La Lune Lunatique

mmemiya.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:子育て、子育ち( 215 )

通級正式決定

先週、ちょっと娘が色々不安定で、2日連続、学校を早退した。
昔から、年度の変わり目、クラス替えとかが不安なタイプで・・・。学校では微熱があるんだけど、帰宅すると熱は下がっちゃう。別に、いい子になれと育てた覚えはないのに、どーも、過剰に、いい子でいないと!みたいなところがあって、で、色々疲れてしまっているように見える。まぁ、今週はだいぶ、普通どおりに戻ったけど。

で、連絡帳とかでは担任ともやりとりしてたんだけど、今週始め、学童のお迎え時に職員室を覗いたら担任がいらっしゃったので、ちょっとお話をした。あ、保健室の先生とも。で、ついでに、通級の先生もおみえだったんで、通級のことを聞いてみたら、今日、市の教育委員会に申請を出したが、医療機関への相談暦とかが何もないので、もしかしたら対象外と言われてしまう可能性もないわけではない、と言われ、ちょっとびっくり。いやーだって、通級をお勧めくださったのはそちらなのに、みたいな。まぁ、WISCの結果を見れば、対象外と言われることはそんなにないと思うが、とも言われたが。それはそれで、そんなすごい結果かよ、と思ってしまう話ではあるな。(いや実際、けっこうな結果ではあるんだけどさ。)

で、本日、通級の同意書なる文書を息子が持って帰ってきました。あと、1学期の通級予定一覧表。つまり、正式に決まった、ということらしい。
さてところで、本当は原則は毎回親同伴だが、仕事があってもできれば月1回ぐらいは・・・と、以前に言われていた。で、1学期の予定表の中で、来れそうな日はありますか、とのことだったが・・・5月から6月、出張だらけなんだよねぇ・・・。出張で溜まる業務を合間に処理しきれるか心もとない、っつーか、端から休日出てかないとしょーがないなー、って感じなので・・・参加できるかなぁ。ううむ。おまけに、2時間目という時間、うーむ、終わって出勤すると11時半ぐらい、つまり、午前中休みとおんなじだわな。

個別だけでなく、グループ指導もあるようですが、さぁて、息子に何かプラスの効果は出てくるでしょうか?
[PR]
by mmemiya | 2012-04-26 23:37 | 子育て、子育ち | Trackback | Comments(0)

ひとまず曲目決定

いろんなことがあった土曜日、結果的には特に何をしたわけでもないのに疲れた・・・。

野球の関係で、朝、7時30分に集合予定。起きてみると前夜からの雨は降り続いていたが、中止連絡がないどころか、多少時間を遅らせることになるかもしれないがひとまず予定時刻に集合せよとのメールが7時前に入る。
しかし結局、7時10分に中止連絡。それなら朝寝したかった・・・。

既に朝食を食べ終えていたので、てきぱき色んなことをやれば良かったのだけど、天気も悪いし、ダラダラと、ピアノの練習をちょっとさせたり、部屋を少し片付けたり、で午前中は終わっていき、昼ごはん食べて、娘のみとなったピアノ。しかし、夫が休日出勤しており、息子に留守番するか聞いたらついていく、というので息子も連れて、昨日も行った教室へ。
フィンガートレーニングは割とすんなり合格したけど、草競馬のリズムがもうひとつで、次回仕上げということに。あと「ハイキング」が宿題。
時間が短かったのは、発表会の曲の話をしていたから、というのもあります。色々、やってみたい曲を選んでいったり、先生が「サクランボの唄」とか弾いてくださったりしましたが(可愛い曲です、サクランボ)娘の発表会の曲は、ひとまず、ギロックの「フランス人形」と、 平吉毅州さんの「タンポポがとんだ」ということになりました。
「タンポポ・・・」の方はCD聞いて息子も娘も興味を示していたのだけれど(昔、娘が習い始めたばかりの頃、同じ教室の子がコンクール用にこれ練習してたけど・・・覚えてるはずないよなぁ)息子は、新しい先生に「ちょっと簡単すぎでしょ」みたいなことを言われました。まぁ、こどもコンクールの曲目が「虹のリズム」だった頃は(去年と今年は平吉さんは平吉さんでも「南の風」の方)きっと選ぶ子がそこそこいたんでしょうね。で、こどもコンクールは小3までのコンクールなんで、「小さい子がけっこう弾いてる」と息子の先生がおっしゃったのは分かる。「4期のピアノ名曲集」では ブルグミュラー前半程度に入ってるんですけどね、タンポポ。

