La Lune Lunatique

mmemiya.exblog.jp
ブログトップ

一足お先にクリスマス

これまで、うちにはいつも、お休みの日の朝、サンタさんが来ていた。なにしろ、プレゼントに夢中で登園時間が遅れても困る…という、非常に身勝手な親の都合なのだが、今年はさすがにそんなことをすると怪しまれるかしらん、と夫に相談してみたら、「一晩で世界中回るのはサンタも大変だろうし、別にいいんじゃない」と言われた。で、22日の朝、登園しながら車の中で子ども達に「サンタさんも大変だろうし、うちにはちょっと早く来てくれるといいねぇ」と言ったら「そうだねー、きてくれると嬉しいねー」と二人の賛同が得られた。

っつーわけで、22日の夜、二人は、欲しいものを紙に書いて(娘は私に書かせて)家の中に貼って眠った。なんで家の中に貼っておくとサンタが見てくれるんだろう?あ、サンタが入ってきてそれを見て、ドラえもんのポケットみたいな便利な袋から、該当のプレゼントを取り出す、ってなイメージなのかしらん。娘は夜、空に向かって、「サンタさーん、今夜来てくださーい!」と叫んでもいた。ということで、念願かなって、23日の朝から早速、新しいおもちゃで遊び始めた、というわけだ。

勿論、ごちそうも今日やってしまう。今年は、息子がまたしても、鶏の丸焼きにこだわったため、一昨年に続き、若鶏丸焼き。一昨年はずいぶん余ってしまったのに、今年は全部、一回で食べきってしまったのは、みんながよく食べるようになったのか、鶏のサイズが小さめだったのか。
今年は、ツリーサラダ(ポテトサラダを円錐形に固め、そこにブロッコリーやプチトマトを差し込んで、クリスマスツリー型にする)と、アスパラの生ハムまき、蕪のスープ、というメニュー。
例年、ケーキは焼いていたのだが、今年は、21日の法事でケーキ(アップルタルト)を持たされて帰ってきたので、ケーキも作らず。子どもたちは多少、デコレーションをやりたそうだったが、正月に、私の誕生日ケーキを作ってもらう、ということで納得させる。
タルトの周りには「苺サンタ」を作ってみた。(苺も、仏様のお供えのお下がりをもらったので・・・。)といっても、ネットで見たような目とか、服のボタンなどは付けられず。細かい作業は、ホント、不器用な私は苦手なのです・・・。あと、苺サンタ、顔部分は通常、生クリームで作るようだけど、たったそれだけのためにホイップするわけにもいかないので、バニラアイスで代用した。

娘の胃腸風邪は、おかげさまで21日の法事の際には、もうかなり普通の食事を食べられるほど回復しており、22日の朝には普通便が出た。下痢便は一回もなし。かなり軽く済んだ。息子にもうつった様子はなし、で、やれやれ、といったところ。
[PR]
by mmemiya | 2008-12-23 18:23 | 子育て、子育ち | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://mmemiya.exblog.jp/tb/9968653
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。