La Lune Lunatique

mmemiya.exblog.jp
ブログトップ

英語力幻想 金森強

「読んだ本」というか、正確には、また「読みかけの本」です。

ここのところ、また、英語に関する本をいくつか読み漁ってます。

そうそう、一週間前の金曜、息子が夫の実家にお泊りをすることになっていたのですが(というか、土曜のつもりでいたら、前日に「明日おいで」に変更になってた)なんと、当日の土壇場になって、保育園に迎えに行くと、娘が「Cちゃんも泊まる」と。あんた、あれだけ「お母さんと一緒じゃなきゃやだ」と拒否しまくってたくせに~!!って感じでしたが、二人とも夫の実家にお世話になりました。
今回は、平日ということもあり、保育園から夫の実家に送り届けた後は、まったくお任せしてしまいました。翌日は11時ちょい前ぐらいに行ったところ、ビニールプール(子ども5人全員入れる、かなり大きいのがある)で大はしゃぎしてましたわ。

んで、せっかくの?めったにない「子どものいない日」だったのですが、夫は帰ってこないし、電話しても留守電になっちゃうしメール打っても返事来ないものだから、家を空けることもできず、夫が帰宅した21時ごろまで、相も変らぬネット三昧をしていたのですが、夫の帰宅後、久々に長時間、本屋で過ごしてきました。このときも、この本ではないのだけれど、英語の本を買ったりしました。いや、語学コーナーに、原書の「プー横丁に建った家」(くまのプーさんの第二作)があったもので、「そういや、<いすがし すぎかえる>」の原文ってなんなんだっけ?と買ってしまった。しかし、原文の「backson」は、何かの動物名を直接もじった、ってことじゃないのかも?あれ、バイソンってどんなスペルだっけ。ストーリー覚えてることもあってすいすい読み進めることはできるものの、分からない単語が思った以上に頻出してびっくり。児童文学だから、正直、こんなに分からない単語が多いとは思わなかった・・・・。大抵は形容詞なので、無視して読んでも大意はつかめるんですが。

ってなこととは無関係に「英語力幻想」。<なんとなく、子どものころから英語を学んだ方がいいでしょう?>ってな言説の曖昧さを色々と指摘しつつ、小学生から英語教育を始めるとすれば(この著者の言ってることは英語教育というより、コミュニケーション教育なんですが)どうすべきか、を検討した本、と言っていいのかな。
個々の指摘には、私が前から感じていたようなこともあり、また、なるほど、と思わされるものもあり。
この方は音声学方面の方、ということもあり、発音にまつわる部分もけっこう興味深いところがあります。著者が実践しているのは幼児ではなく小学生相手の英語教育なんで、話はどうしても小学生のことになるわけですが、「母語の音韻体系が出来上がっている高学年の児童に発音指導をするのは無駄 のちに必要になった段階で、知識として調音様式や調音位置を理解しながら身につけていくほうがよほど簡単」というのが著者の見解。
よほど簡単…かどうかは分かりませんが、まぁ少なくとも、現行の教育現場のリソースで、ホンのちょっとの「発音指導」をやったって、大した効果が上がらない(どころか場合によっては逆効果)なのは確かでしょうね。この人は、発音指導よりも、英語を聞く絶対量のほうが大事、という見解のようです。
ただ、ご自身の体験としても、最初に中学で英語の授業が始まったときは、「勉強すれば世界の色々な人たちと話が出来るようになる」という期待に胸を膨らませていたのが、次第に「覚えた規則を使用しながら、パズルや暗号を解いたり作ったりすること」が英語の勉強だ、と、当初の期待は幻想に過ぎなかったのだと分かり始めた、と書いておられるのですから、そのあたりの、現実の言語としてのEnglishと教育の乖離(教育として扱う以上、乖離が生まれること事態には避けがたい面もあるでしょうが)についてはどうお考えなのか、その辺を気に留めつつ読み進めたいと思います。<先生から「今の発音はよかった」などと言われると、英語を話せるようになる可能性が残されているように思えてうれしくなったものです。しかし、それも今振り返れば錯覚でした>と、以下、中学における発音指導の稚拙さを指摘しているのですが、発音指導を「無駄」だけで切り捨てていいものなのかなぁ・・?というのは素朴な疑問。小学校では無駄だけど、中学ではやるべき、と、この後に書いてあるとは考えにくいしなぁ。

ところで、先日から漠然と思っていたことが、この本を読みながら明確になっていった。
これまでの中学・高校における英語教育に対し、「あんなに勉強したのに使えるようにならなかった」という思いを抱いている人は多いようで、それゆえに「子どもの頃に始めれば英語ができるようになる」という錯覚が広まり、児童英語教育への期待が高まっているのではないか、と、この本には書かれていた。恐らく、その通りだろうと思う。
で、私が、早期の英語教育に懐疑的なのは、言語ってものをそう安易に考えるのはどうよ、という思いが第一にあるのは間違いないが、どうも、自分が過去受けてきた英語教育にあまり不満(「怨念」という人もいるそうな)がないから、という側面もあるよなー、と、先日来、ぼんやり思っていたのだ。多分、そのあたりが関係してるのは間違いなさそう。

