La Lune Lunatique

mmemiya.exblog.jp
ブログトップ

裁判は原因究明の手段にはなりえない

福島の事件に、無罪判決が下りた。

亡くなられた方には、改めて、心からご冥福をお祈りしたい。

判決そのものは、これまでの様々な情報や今回の判決要旨を見ると、妥当なものだろう、と思える。
ただ、残されたご家族としては、今なお行き場のない思いを抱えておられるようで、無理からぬことではあるが、ご本人達にとっても、苦しいことだろうと思う。

以前、医師であるabsinth先生が当ブログに、以下のようなコメントをくださった。

<患者さんが亡くなった時私は恨まれても仕方ないと思っていますし、自分が同じ立場であったら同じように恨むだろうとも思います。恨まれる以上に自分が救えなかったというそのことによって医師は十分苦しんでいるのですし、そこに恨みが加わったからといってどうということはありません。それはたいした問題ではないのです。>

しかし、生涯そんな恨みを強く感じ続けていく、というのは、恨む当人にとっても、辛いことではなかろうか。
どんなに手立てを尽くしても、命が救えない時があり、お産で亡くなる人がゼロになるということも、きっとない。それは「運命」としか呼びようのないものではあろうが、他人が「運命だ」などと、遺された人々にしたり顔で言ったところで、その人々の苦しみが癒えるはずはない。苦しみとは、どんな種類のものであれ、時間の流れの助けを借りながらも、苦しむその人自身が乗り越えていくしかないものだろう。

「どうしてこうなってしまったのか」「本当のことが知りたい」と、こうした場合に、遺された人が思う、というのは、これまた、ごく自然な感情だ。しかし、残念ながら、裁判というのは「本当のことを知る」手段ではないのだろう。それは、分かっている人にはきっと自明のことなのだろうが、私は今回の事件の経過を追っていて、改めて、強くそう感じた。裁判は原因究明の手段ではない、と。

裁判とは、法に照らして、ある人が有罪と呼べるかどうか、を判断する場でしかない。有罪であるかどうかを検証する過程で、今回起こったことは防ぎえたことなのか、とか、なぜそうしたのか、といったことを検討する場面はあるだろうが、原因そのものを究明することは、そもそも裁判の目的ではない。「なぜ起こったのか」ではなく「起こったことは過失によるものなのか故意によるものなのか偶然によるものなのか必然だったのか」と言ったことが、裁判では主眼となるのだろうから。

そうした意味で、今回の裁判は、恐らく、被告にとっても遺族にとっても、不幸なことだった、と思う。

原因究明のための第三者機関を作る、というのも、言うはたやすいが、実際にはなかなか難しいことのようだ。だが、それにしても、「本当のことを知りたいから裁判に訴えるしかない」という不幸な誤解(と言い切ってしまおう)を変えていかなければ、この種の事件は無くならないように思える。

ところで、日経のヘッドライン<帝王切開死に無罪 医師が現場復帰に意欲、遺族「残念な結果」>という書きぶりに嫌な感じを受けるのは、私だけだろうか。
しかしながら、このような経験をされてなお、K医師が臨床医を続けるお気持ちがある、ということに、私は心を打たれた。

どうか、遺族にも被告にも、一連の出来事で受けた苦しみを、少しずつであっても乗り越えていって欲しい、と願うばかりだ。

追記:8.22 刑事事件だというのにご遺族を原告と混同しておりました…すみません…
[PR]
by mmemiya | 2008-08-20 23:22 | 日々雑感 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://mmemiya.exblog.jp/tb/8880845
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by at 2008-08-21 14:25 x
出産を経験した女性なら誰しも、死と隣り合わせを考えても不思議ではない危険な体験である(場合に夜が)・・ということに思いを馳せることが出来ると思う。少なくともワタシは、思えます。
亡くなった方、遺族の方を思うと本当に胸がふさがる重いですが
しかし、これがすべてK医師の力不足や医療不足(?)ではないのだろうと、そこを超越しても尚救えない命もあるのだとそれが出産なのだろう・・思いながらワタシはこの結果を見ました。
K医師には現場に戻って多くの出産を助け、救うことで亡くなった患者さんの死なせてしまった重責から逃れることは決してないでしょうが、しかし、だからこそ彼は現場に戻りたいのだと私は解釈しました。
遺族が「なぜ医療をしてくれなかったのだ」というようなコメントを
残されていましたが、全ての命は医療を超えたところにある、それを忘れてはならないし、医者はそこを少しだけ助けてくれる存在に過ぎない。(語弊はあるかもしれませんが)その覚悟を、私達は持たなければならないですよね。

そして、出産は命がけであるということをもっともっと皆が知るべきだと(特に男性ね)思います。

Commented by at 2008-08-21 14:25 x
()の中が変なことに~!!(笑)
省いて読んでください・・
Commented by mmemiya at 2008-08-22 20:41
出産は確かに死に近いものではあるのですが、そればかりを四六時中意識していては、妊娠する勇気すら持てなくなってしまうから、ことさらに「死の可能性」を意識しないようにしているのかもしれません。妊婦雑誌なんかでも、そういう危険性はあまり触れないようにしているのかも、と、邪推してしまいます。少なくとも私は、HELLP症候群も産科的塞栓症も知りませんでした。ただ、本能的?に、出産への原初的な恐怖をどこかで感じてはいたと思います。
Commented by mmemiya at 2008-08-22 20:48
例えば私は、日々ハンドルを握りながら、自動車事故で死亡する可能性、ということを漠然と考えたりしますが、それは全く、危険な瞬間とか、ヒヤッとした時ではなく、ごく普通に運転している時です。
ごく平穏な幸せな人生が突如、何の前触れも覚悟もなしに崩れ去る瞬間というのは、確率は低いけれども確かにある筈ですよね。
医療は、時にその確率を下げてくれるものではあるかもしれないけれども、魔法のように死を遠ざけてくれるものではない、ということを、きっと私達は肝に銘じないといけないのですよね。
Commented by at 2008-08-23 12:48 x
>ごく普通に運転している時です。

とてもとても共感します!!!
ワタシも全く同じです。いや~今ここを読んで鳥肌が立ってしまいました(笑)

産科的塞栓症について言えば、実母が「血栓性静脈炎」という病気をもっており、それの元は「ATⅢ欠乏症」という症状なんですがその症例は日本でも10人もいないそうなんです。症例自体は少ないですが、自分がその体質だと気づかないまま大量の出血を伴う妊娠や手術等で亡くなられる人が大多数なのだそうです。

しかも、それは女性に遺伝すると産科的塞栓症の可能性が非常に高くなるので、私は20代の頃に検査をしており知っていましたが、非常に稀な例だと思いますし、知識があるのと無いのでは全然違いますよね。

ちなみに実弟がその遺伝を受け継いでおり、手術には血栓症防止の点滴薬剤を必ず必要とします。

知るか知らないか、というのは大きいものだなとつくづく思います。

Commented by mmemiya at 2008-08-25 23:25
夏さま
お母様はご出産の頃、ご自分のお体のことをご存知だったのか、それとも幸運にも無事に出産を乗り切られたのか存じ上げませんが、夏さんからこの問題に関していただいたコメントの根っこ?を少し垣間見せていただいた気持ちです。
人間は、自分がいつかは死ぬ、と知っているくせに、いつ死ぬかは知らない、因果な生き物ですが、四六時中そんなことばかり考えていたら、間違いなく通常の日常生活に支障を来すわけで、どこでどのようなバランスを取っていくのかが難しいですね。