それはともかく、「フランス人形」は、ペダルがあるんだよなぁ、ペダル・・・。小2としては大きい方とはいえ、娘の身長、約129センチ。(今月測ったばかり。)アシストペダルかなんか、要るのかなぁ、やっぱり・・・。(補助ペダルなんて電子ピアノの身には・・・)息子はサウンドツリー4でペダルのある曲を始めているとはいえ、まだホンの踏む練習程度なんで、今のところ椅子に浅く腰掛けて、で済ませちゃってるんですが・・・。(ちなみに息子は133センチぐらいしかない。年子と間違えられるのも無理からぬところ。)

Youtubeの動画とか、あるいはピアノについて書いてらっしゃるブログとか見てると、皆さん、うちの子等なんかよりずっと難しい曲をやってらっしゃるので、うちの進度はのんびりな方だと思っていたのですが、先生が「小2でペダルのある曲をやるなんてすごいよ」みたいなことを娘におっしゃって、そうかー?と思ったり。
まぁ、確かに、動画をのせたりされるのは、一部のすごく上手な方たちなんでしょうから、幼少期のピアノ人口を考えると、そりゃ、進度も色々ですよねぇ。
実は職場にまた、お子さんがカワイでピアノをやっているという人が加わったのだけれど、小1になったところで、今、サウンドツリー2の前半とのこと。そういや、この間グレードテストを受けたときにも、50人ぐらい受けてた中で娘、受験番号一桁だったしなぁ・・・※勘違い。息子が一桁で、娘は10番台だった※(受験番号は先生によれば年齢順とのこと)と、つらつら考えるに、まぁ、楽しんで弾ければよいだけであって、あまり、すごいお子様の動画を見たり話を読んだりはしない方がいいのかも(笑)。比較なんてしてないつもりでいたけど、自分の中の常識が、すごい子に引きずられてずれてく、っていうかさ。

さて、このピアノのあと、息子の初めての土曜習字教室でひと悶着あったのですが、これについては書こうとするだけで疲れるので(苦笑)またいずれ。とりあえず、息子は習字を一度止めたほうがよかろう、と、妹(先生)と意見は一致しましたので、習字、やめさせます。

ああ、何もしてないけど色々あった一日だったわ・・・。そうそう、いつもくすぐったがって耳掃除をさせない息子が、珍しくやっと耳掃除に同意し、途中何度も「タイム」とかいって中断したが、なんと、長さ1.5センチもあるブツが取れました・・・。途中まで耳かきでしたが、結局ピンセットでひっぱって。思わず携帯で写真に撮ったほどでしたが(笑)さすがに、見せびらかすものでもないので画像upは控えます・・・。
[PR]
by mmemiya | 2012-04-14 22:19 | 子育て、子育ち | Trackback | Comments(6)

初レッスン。

息子が、新しい先生によるピアノの初レッスン。

1年生の6月にピアノを習い始めてまもなく3年、この間に4人目!の先生です。今回は、スポ少野球との兼ね合いで、平日のレッスンをお願いしたところやむなく講師交代となったわけで、こちらの勝手なので致し方ないのですが、やっぱり、先生によって教え方とか、色々違いますね。

私は昨日今日と東京出張で、今日は13時に会議終わった後、大急ぎで品川へ移動し、駅構内で弁当買って、新幹線に乗って、降りて乗り換えて、最寄り駅からピアノ教室までタクシー飛ばして、で、レッスン始まってしばらく経ったところに合流できました。(フィンガートレーニングが半分ちょっと済んだところでした。)
今後は私は付き添えないのですが、最初ぐらいはご挨拶しておかないと。