それはさておき、本書はなんとなく、私には役に立ちそうだ。わが子がこれから進む小学校にも、どんな風だか知らないが、総合的な学習の時間を利用して、英語の時間があるらしい。そうピントの外れたことをやってなきゃいいんだけど、親の目から見てちょっと…という教育が、もし行われていたとしたら、親としてはどんな形でそれを補完していったらいいのか、ということが、うっすら見えてきそうな本、という感じがする。まだ半分しか読んでないだろ、と、自己ツッコミはしておくが。
[PR]
by mmemiya | 2008-08-23 01:02 | 読んだ本 | Trackback | Comments(9)
トラックバックURL : http://mmemiya.exblog.jp/tb/8895201
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by みけ at 2008-08-25 13:17 x
「あんなに勉強したのに」と言えるほど、私は勉強してませんでした(泣)。だから恨みはないんですけど、違うと分かってる音を聞かされ言わされるのは嫌だなあとは思ってました。
確か昔、外国語を始めるなら小学校5年くらいがよい、と言われていたような記憶があります。日本語の読み書きがある程度できて、自他の区別ができるようになる年頃だから、という理由だったようです。音だけの話にすると、もっと小さいときにとなるんでしょうが、内容が伴わないなら意味ないでしょうに・・。
「英語を聞く絶対量のほうが大事」、これは同感です。例の発音訓練でも、かなりの集中力で聞き続けても自分が発している音すら聞き取れるまで1年はかかります。発音を作るのはそれからです。それと、私はサボってしまったのですが、文法や構文、単語もきちんと覚えることですよね。でも、こんなたいへんなことが本当に小学生に必要なのか、という疑問は残ります。教育にも流行があるので仕方ないのでしょうか。
Commented by mmemiya at 2008-08-25 23:49
そうですねー、グローバル化云々という流れの中で、英語以外の言語が世界で占める影響力がかなりの勢いで小さくなってきている、ということは確かなようで、日本における英語学習が(これまではそう必然性のあるものではなかった、と私は思うのですが)今後、どういう意味を持つのか、によっても、小学生への教育のあるべき姿は変わってくるのだろうとは思います。それでも日本のような国で英語を公用語にすべきとは私には思えませんが。
「聞く」こと、それによって「どうも日本語とは全然違う成り立ちで出てきている音だ」と知ることは、初級段階でも必要な気がします。で、後は、うーん、「発音してみなさい」はそんなにやらせなくていいとしても、できれば教師はきちんと日本語とは違う、英語の音を出していて欲しいですが…。これは現状の日本ではないものねだり?
Commented by mmemiya at 2008-08-25 23:54
私は今にして思えば、ラジオ講座から流れてくる音と、学校の先生の発音の乖離に??と思って以来(クラスにいたアメリカ帰りの子に、「自分の耳では、カタカナで言えば××に近い音に聞こえるのに、先生は◎◎に近い音だが、一体、どっちが近いのか」と一度、聞きに行った覚えがあります)学校の先生の「発音」は、<これはお手本にしてはいけない>と、自分の中ではすっぱり切り捨ててしまったような気がします、申し訳ないけれど。
かといって、ラジオ・テープの真似以外にやりようを知らなかったので、「ああ、私の発音ってとりあえず表面をちょっと取り繕っただけよね」みたいな気持ちのまま現在に至ってはいるわけですが。それでもなんとか、自分の発音でもおおむね通じる、と思っていたのですが(ロンドンのタクシー運転手さんに直されたように、そうじゃなくってこうだよ、と言われたことは他にもありましたが)香港で<red>が全然通じなかったときはさすがにへこみました…。RとLなら、むしろLが発音できてない、と、自分では思っていたのですけれどね。
Commented by みけ at 2008-08-26 11:24 x
『英語力幻想』の「母語の音韻体系が出来上がっている高学年の児童に発音指導をするのは無駄」という話は不思議ですね。母音というのは感情が入る部分なので英語の母音にも母語が入って当たり前(それがないとぺらっぺらの根っこのない英語に、、、って、まさか著者はそれを目指している訳じゃないですよね)。極端な話、子音をしっかり英語音にしていれば、母音が日本語でも通じると思います。
> RとLなら、むしろLが発音できてない
私も舌の強さを要求されるので、Lが苦手です。あと唇の強さが必要なMやWもむずかしいです。
Rが通じなかったのは、息の量が足りなかったからかもしれませんよ。舌をしっかり巻いたあと、バッと勢いよく息を出してみてください。ゆっくり出すと猫の唸り声みたいになりますが、時々私はこの声で猫にケンカを売ってます(笑)。
Commented by みけ at 2008-08-26 12:33 x
Rと言えば、フランス語のRを口に覚えさせるために舌先をスプーンで押さえていた中1の頃(笑)。なつかしいです。
ところでフランス語に近いRがある言語ってありますか?巻き舌Rは多いようですね。ロシア語のダラダラした?巻き舌は好きでした。日本語はどちらでもないですね。
上記の「舌をしっかり巻く」というのは、くるくるっと喉奥に向かって巻き上げる感じです。そのまま舌を固めて、一気に息を出すと米語のR音になります。
Commented by mmemiya at 2008-08-31 13:59
みけさま、著者は音声学が専門と書かれていましたが、発音についてはあまりページを割かれてはいませんでした。そのため、発音指導が無駄、の根拠も今ひとつ理解しきれませんでした。小学校高学年をネイティブスピーカー並にするのはそりゃ難しいかもしれませんが、通じる英語音ってのはネイティブスピーカー(そもそも、ネイティブってどこの生まれの人ならそう呼ぶの、って話もあります)と同じ音を出せるようにすることじゃないですよね。
香港でREDが通じなかった時は、なんか、やり直せばやり直すほど駄目でしたね(笑)。服の色の話をしてる、ってのは、シチュエーションで通じそうなものだと思ったのですが。あそこは当時はまだイギリス領だったので、巻き舌風にやるのが返って通じにくかったとか?そんなことないかー。
舌が短いのか、私は巻き舌がとても苦手なので、ロシア語は絶対やれないわ、と、学生時代、友人の「ずとらーすとびーちぇ!」を聞きながら思ったものです。フランス語のRは確かに珍しい音のような気がしますね。あれも、パリ発音と他の地域ではけっこう違うそうですが。
Commented by みけ at 2008-09-04 11:42 x
> 香港でREDが通じなかった時は、
もしかしたら分かってて意地悪したのかも???私も知人のブティック巡りに付き合って、香港人の愛想のなさには驚きました。ホテルのルームサービスでEarl Greyを頼んだときは普通に通じましたけど、ホテルはサービスが商売だからでしょうね。

