La Lune Lunatique

mmemiya.exblog.jp
ブログトップ

2008年 03月 21日 ( 1 )

情けは人のためならず

パート労働について、コメントをいただいたのだけれど、パートタイマーってのは、本来の定義だけなら、労働時間が、フルタイマー(日本の基準で言うと1日8時間労働)より短いだけ、の筈なので、理屈だけで言えば、6時間労働している人は正社員の3/4の給料、4時間労働なら正社員のちょうど半分の給料、であっても良さそうなものではあるが、実際にはそんな風にはなっていないところが大多数だろう。

130万円だか108万円だかの壁、と言われるものがある。「あった」という過去形に近づいているのかもしれないが。「税法上、配偶者控除の対象になるかならないか」「被扶養者(厚生年金保険料等を払う必要がない)なのか、扶養の対象外なのか」というあたりが、一定の所得ラインで左右されるため、配偶者控除の対象になり、被扶養者である、という程度で働くことを望む人がけっこういた。(あるいは、そう望むように政策的に誘導されていた、ってことなのかもしれんが。)その結果、パートタイマーは、さほど高賃金でなくても、就労希望者が集まっていた。

そうして育てられてきた?日本のパート労働の標準が、現在のワーキングプアなる言葉にさえつながるような、非正規社員の不十分な労働環境を準備してしまった、と言えば言い過ぎなのだろうか。

日本人はこれだけ残業をしていて、どうして暴動を起こさないんだろう、と、時々思うのだけれど(いや、私も結婚前は連日日付が変わる前後に帰宅・・・みたいな生活をしてて、暴動なぞ起こそうという気持ちは持ってなかったんだけど)、労働問題っていうのは、たとえ、自分が直接、そういった状況に置かれなくても、他人事だと切り捨ててしまうのは危険なんじゃないかと思う。

フランスにいた頃、よく、ストライキにあった。あるいは、バカンスの時期になれば、どこへ電話しても「担当者がバカンスなので分かりません」で終わりにされてしまうことばかりだった。
ところが、フランス人が、ストを起こしている人々やら、バカンスで対応してくれない企業やらに文句を言っている、というのは聞いたことがない。それは、やはり、多少の不便さがあったとしても、他人の労働問題は、まわりまわれば自分の労働問題にもつながる、という意識があるからなんじゃないだろうか。聞いてみたことはないけど。
ストなんて起こしてるのは、多くが公務員で(大体、彼の国は、公務セクターにいる人間が多すぎるんじゃないかとは思うんだけど、それはまぁ長いミッテラン時代の遺産だったりもするのかな)それ以外の人は、いかにフランス人とはいえ、「自分の仕事はストなんかと無縁」って人も、けっこういたと思う。個人事業主なんかストなんてやってらんないし。
でも、バスやメトロが、ある朝突然、ストに突入したりしていても、私の経験では、「あっちの◎番線は動いてたよ」とか、「このバス停でいくら待ってても、もうこの路線は来ないよ」とか、見知らぬもの同士で情報交換はしあっても、ストを起こしたRATP(パリ交通公団)へ不満が爆発、みたいな様子はなかった。地図を片手に東洋人が街角で立ち止まっていれば誰かが声をかけてくれる田舎とは違い、パリ市内で見知らぬ者に積極的に誰かが話しかけてくれる、なんてことは、ストの時ぐらいしか経験がないのだが、みな、しょうがないなぁ、という感じで、それぞれ対処法を考える、というのがストの時のフランス人らしかった。

そういや、郵便局ってのも、いつ行ってもものすごい行列だし、窓口の人は愛想ないし、できればあんまり近づきたくはない場所の一つだったが、夏のある日、最寄の郵便局へ行ったらば「この劣悪な労働環境に冷房をつけるための署名にご協力を!」みたいなことを言われ、確かにとても暑い日で、扇風機がまわっているだけだったから、私もははあ、と署名して帰ってきたのだが、あれも、ほとんどの人が協力していた気がするなぁ。まぁ、冷房は、来客のためにもなるといえばそうなんだけどね。ちなみに、パリ辺りでは冷房がない、ということそれ自体は、そう珍しいわけでもなかった。クーラーのあるカフェなんか、わざわざ外に「エア・コンディショネ」(エアコンされてます?)と張り紙してたぐらいだったし。

なんか、話がどんどん脇にそれた気がするけれど、要するに、自分の身の回りで提供されるサービスレベルやらなにやらに高度な要求をすればするほど、まわりまわって自分の首を絞めていくんじゃないかと思うし、「みんなこのぐらいは我慢して働いてるんだし」って思ってるうちは、もちろん、どこかの誰かが労働環境を良くしてくれるなんてこと、ありっこないどころか、ますます労働環境が悪くなっていっても文句は言えないんじゃないか、ってことなんだけど。
[PR]
by mmemiya | 2008-03-21 23:39 | 日々雑感 | Trackback | Comments(3)