初めて一人で帰宅して(これまではずっと夫の実家に帰宅していた)ピアノのレッスンに向かう息子が、ちゃんと時間までに来ているのかとか、色々心配していましたが、今日はちゃんと、家にかぎかけて、レッスンバッグ持って、時間のかなり前に到着していました。(でも、傘忘れてきてた。来る間は降ってなかったけど、帰る頃にはやっぱり雨になってたよ・・・私の折り畳み傘一本で帰りましたが・・・。)
でも、5月に入って6時間授業になると、レッスンにかなーりぎりぎりなんだよね。とろとろやってると遅刻するんじゃないかとちょっと心配。

で、先生は、過去の先生の中で一番お年上、とみました。ベテランの風格が漂い、そして「うちは息子が二人いますので、男の子はおまかせください(笑)」と頼もしいお言葉。扱いづらいうちの息子ですが、今度の先生、いい感じかも。
そして、「弾き方がどうもふわふわしている」とご指摘が。うーむ、実はこれまで、ほとんど「譜面どおりの音を鳴らすこと」以外の指導を受けたことがないので、時間かかるかもしれませんが、そういうところも直していけるとありがたいことです。

今日が初回と言うのに、もう次のレッスンあたりで発表会の曲を決めないと、ということで先生も少々困惑しておいででしたが、息子本人は、ディズニーとかジブリとかアニメとかは厭だと言い、名曲系がいいんですと。で今の実力で何が弾けるかって言うと・・・難しいなぁ。
とりあえず、今週は普段よりなお練習不足で、かなりぼろぼろの「グリーンスリーブズ」でした。次回、片手をそれぞれもうちょっとちゃんとやって、できれば両手、と言われましたが、一週休みが入るし、もう少しマシになってもらいたいところです。

発表会の曲は、先生がいくつか候補を考えてきてくださるそうです。どうなるでしょう?
明日は今度は、娘のレッスン&発表会の曲決めだ・・・。
[PR]
by mmemiya | 2012-04-13 21:11 | 子育て、子育ち | Trackback | Comments(0)

見学って寒いっす・・・。

わが息子、先日から、スポーツ少年団(野球)の体験を行っております。

ただでさえ、集団行動のテンポからずれる子がスポ少ねぇ・・・と思わなくはないんですが、まぁ、本人にやる気があるのなら、しゃーないかなー、とも思います。皆さんに迷惑はかけそうで心配だけど・・・。

そんでもって、既に(他の小学校で、だけど)スポ少をやってる母から聞かされてた通り、やっぱり、親は大変そうです。まぁ、親が運営してるんだから、習い事なんかとは違うので、当たり前っていえば当たり前なんだけど。

とりあえず、前回は最初から最後まで見ていて、2回目の今日は、朝30分ぐらい見てて、途中で家事やりに帰って、1時間半ぐらいしてから戻ったんだけど・・・けっこう、後半ぐらいになってくるとお母さん方が揃いだす。人の顔覚えるのが遅い私は、???と思いつつ、基本、聞き役です。
働いてることと、息子が地域から離れた保育所に通ってたことで、これまで、他のお母さん方とのお付き合いがないに等しい私にとっては、いいことではあるんだけど、慣れないのでやっぱ多少疲れます・・・。
中心になってるお母さんの中に、育休中に公園で知り合ったお母さんが二人ほどいるので、向こうも私を覚えててくれて、まだ、入っていきやすかった、ってところはあるけど。

そして、朝8時から昼1時近くまで、となると(昼からの日もあるそうですが)、朝は休日でも寝坊できないし、基本は日曜が月1回休みになるだけで、後は、土日祝日全部あるので、土日がますますあわただしく・・・。
土曜にやってるピアノは止めたくない、というので別の曜日に変えざるを得ず、そうなったら、金曜日しか空いてなくって今度は習字とバッティング・・・。ピアノの先生も、3年間で実に4人目、ってことになるし、すぐ拗ねたりして扱いづらいうちの息子は、できれば同じ先生に長くみて頂いた方が助かるんだけど・・・しゃーないよなー。

