遅まきながら悟る。数十個の花を見ながら、いや、花が咲くからこそ、来年も収穫できるのよ、と、負け惜しみ。本日の収穫は50個ぐらいかなぁ。まぁ、全部収穫したって、そんなたくさんのミョウガ、どうするのよ!ってことなんだが、なんとなくもったいなく思えてしまうのよねぇ。暗がりで見るみょうがの花ってのは、なかなか綺麗ではありますが。

んで、ちょっとだけ草取りをして、もう夕飯の支度にかからねば、という頃になって、夫がなんと、柿の木に、イラガの幼虫を発見!ヒロヘリアオイラガ、という種類らしい。一本の木では、3枚ほどの葉の裏に幼虫がびっしり、で、ある意味、なんなく退治できたのだが、もう一本の方では、かなり大きくなった(4齢幼虫以上だよなぁ…)幼虫が、あちらこちらに散らばっていて、上を見上げつづけて、痛む首を押さえながら、「あ、そこにもいる、あ、こっちにも」ってな感じで、40匹ぐらいは退治した、と思うが、絶対、取りこぼしがあるな…。柿の木の葉っぱ、相当食われています。ああ、なぜこんなになるまで気づかなかったのか…。昼間、この木に登っていたという息子(蝉取りをしていたらしい)が刺されなかったのはなによりでしたが。
この騒ぎで疲れてしまって、本日、みょうがの甘酢漬けをやってしまおうかと思っていたのだけど、ちょっとパス。またしても、保存食の本「季節の保存食 石原洋子」を買ってしまい、この中に甘酢漬けが出ていたので、近日中にやってしまうつもり。後はこの本では、きのこのしょうゆ漬けなんてのが美味しそう。ぶどうジュースも美味しそうだけど、ブドウの値段を考えると、うーむ。あ、ちりめんさんしょうも出ているので、来年は、この本を参考にやってみよう。
[PR]
by mmemiya | 2008-08-03 23:08 | 日々雑感 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://mmemiya.exblog.jp/tb/8767054
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。