イギリスのr音て、舌を細くしてぴーんと伸ばして、舌先だけ内側にちょいっと曲げるってやつでしょう?とても真似できないです。イギリス風の英語音は、日本人には聞き取りやすいけど、発音は極めて困難だと思います。子音:母音=9:1くらいの割合で子音が非常に鋭い。米語だと7:3くらいですかね。ちなみに日本語は5:5か、ヘタすると母音の方が大きいくらいです。日本語は息を吸いながらでも話せます。そういう意味では珍しい言語です。

ところで日本の英語教育だけ受けていると、そもそも子音が単品で発音できるとは考えなくなるみたいです(フランス語ではまず、jeが子音だけの音ですから、できないわけにいかないですね)。昔、帰国子女の友達にロシア語のある子音を発音してみて、と言われ発音したら、ふーん、そういう音ねと言われたことがありましたが、普通そんな会話はしないですよね(笑)。
Commented by みけ at 2008-09-04 20:50 x
私も「英語力幻想」を読み始めました。「thは最近、舌を前に出さない」とか、へえ、そうなんだと思う所はいろいろあり参考になります。でも具体的な話や提言があるわりには、分かりにくいなあという感想です。例えば「sを鋭く出せば、thは曖昧でも区別がつく」という話。やってみようとしましたが、やりかたが分からない。そもそもsは舌先が下の歯の裏から離れないのです。日本語のサ行、ザ行で代用してもいいという意味なのでしょうか。
こんな感じで状況説明が多く、察する力が弱い私は主張の中心がよく見えず、なんで本筋を書かないのかなーと考えたら、思い当たりました。この著者、たぶん英語ならこんな構成では書かないと思います。すごく日本語らしいですよ。こういう違いが、外国語を学ぶ面白さ、異文化を知るきっかけになるのですが、そんな考えで書いたのではないでしょうね、きっと。

ちなみに、th音ですが、流行であろうがなかろうが、舌が長い人は前に出てしまうと思うのですが(笑)。日本語でも「な」をしっかり発音すると舌が前に出る人がいますね(今田耕司サンとか)。
Commented by mmemiya at 2008-09-04 22:33
みけさま、いや、それがその時は、某デパートで「Miss,Miss?」と、これはどうだ?これは?と、とにかく売りつけようとする売り子達に囲まれての出来事だったので、意地悪とはちょっと考えにくいんですね~。愛想ないって言ったらフランスの店の方が愛想ないような気もします(笑)。
そうですかー、イギリス発音は難しいですか。世界的にはアメリカ式のほうが優勢なのかな、となんとなく思っていたのですが、発音しやすいからそうなっている、ということもあるのでしょうか。
英語力幻想は私も、分かったような分からないような??みたいな感じでした。世界には、自国民が母語をしゃべる時の舌の位置を、経時的に調べ続けてる学者さんってのがいるのねー、などと、変なところで感心はしたのですが(笑)。