La Lune Lunatique

mmemiya.exblog.jp
ブログトップ

青紫蘇と赤紫蘇の食べ比べ(予定)

この週末は、地区の運動会だったのだが、見事に雨にたたられ、午前中だけで終了。
夫と私が出るはずだった種目は午後だったのだが、年少児までのかけっこが午前の後半だったので、夫と娘が先発、私は息子とお弁当を仕上げて後を追ったら、ちょうどグラウンドに着いたところで、これで打ち切り、のアナウンス。
弁当持って引き返して、家でお弁当を食べました。確か一昨年は、お稲荷さんを、料理本より甘さ控えめに作って、今ひとつ受けが悪かったのだが、今年は本の通りに作ったら、息子がものすごく良く食べた。

この運動会、昨年は雨で最初から中止だったし、確かおととしも昼近くから雨で、各種種目を繰り上げてバタバタと早めに終わったしで、どうも毎年、天候に恵まれない気がする。3年前はちゃんと全部やったんだっけ。
で、毎年、運動会の翌週が近くの神社の秋祭りなのだが、これは4年間、暑い位いい天気の日が多かったような。少なくとも雨の年はなかったなぁ。

ということで、午後から時間が出来たので、買い物に行って、ついでにちょっと服やなにかを買って、髪を切りに行って、ガソリン入れに行って、で、夕方になったが、えーい、と、思い切って紫蘇の実を収穫。
今年は、去年ほとんど収穫できなかった青紫蘇の実がよく採れ、確か「私の保存食ノート」には、紫蘇の実の塩漬けは、できれば青紫蘇の実で作るように…とあったように思うが、赤紫蘇とどう違うんだろう?と思ったのと、赤紫蘇の実もいっぱいあったので、今年は2種類作って食べ比べてみる予定。指先が、すっかり、紫蘇のアクで染まってしまったわ・・・。たくさん、とはいえ、根性なしなので、ざるいっぱい穂をつんだところで、もういいや、と採るのをやめてしまったので、今年も出来上がり量は小瓶二つ程度だな。

ムスメがいよいよ本当にピアノを習い始めたので、週末、特に土曜は慌しくなってきた。プールへ行って、娘と私は、息子の教室を横目で眺めながら泳ぎ、息子の教室が終わると今度はピアノ。実は、息子もピアノをやりたくて仕方がないようなのだが、費用がけっこう馬鹿にならないんだよねぇ…。ひとまず、小学校へ上がって、生活のリズムをある程度見極めて、それでもどうしてもやりたいなら、小1の秋からやらせてあげる、ということで、息子を説得はしたのだが。娘の方だっていつまで続くか、あやしいもんだしねぇ。しかし、「お試しレッスン」の時から、ピアノ購入を勧められたのには参った。まぁ、楽器屋さんが音楽教室をやるのは、もちろん、販売のためだもんなぁ。しかし、いつまでやる気が続くか分からない4歳児にピアノ買ってただのインテリアと化す、ってのは、充分予想できる道だしなぁ。
とりあえず、昨日は、帰宅してすぐに「しゅくだいやらなきゃ!」と、テーブルに向かっていた娘でしたが。(お星様の絵を描く、という宿題だった。次回、きっと、そのイメージを弾いてみる、みたいなことになるのでは。)
私自身、4年間弱しかエレクトーンは続かなかったんだけど、その後、琴(正確には「箏」と書きます)を始めた時に、多少は過去の習い事が役に立ったかな?と思えたので、まぁ、音楽に親しむことは悪いことじゃないとは思うんだけど、自分の娘がピアニストに育つとは端から思えないので、とりあえず、デジタルピアノがあるしいいじゃん、という程度の考え方なんですが、ピアノをわが子に習わせてる方の話をネット上で読むと、住宅事情が許せばやっぱりピアノは買うべき、という意見が多くてちょっとびびります。私はあんまりにも練習しなかったので、父親が「そんなに練習しないのなら止めてしまえ!」と雷を落としてジ・エンドだったのですが、さて、我が娘はどうなりますことやら。
[PR]
by mmemiya | 2008-10-05 23:12 | 日々雑感 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://mmemiya.exblog.jp/tb/9282262
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。