La Lune Lunatique

mmemiya.exblog.jp
ブログトップ

幼児英語教育の目標って?

娘が受動態をしゃべったことがあったっけ、と書いた翌々日、ちょうど、娘が、二つの人形を抱きかかえながら、「ちい(人形の名前)がジナ(これまた人形の名前)に抱っこされてる」と言いました。受動態、マスターしてるようですね、一応。

まぁ、子どもが何か面白いことを言った!と思っても、実際の子育っててのは、次の瞬間に兄弟げんかが始まったり「◎◎割っちゃった~!」だの「おしっこ~!」だのに振り回されるもので、なかなかメモなんてできず、そのうち、子どもがしゃべった文章の正確なところなんぞどっかへいってしまうので、別に私も、毎度、子どもの発言を、ヴォイスがテンスがアスペクトが・・・なんて追いかけているわけでは、さらさらないのですが。(そもそも日本語のテンスやアスペクトなんて、学者によって言うことがだいぶ違うんで素人には訳わかんないし。)

ただ、実際に子育てをしていると、言語獲得、ってのは、ものすごく興味深く思えてきました。大学で言語学かじった割には、生成文法とかまるで興味なかったんですけど。(今思えば、私のいた学科にはその専門家がいらしたというに、私はその先生の授業を取ったことがない!なんてもったいないことをしたことよ。)

生成文法派なのかアンチ生成文法派なのか、ってことはともかく、母語の獲得ってのは、色々言われていることはほとんど仮説に過ぎず、実際のところはよく分かっていない、ってのが本当のところなんじゃないかな、と思います。一言語空間における母語の獲得ですらそうなんですから、二言語以上を同時に獲得しようとするというのがどういうことなのか、ってのは、相当謎に包まれてるんじゃないでしょうか。

日本語話者を両親に持って日本語環境で育っている子どもに、幼いうちから英語教育をしようとしている(あるいは現にしている)人のサイトをちょっと見てまわっても、そのあたりのところをどう考えているのか、ってのは、あんまり見えてこないですね。なんとなく、小さいうちから始めた方が身につくんじゃないか、自分は英語習得に苦労したから、早くからやれば苦労しないんじゃないか、程度の、漠然とした認識の下に取り組んでる、ぐらいにしか見えない。

小さい頃に始めることが、大きくなって始めることと比べてどんなアドバンテージがあるのか、というのはまた、とりもなおさず、幼児に英語教育を始めた場合の目標をどこにおいているのか、ってことともつながっていると思うのですが、なんか、ざっと見た限りでは、それらの人の目標というのもよく分かりません。到達目標として、どんなところを目標にしているんでしょう。

「日本語と同等レベルに英語も使えるように」って言うんだったら、幼児期だけじゃなく、大人の英語が使えるようになるまで、少なくとも10代半ばぐらいまではずーっと英語学習を支援し続けないといけないわけですよね。幼児期は各種教材で英語を覚えさせるとして、大人の英語にしていくためには具体的にどんな手段を考えてるのか。インターナショナルスクールに入れればなんとかなる、って考えるのかな。一定の間、使わなければ、母語ですらさびついていくわけで、とにかくこのレベルを目指すんだったら、最低10年以上はずーっと日本語英語併用状態を続けていかないといけない。日本語環境の中で、これは、並大抵の努力じゃ無理でしょうね。

「そこまでは望んでないわ、ちょっと英語に親しみを持ってくれれば」っていうんであれば、なんでわざわざ幼児からはじめないといけないのか、ちょっとよく分からない。まぁ、他の習い事と同じようなもの、って感覚かもしれないけど、モノは言語ですからねぇ。英語に費やす時間分だけ、母語に費やす時間が減るわけで、母語が確立する前に、母語のための時間を削る必要性が私にはピンと来ません。要するに、「どうしても幼児期でないと遅いんだ」みたいな確たる根拠があれば、その必要性も理解できるのですが。

どのレベルで英語を入れようと思っているのか、そのレベルで英語を入れるためにはどんな手段が最適なのか、ってことが充分検討されてるのか???って感じがして、そうして更に、仮に目標を立てて手段を決めたとしても、思ったとおりの成果が上がるとは限らない、ってことをどう考えているのかがピンとこないんですね。

両親の一方が非日本語話者とか、両親は日本人でも周囲の環境が日本語環境じゃない、ってケースは、そんなことを言ってられないわけで、日本語+英語教育をやらざるを得ないという人は、世の中にたくさんいるでしょう。その場合は、「どんなアドバンテージが」なんて言ってる余地はないわけです。でも、その場合でも、どのレベルを目指すのか、ってのは、きっと考えなきゃいけないでしょうね。いつまで二言語併用を続けるのか、とか。

まぁ、自分と関係ないので別に、それぞれの家庭がそれぞれのお考えでやっていけばいいこと、なのかもしれないけれど、なんだか、こう、この国はどこへ向かっているのかなぁ…って感じで、どうも、気にかかってしまうのですよね・・・。
[PR]
by mmemiya | 2008-08-20 22:38 | 子育て、子育ち