La Lune Lunatique

mmemiya.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 04月 ( 11 )   > この月の画像一覧

とりあえず

娘の方の発表会の曲も決まりました。

「たんぽぽがとんだ」と「ロンド」(カバレフスキー)です。ペダル問題はこれにて回避されました。やれやれ。

改めてみると、ロンドの楽譜、左手がヘ音記号になりト音記号になりと入り乱れ、臨時記号もけっこうあったりして、譜読みがちょっと大変そう。まぁでも、ギロックの「悲しいワルツ」よりは弾きやすいとは思いますが・・・。
カバレフスキーは、去年、「ワルツのように」が娘の弾きたい曲に入ったときに楽譜買ったのですが、今回は「田舎風のおどり」が入った楽譜のほか、ギロックの楽譜を買いました。結局、とりあえず使うことはなかったですが、まぁ、いつかまた、役に立つ日も来るかもしれないってことで。

レッスンは曲決めに時間が取られ、フィンガートレーニングが次回持ち越し。草競馬合格。ハイキング、次回は両手。
しかしホント、発表会の曲が入ってくると、あと2曲とはいえ、サウンドツリー3が終わるのは、やっぱり発表会後になってしまうのか・・・?まぁいいけど。

連休前半が始まりましたが、うちはカレンダーどおりなのと(夫は今日も休日出勤してるけど)、前半は全部、野球の練習が入ってるのとで、ちっとも休みって感じがしない。
後半は、3日から5日までは野球休みなんだけど、うち2日間は夫の実家に呼ばれている(毎度のことですが)ので、結局、どこへ行くとか何をするとかいうこともないまま、ゴールデンウィークって何?状態で終わっていくだけの予感・・・。今日、やっとセーターの洗濯はしたけど。
急に暑くなってなんだかばて気味・・・。
[PR]
by mmemiya | 2012-04-29 21:25 | 子育て、子育ち | Trackback | Comments(0)

親が出来ること

本日は午後から早退して、授業参観&PTA総会&学級懇談会、でした。

ここんところ連日帰宅が23時をまわっている(週末は休日出勤だらけ)夫が来れるはずもなく、今回は私のみ。
娘のクラスを最初見て、途中、ちょっと息子のクラスを見て、また娘のクラスに戻って。
で、体育館へ移動して、相変わらず出席者の少ないPTA総会に出る。(みんなけっこう、近くでお茶したりして、で、学級懇談会だけ戻ってきたりするわけよ。ま、学級懇談会の出席率も、クラスの半数以下だけどね・・・。)校長、教頭、教務主任が交代しているので、教職員紹介を見るだけでも行った甲斐はあった。

学級懇談会、いつもどっちに出るべきか悩むのだが、先日、娘の担任には一度お会いしてるけど息子の方はまだだし、参観で見てても、やっぱ手を上げずにぽろっと発言したりとか、相変わらずなところもあって、やはり・・・な息子の方に出席。まぁ、けっこう他のお母さんたちも「忘れ物が・・・」とか言ってらして(全員、男児母)ちょびっと安心するようなところもあったり(それで安心しちゃいかんのだが)。なにより、息子の担任が非常に落ち着いておおらかでユーモアのある感じの女性の先生(お子さんが高校生だけど、ご自分の年齢はナイショだそうです)で、これは今年はOK!とほっとする。
(去年はどうも、担任との相性が悪くてですね・・・。)

娘は私の学級懇が終わるまで学童、一方、息子は一人で帰宅して、また、間に合うように一人でピアノに行かなくてはならなかったのですが、ちゃんと行ったのか、うっかり時間過ぎたりしていないのかついどきどき。娘を連れに行き、その足でお習字へ・・・の途中、つい、遠回りしてピアノ教室見に行っちゃいました。ちょうど開始時刻ぐらいに前を通りかかったら、ちゃんとレッスン室の中にいるのが外からも見えてほっと一息。(その後、帰宅したら、宿題も途中まではやってありました。おお、ちゃんとやれるじゃん、って、まぁ、もう4年生なんだもんねぇ、なんといっても。)

で、娘を習字に送り届けて、引き返して息子を迎えに行って、ちょうどレッスンが終わるところだったので先生とお話ししました。発表会の曲は「骸骨達の陽気な行進」で決まったそうです。
実は、先生が挙げていた5曲ぐらいの候補の中で、先生としては一番お勧めしない(!)選択肢だったそうなのですが、まぁ、発表会なので、本人の意向を尊重します、とのこと。先生は、「はるかなるアフリカ」とか、ちょっと頑張れるなら「真夜中の火祭り」でもいい、と思ってらしたらしい。あ、あれ、うちの息子に弾けますか・・・?そりゃ、弾けたらかっこいいですが、と母は吃驚ですが、まぁ、本人の希望なので骸骨で。
その代わり、と言ってはなんですが、兄妹連弾を勧められてしまいました。前回のときもちらっと言われて、いやー、そんな喧嘩ばっかりになって無理ですよ~と受け流していたのですが、今回、出来たらやりたい、と。
そりゃあね、子ども二人にピアノ習わせて、私としても夢想したことがないわけじゃないですよ、兄妹連弾。
しかし、練習中にどれだけ喧嘩するだろうと想像するだけでどっと疲れが・・・。練習させる親がとにかく大変そうで。
まだ5月ですが、もう、サウンドツリーはストップして、当分、骸骨だけで行くそうです。それはつまり、これをとっとと形にして、もう一曲連弾を、ということらしい・・・。うーん、連弾・・・。
レッスンは今回は、グリーンスリーブズ(2回目)合格。