習字は結局、妹がこの4月から、土曜も教室を始めるので、そちらに移す(野球の練習が夏場などで長引くときは習字は休む)ことに。金曜は、放課後すぐにピアノへ行って5時過ぎに息子は一人で帰宅。となると、これまで貴重な私の残業日であった日が失われる、ってのも、私としては痛手なんだけど・・・しゃーないよなぁ・・・。

ということで、根性のない母子が、いつまで続けられる野球か分かりませんが(ユニフォームとか、そろえる金が高いんだ、また・・・。だからすぐにやめて貰っても困るわけだが)ぼちぼち頑張ります・・・。父親の参加も、やっぱり全然しないってわけにもいかず、夫も渋ってますが、しゃーないですねぇ・・・。
それにしても今日の見学は寒かった。でも、夏は夏で暑いよねぇ。嗚呼。

ピアノと言えば昨日のレッスンは、仕事が溜まりすぎてて休日出勤したため付き添えず。年度末って毎度のことながら・・・早く過ぎ去らないかしら・・・。
[PR]
by mmemiya | 2012-03-25 22:07 | 子育て、子育ち | Trackback | Comments(0)

ピアノレッスン記録。

二人とも、一応、グレードテストの合格をいただきました。まぁさすがに、11級やら12級やらで落とされることはないと思ってはいましたが、やれやれ、です。

本日のレッスン記録。

息子:フィンガートレーニングB パート1 イ長調 1~4 合格。
    次の宿題は5~8。大体いつも、フィンガーは4つですかね。

    サウンドツリー4 10.すてきな冒険(2回目)合格
    次回は12.ノイバイエルンのおどり


娘:フィンガートレーニングA  やっともう少しで終わり。パート5 ヘ長調 7、8、8-a 8-b,8-c合格。
  次週は9,9-a,9-b,9-c。

  サウンドツリー3 ピース2.遊ぶ子ども(1回目) まだ少し音符の長さとかあやしいところあり。次週仕上げ。
  あともういっこ、31.今日はドミニックが宿題になった。

前の先生も、その前の先生も、ピースの曲は実はほとんど宿題にされなかった。前の前の先生が、息子に「13レベルでやりたい曲があったら教えて」と言われ、息子が「かごめかごめ」をやったぐらい。
今度の先生は、それにちょっと驚いたようで、「ピースでもやっておいた方がいい曲があるから・・・」と、先週、娘には「遊ぶ子ども」が出ました。音符の長さがちょっとあやしいところとかがあり、先生との連弾になると、「あれ?あれれ?」みたいな部分が出ましたね・・・。CDと合わせる練習をしてみては、と先週言われたのですが、結局、それはやっていかなったし・・・ははは。

息子がいよいよ、少年野球の見学に行くことになり、やっぱり土曜日のピアノは難しそう(夏場だと、6時過ぎまで練習があることもあるみたいで)。となると、今のピアノ教室は、水曜日と土曜日にレッスンがあるのだが、水曜の先生、別の人なんだよね・・・。(うちの子たちの最初の先生は、水曜と土曜を持っていたのだが、その先生が辞められてから、2回できる方が見つからなかった模様。)今の先生になって、そろそろ3ヶ月、やっと慣れてきたか、ってところで、しかも習い始めて3年足らずで先生4人目というのもうーん、なんですが(そもそも水曜に空きがあるのかも聞いてない)本人は野球もやりたいけどピアノも止めたくない・・・どうしたもんですかねぇ。そういや、この間のグレードテストの時、野球のユニフォーム姿で受けに来てた男の子がいたなぁ。
[PR]
by mmemiya | 2012-03-17 21:30 | 子育て、子育ち | Trackback | Comments(0)

