La Lune Lunatique

mmemiya.exblog.jp
ブログトップ

高知へ行ってきました

母の退職祝いで、母が何度か仕事で出張した高知の魚を孫達に食べさせたい、というので、1泊2日で高知旅行。夕方の便で飛んで、ホテルへ荷物置いて、夕食食べに行って、ホテル戻って寝て、翌日、日曜市や高知城を見て、また夕方の便で帰ってくる、という、短い旅行。

折から、出発日の名古屋空港は、元国際線ターミナル(確か、私がパリから帰ってくる頃、つまり7年前ぐらいか、新しくなったばかりで、なんで中部国際空港が出来ると決まってるのにこんな新しいターミナルを作るかな、と謎だった。)がショッピングモールに生まれ変わってのオープン日で、空港周辺、大混雑。それを見込んで少々早めに出発したとはいえ、いやー、参った。我々は空港に行きたいんであって、別にショッピングモールに行きたいわけじゃないの~、道を分けてくれ~、って感じでした。

飛行機は怖いと言っていた娘(娘の想像の中では、飛行機とは、遊園地でぐるぐる回ってる屋根のないアレだったらしい)も、別に騒ぐこともなく、息子はおもちゃをもらってご機嫌で高知龍馬空港到着。バスで駅前に移動し、駅近くのホテルにチェックイン。

食事は、皿鉢料理のほか、単品で、鰹のたたきに加え、「のれそれ」とか「どろめ」とか「ちゃんばら貝」なんかをいただいた。あ、すっごい久しぶりに鯨も食べたなぁ。この中で一番気に入ったのは「のれそれ」かな。子ども達も、息子はまぁまぁ、娘はものすごくよく食べた。

翌日は、なんと雨。天気予報では雨じゃなかったのにぃ~。ともあれ、朝食後、チェックアウトして、息子が乗りたがった路面電車に(歩いたってすぐだってのに)乗り、日曜市へ。高知といえば四万十川とか、断片的なイメージしかなかったんだけど、日曜市を初めとして、色んな曜日に市が立つんだそうだ。日曜市は最大規模だそうで、端から端まで歩くと、ほんとものすごい時間がかかった。普通の道路を通行止めにして、テントで出店が出るさまは、パリの市場なんかを思い出して懐かしい。パリも雑貨屋とか、服売ってる店もありますしね。もっとも、高知では圧倒的に多いのは野菜の店で、パリとの最大の違いは、「肉屋」とか「魚屋」なんてのがないことか。干し魚は売ってましたけど。
パリの秋の市場といえば、この季節だけの「キノコの専門店」なんてのも出たりして、とりわけ、セップ(日本ではきっと、イタリア語でポルチーニと言ったほうが通りがいいだろうが)なんかは、見る側の気分としては、ちょうど、マツタケを見るような感じ…とはいえ、国産高級マツタケほどに手が出ない値段でもないわけで、うー、思い切ってシーズンに一回ぐらいは買っちゃうか、買っちゃったー、みたいな浮き浮き感も、今は懐かしい。今回、高知の市場には、マツタケもちらほらありましたが、あとは原木シイタケかな。キノコ類としては珍しいものにはお目にかかれず残念。

私が見慣れないものとしては、「四方竹」という、春ではなく秋が旬の筍があちこちの店に。あと、いたどりがやたら並んでいましたが、子どものころ、生で齧ったことはあるが、いたどりを塩漬けにしたものはここらでは見ないなぁ。どう使うんだろう?あと、「ぶしゅ柑」という果物。どんな字?と思ったら、漢字で「仏手柑」と書いてある店もあり、なるほど。息子はサトウキビを欲しがったが、あんなもの、飛行機で持って帰れるかい!ということで、断念させる。

その後、高知城を見て、もう一度、市のほうに戻り、「ひろめ市場」なる屋内市場で昼食。色々な店が並んでいて、途中にいくつか広場があり、椅子が並べてある。好きな店で購入したものをその広場で食べる、フードコートのような感じ。(飲食店以外の店もあるが。)子どもは高知に来てまで、うどんだのラーメンだのを食べるというので、さぬきうどんとラーメンを一軒で、別の餃子専門店で餃子を調達。大人は鯛茶漬けとか、また鰹のたたきとか。「明神丸」という、ガラスの向こうで、藁で鰹を焼き上げるパフォーマンスをしている店があって、かなりの繁盛振り。

昼食後は、ゆっくりと駅に戻ってみやげ物を見た後、早めに空港行きバスに乗る。高知はアンパンマンの生みの親、やなせたかしさんの故郷ということもあり、中心街のアーケードにあった店でも、駅でも空港でも、アンパンマングッズが充実。うちの子たちも土産に一つずつアンパンマングッズを買ってもらった。
空港で、最後にもう一度土産物を見て、飛行機に乗って、名古屋空港に着くころにはもう真っ暗。娘は、飛行機からの夜景に見とれていた。息子は、往復でもらった二つのブロックを組み合わせて遊ぶのに夢中だし、娘はどんな乗り物でも、乗り物に乗るとたいそう静かなので、行き帰りの飛行機の中では、遅まきながら再来週の資格試験に向けて勉強にいそしんだ私…。

で、遅くなったので、空港からの帰り道、夕食をとって帰ったわけだが、我々夫婦に楽しかったか聞かれた息子「亀を見たのが楽しかった」って…。ホテルのロビーの池に、亀が泳いでたんですが、高知まで行って亀か…。私の母に聞かれたときには「路面電車が楽しかった」。まぁいい、いいでしょう。

というわけで、短いながらもなかなか楽しい旅行でありました。
[PR]
by mmemiya | 2008-10-28 22:34 | 日々雑感 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://mmemiya.exblog.jp/tb/9514408
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。