グレードテスト終了・・・

はぁー、疲れた・・・。とりあえず、グレードテスト、なんとか終了。

今回は、娘だけなら先月の近場の会場での受験、って選択もアリだったのだが、息子もやっぱり11級を一緒に受けたいなどと言い出し、えー、時間足りないんじゃ?と思ったらあっさり先生の「受けたいの?いいよー」が出てしまい、3月、遠い会場にずれ込み。息子の試験曲は練習開始が1月末から、しかもこの間、レッスンの休みが2回もあって、4回のレッスンでなんとか2曲ともまぁ受験しても大丈夫か?まで仕上げたという、かつてないハードな日程でございました。自由曲の方なんか、先週のレッスンではまだまだまだ・・・って感じで、昨日の土曜、最後のレッスンで、先生が「なんとか間に合いそうだね!良かった!」とおっしゃった、という、ホント綱渡り状態でしたよ。

娘はけっこう長く練習していた・・・のに、緊張のあまりか?いきなり、1曲目「やさしい心」の弾きはじめを間違え、やり直そうとしてまた間違え、3度目からようやく曲が始まった(・・・)。次の曲「おもいで」はまぁ無難に弾けてましたが。息子は1曲目「ソナチネ」の途中で一度ミスタッチがありましたが、2曲目「チェロを弾く人」は、けっこういい仕上がりでした。(本人としては今までで一番良く弾けたそうな。)

娘のつまづきはあれですが、まぁ、12級・・・レベルなら、多分、落ちることはない、でしょう。前回13級受けたとき、同じ教室の子が、けっこう大きなミスをしてたけど、ちゃんと受かってたしな。
今回は、息子の直前の演奏の子(同じ11級)が、2曲とも完全に途中で止まっちゃって中断しちゃってたんだけど(止まらなかった部分もスピードのブレがけっこう大きかった)全然知らないよその教室の子なので結果を知るすべもありませんが、あれぐらいのミスがあっても合格するんだろうか、というのはちと気になった。はは。

まぁとりあえず、息子は、前の先生との約束どおり、今年度中に11級受験にこぎつけた、ってことで(コンクールに出ない代わりに教本を頑張る、という話だったのです)やれやれ。サウンドツリー4に入ったのが9月末、半年で11レベル終了って間に合うか?と思ってましたがまぁ頑張った。(多少、教本の曲を飛ばしてるので、まだ完全に11レベルが終わったわけではないんですが。)
娘のほうは、12レベルに入ったのが去年の3月末、まぁ発表会とかコンクールとかで教本がしばしば中断したので、1年かかってるけどこんなもんかな、と思います。教本はあとは「てぶくろをなくした3匹の猫」、「草競馬」「ハイキング」「今日はドミニック」「人魚の歌」「メヌエット」。ただし、メヌエットは難曲だと思うので、果たしてサウンドツリーの4をもらうのはいつかな?もうすぐ発表会の曲選定もはじまるしなー。

親の教訓としては、次回から3月受験は避けたい。受験者が集中するらしく、娘と息子の受付時間に間がありすぎて、待ってるだけで疲れた・・・12級受験者、50人越えてたもんなぁ。おまけに試験会場も遠かったし。(車で1時間近くかかる。)次回はもう少し計画的に、近場で受けたいものです、はい。
[PR]
by mmemiya | 2012-03-04 20:54 | 子育て、子育ち | Trackback | Comments(0)

にんげんの赤ちゃん&「おばさん未満」

現在、国語で「どうぶつの赤ちゃん」なる単元を学習している(小1)娘たち。
今週末は、日記の宿題がお休みで、その代わりに、「自分が赤ちゃんのときどうだったか、おうちの人にインタビューする」という宿題が出ていました。

シマウマは生まれてすぐに立ち上がれて、翌日は走るけど、ライオンはしばらく、お母さんに銜えてもらって移動する、とかいうのと、自分自身がどうだったか、を比べるわけです。

で、母子手帳だの育児日記(生まれて1歳までのものなんだけど、途中から日にち飛びまくり・・・ははは。)だのひっぱりだしてインタビューに答えましたが、ついでに、いろんなことを思い出しました。とはいっても、思い出せないこともいっぱいだけど。たとえば、最初のうち、私は、娘の言葉を全単語記録してました。でも、一番最初にしゃべった言葉が何か、ってのが書いてないし覚えてない!1歳3ヶ月で13語、その後、1月ごとに10語ずつぐらい増えていって、1歳7ヶ月ぐらいで記録が止まってます。はは。

そーいや、この娘、昔からちょっと大きめで(三歳児健診でぎりぎり肥満に引っかかって指導を受けそうになったが、栄養士さんに相談してますし~と遠慮してきた、ってのが、このブログにも書いてあるな。)その体の重みのせいか、11ヶ月健診のとき、寝返りがまだできなかったんですよ。(首すわり、お座り、ハイハイは標準的だった。)健診に連れて行った夫がふとそう言ったら、「なんですって!」みたいに保健師さん?に扱われ、上の子も迎えに行かなきゃだし、ただでさえ長い健診時間にイライラしていたらしい夫(私は仕事でこの健診には行ってない)が、「私はこの子が異常だとは思ってませんから!」と言い切って帰ってきた、なんてエピソードもついでに思い出した。
ちなみに、健診の半月後ぐらいから、コツをようやっと覚えたのか、コロコロ寝返りするようになり、オムツがえが大変になった、と、育児日記に書いてある。

しかしホント、人間の赤ちゃんが一人前になるには、ながーい時間がかかりますよねぇ・・・。とはいえ、この間読んで、うなずきまくってしまった「おばさん未満」酒井順子には、酒井さんのお母様が、酒井さんが社会人になった頃、「あなた達が幼稚園とか小学生の頃が、子育ても花の時代だったわね・・・」としみじみつぶやいていた、なんてエピソードもありましたっけ。私もいつか、そうなるのかねぇ。

「おばさん未満」は、これ書いてるときの酒井さんがホント今の私と同じ年ぐらいで、そんでもって、「年相応という風になっていきたい」と思ってるつもりの私も、しかし世の中の「若さがすべて」みたいな風潮に抗いきれていない(たとえば、若く見られると嬉しいとかさ)って自覚は重々あるだけに、ホント、最初から最後までほとんど同感しまくりの本でしたよ。髪型どうしたらいいのか分からん、とか、何を着たらいいのか分からん、に始まり、40代になったら楽になるかと思いきや、陸地はまだ見えない、っつーか、世の中が、「引退したら負け」みたいにあおってくるのはホントうんざりなのに、でも、そこから「いち抜けた」と言うことも怖くてできない、って述懐は、本当に身にしみます。
もっとも、酒井女史も書くとおり、独身の酒井さんよりは、既婚の私のほうが、もうちょっと諦めはつけやすい、っつーか、徐々にでも、「真性おばさん」に降りて行きやすいのは間違いないんだが。でも、今の自分がそこへ何の迷いもなくぴったり着地できているか、というと、絶対違う気はする。(若い子に囲まれて働くってのもある意味マイナスではあるかもね・・・。)

50代になったら、もうちょっと悟りが開けるのかしら。いやいや、50になっても「マイナス5歳に見える○○!」とか、煽られまくるのは変わらないのかも。ああ、困ったもんだ・・・。
[PR]
by mmemiya | 2012-02-26 22:31 | 子育て、子育ち | Trackback | Comments(0)

生チョコづくり覚書。

MUJIのキット使用。32個作れる、とあったけど、22個ぐらいしか作れなかった(笑)。

生クリームを湯煎して、さらにチョコを入れて溶かして・・・までは良かったんだけど、その後、冷水に当てて混ぜていたら、気温のせいもあって硬くなりすぎて、箱に綺麗に流し込めなかった。
その反省から、二度目は、湯煎したものをすぐ、箱に流し込みました。

ハート型で抜いて、残りをもう一度溶かして固めなおして・・・という手順なんだけど、娘の感想は、「最初から全部、四角く切ればいいね」でした。確かにそれなら出来上がるの早いし。

もうひとつの教訓は・・・娘がやると、想像以上にチョコのかけらの飛び散りとかが大変だった(笑)。床に新聞紙しくべきだったかも。

とりあえず、今日は夫の実家に呼ばれているのを、今、買い物等のために一時抜けてきたので、出来上がった生チョコを持って戻ります。帰宅は8時過ぎでしょう。さて、今夜、私にチョコケーキを焼く気力は残されて・・・いるか?
[PR]
by mmemiya | 2012-02-12 16:05 | 子育て、子育ち | Trackback | Comments(0)

マジックツリーハウス見てきました。

娘が見たがっていたのだが、なかなか時間が取れなくて、もう公開終わるんじゃないか、という今頃、やっとマジックツリーハウスを見に行きました。
まー、引率するほうとしては、仮面ライダーだのプリキュアだのよりはなんぼかマシかと思ってたのですが、うーむ・・・なんというか・・・薄っぺらいのだよなぁ・・・。原作シリーズも一冊だけ読んだのだが(日本版13巻のはず)やっぱ、なんというか、薄っぺらいなぁ、という感想でした。
楽しく本を読んで歴史をオベンキョー、なのかもしれないけど、本にそういう教育的効果を求めるのって邪道って気がするしなー。(海賊が「おーれはかいぞーく」みたいな歌を歌って行進してくる時点で、映画に関して言えば教育的効果すらアヤシイ。)

あーあと、どーでもいいけど、魔法使いモーガンの国の名前がキャメロットだそうですが、なぜアヴァロンじゃないのか。まぁ、モーガン・ルー・フェイという名前で「いい魔法使い」って時点でやめてくれよ、ではあるのですが。あと、モーガン役の人の声だけじゃないけど、声優じゃない人が多そうで、芝居が素人くさいのも耐え難い。芦田愛菜は覚悟していったからいいんだけどさ。うちの子が国語の教科書音読するのもやっぱあんな感じなのですが、ああいう「空々しい変な芝居がかった台詞回し」って、子どもはどこで仕入れるんでしょうな。

子供向けの本を大人の目で見たらしょーがないでしょ、って意見もあるかもしれないし、別に、すべてのファンタジー小説は洋服ダンスの中から異世界へ行けと言うつもりもないのだが、これが、うちの子らが大人になった頃まで残るような名作かって言うと、違うような気がする。漫画みたい、という評もあったが、漫画にだって何十年と耐えうると思う傑作はいくらでもあるし、単純になんつーか、浅いなぁ、そういう作品は小説にも漫画にもあるわなぁ、ってだけのこと。

なにしろ、いきなり小屋ごと異世界に吹き飛ばされて、なぜなんにも不安に思わないのだ??どこへ来たの?何が起こったの?家は?お父さんお母さんは?どうやったら帰れるの?っつーのが、異世界ファンタジーの始まりじゃないのかねぇ。エピソード4つってのが尺に対して詰め込みすぎなので、どの話もあっさりしすぎてる。ま、各エピソードでのピンチ!に子どもははらはらどきどきかもしれないが、こっちは「主人公二人なんて助かるに決まってるじゃん」と覚めた目でしか見れない、ってのもあるが。(うちの娘はポンペイの噴火がとても怖かったそうで、うちのあたりに火山はないかとか聞いた挙句、もう、マジックツリーハウスの話はしないでほしい、とかゆうておった。途中で「もう出る」って言い出したもんなぁ・・・。)

乱読タイプの息子は、私の古い児童書(もっとも私、ナルニアは持ってなかったんだよね・・・)も、こういうのも均等に読み散らしてますが、まぁ、息子にはこれも面白い、のかねぇ。ま、知識仕入れるのは好きそうだからな。人の読書傾向にとやかくいう趣味はないので、何借りてこようと干渉はしませんが。(最近、バローズの火星シリーズとか読んだらしく、共通の話題が増えるのは楽しいっす。ま、私、カーターがどんな冒険したかとかすっかり忘れてるんで、そんなに盛り上がるってほどでもないんですが。)
[PR]
by mmemiya | 2012-02-05 23:06 | 子育て、子育ち | Trackback | Comments(0)

インフルエンザ流行中

金曜日、息子と通級指導教室を見学することになり、仕事を早退して学校へ。

いやー、通級の先生って(この間、息子のWISCをやってくださった先生とは別の先生)ほめ上手ですね~。
すごいです。息子はすっかり気に入って、また来たい、となった模様。

4年生からって、なんか遅すぎないか?みたいな気もしないでもないけど、まぁ、なんらかの形でプラスになるといいなぁ、と思います。

そんで、1年生は1時間早く授業が終わってたので、通級の見学が終わってから、学童へ娘を迎えに。そんでもって、二人を連れて、病院へ息子の怪我の消毒に。インフルエンザもはやってるし、と、全員マスクをつけて。

※火曜日、体育のあと、ボールを片付けてる途中で、伸びている枝で顔に思いっきり擦り傷を作ったのだ・・・。ホント、何か見てると他のもんが見えない奴である。もっとも、つい最近、他のお子さんも同じ場所で同じ枝で怪我をしたそうですが・・・。

そうしたら、どうも、娘の様子がおかしい。熱がある?と、習字のためにおばあちゃんの家に着いて、体温計を借りてみたらば、なんと、39度超え。娘は習字を休ませ、急遽、内科の予約を取って内科へ。でも、インフルエンザの検査は陰性。まぁ、連れて行くのが早すぎるかなー、とはチラッと思ったのですが。

しかしまぁ、クラスで3人休んでるとか、インフル流行してるし、熱も高いし、と、インフルエンザの薬が出る。いわゆる「症状診断」って奴ですね。イナビル、はじめて使ったので、ちゃんと出来てるかどきどきでしたが、結果的に、土曜の朝には平熱になっており(金曜の夜、一度寝かしつけて1時間してから泣いて起きてきたので、そんなに眠れないなら座薬使う?と、熱を測ったら37.8度。これは座薬使っちゃ駄目ね、と使用を断念して寝かせたぐらいで、けっこうすぐに熱は引いていった。)夕方になっても熱は上がることもなかったため、解熱第一日とカウント。

実は、土曜は朝から、賞をいただいた書初め展に行って賞状いただいて、科学教室行って、ピアノ行って、プール行って、の予定だったのだが、もちろん娘はパス。
そんでもって、本日日曜日は、娘が楽しみにしていた近くの特別支援学校のバザーで、行けなくなったことで娘は朝から大泣き。(金曜にも泣いて、そんでもう、ある程度気持ちの整理はついたかと思ってたんだけど・・・。)しかし、兄ちゃんも行けないとなると、また兄ちゃんもふてくされるので、兄ちゃんと私のみ出かけた。
生徒さんたちの製品バザーと、PTAの食品バザーと、あと、ちょっとした遊びコーナーはあるのだけれど、どうしてそこまでうちの子供たちが楽しみにしているのかは、実は、私には謎。娘によると「安いから自分のお小遣いで買い物できるからいい」のだそうだ。電話で、こんな製品があったよ、と伝えて、じゃあ袋買って、というので娘用に買っていったのだけれど、兄ちゃんの買ったネックウォーマー、自分も欲しかった、とぐずる。100円だったからねぇ、もうひとつ買っておけば良かったね、しまった。

そういえば、遊びコーナーでの褒め方を見てると、特別支援学校の先生も、褒め上手だなぁ、ううむ。

娘は咳だの鼻水だのは一切出ておらず、息子も何度か検温したけど、今のところ、息子にうつってる様子はなし。しかし、まだまだしばらく流行は続きそうで、学級閉鎖などもあるかもしれないし、なかなか、気は抜けません・・・。

どーでもいいけど、携帯の充電差込口をうっかり壊してしまい、修理に出したら、借りてる代替機がうちの充電器では充電できないタイプで、今日はまた、代替機を交換してもらいに行って、そしたら日曜の携帯屋の混雑がひどく、たったそれだけの用事に軽く1時間以上かかってしまって疲れました・・・。そして携帯は水没の形跡があるので有償修理だそうな・・・。(これまでフツーに使えてたんだけどね・・・。)ああ、疲れる・・・。
最後の気力を振り絞って(笑)なんとか夫の誕生日ケーキを作ったのですが、今日は、もう早く寝よう・・・。
[PR]
by mmemiya | 2012-01-29 21:36 | 子育て、子育ち | Trackback | Comments(0)