で、さて、問題は娘の授業参観なのでした。
クラスに落ち着きのない子がいること、新採の先生が、なかなかそれを抑えられずにいること、クラス全体が落ち着かなくなっていることは娘から聞いていたのですが、実際参観してみると、聞きしに勝る・・・という感じ。
息子のクラスを見に行ってから戻るときに、同じ小2の別のクラスも覗いてみたけど、そりゃ、参観日って多少落ち着かないものだけど、娘のクラスほどではなかった。
先生、板書の字の間違いを子どもに訂正されたりもしてたし、「ぜんかいやったこと」といくら平仮名で書いてみたところで、前回って言葉自体が、小2になりたての子には難しいと思う。(実際、うちの娘は、隣の席の子に聞かれて、<前回>の意味を解説していた。)なんとなく声も小さい。そんなこんなで、先生自体がちょっとまだ頼りないところへ持ってきて、保育所時代から落ち着かなかった男の子がいて、見てても全然、授業に参加できていない。そして彼に釣られてか、他にも何人も男児が授業中立ち歩く、立ち歩く。これはちょっと・・・この先が不安だ。
廊下の掲示物を見てみたら、中心になってる男の子、平仮名もろくに書けてない。自己紹介で、好きな食べ物とか、なんか色々書いてあるんだけど、少なくとも、私にはまるで読めないのだ、その字が。娘によると、黒板に貼ってある学級目標の字も彼は読めなかったそうで、多分、彼にとって、授業ってもう、わけが分かんない状態なんだろうと思う。あれで授業中じっとしてろなんて、彼がかわいそうだ。補助の先生が時々入ってるようなんだけれど、もう、補助がちょっとついてどうにかなるレベルは超えているのでは?

そんなこんなで娘のクラスの今後に大きな不安を覚えた参観日。こういうとき、親は、どうしたらいいんでしょうねぇ・・・。とりあえず、学級懇談会に出てたお母さんに、どんなだったか様子を聞いては見るつもりだけど・・・。

追記:聞こうと思ってたら、さきにあっちからメールが来た。ありがたや。1時間近く延長して、今日の授業の批判とか、宿題が計画的でないこととか、子どもに正確に伝わってないのでは、みたいな話をやってたらしい。やっぱあっちの学級懇に出ておくべきだったか・・・。担任責めて解決する問題ではないのだけど、同席した教頭が受け答えしてて、担任は後半泣いちゃったと聞くと、ちょっとその流れはどうだったのかな・・・とも思ってしまう。
うちの娘は先週、2日も早退したけど、娘本人がクラス替えとかの時期に不安定なのと同時に、教室が騒がしいのが厭、ってのもあったみたいなんだよね。他にも、体調を崩したと訴えてる子もいるらしい。そして確かに、先週、音読しか宿題がない日が何回かあって、え?とは思ったのよ。娘が書き忘れたのか、と、他のお母さんにメールしちゃったぐらいで。(宿題がなかった日の翌日は授業時間が短くて、多分、全部チェックしきれないから宿題出さなかったのかなー、と勝手に思っていた。)
教頭が同席してたってことは、学校も問題意識を持ってるってことなんだろうとは思うけど、1年生じゃなくって、去年1年、もう、この小学校で過ごしているわけで、子どもたちの状況は学校側も知ってるはずで、そんで、なぜ、このクラスを新規採用の先生に持たせたのかな~、ってのが、私には一番の謎。
新採の先生が一年足らずでメンタル休職とか退職とかの実例を、いくつか見てきているだけに、先生の方も心配だよ・・・。この間会ったときに、なんか表情の硬い先生だなー、と、気にはなってたんだけど・・・。
[PR]
by mmemiya | 2012-04-27 19:02 | 子育て、子育ち | Trackback | Comments(7)

通級正式決定

先週、ちょっと娘が色々不安定で、2日連続、学校を早退した。
昔から、年度の変わり目、クラス替えとかが不安なタイプで・・・。学校では微熱があるんだけど、帰宅すると熱は下がっちゃう。別に、いい子になれと育てた覚えはないのに、どーも、過剰に、いい子でいないと!みたいなところがあって、で、色々疲れてしまっているように見える。まぁ、今週はだいぶ、普通どおりに戻ったけど。

で、連絡帳とかでは担任ともやりとりしてたんだけど、今週始め、学童のお迎え時に職員室を覗いたら担任がいらっしゃったので、ちょっとお話をした。あ、保健室の先生とも。で、ついでに、通級の先生もおみえだったんで、通級のことを聞いてみたら、今日、市の教育委員会に申請を出したが、医療機関への相談暦とかが何もないので、もしかしたら対象外と言われてしまう可能性もないわけではない、と言われ、ちょっとびっくり。いやーだって、通級をお勧めくださったのはそちらなのに、みたいな。まぁ、WISCの結果を見れば、対象外と言われることはそんなにないと思うが、とも言われたが。それはそれで、そんなすごい結果かよ、と思ってしまう話ではあるな。(いや実際、けっこうな結果ではあるんだけどさ。)

で、本日、通級の同意書なる文書を息子が持って帰ってきました。あと、1学期の通級予定一覧表。つまり、正式に決まった、ということらしい。
さてところで、本当は原則は毎回親同伴だが、仕事があってもできれば月1回ぐらいは・・・と、以前に言われていた。で、1学期の予定表の中で、来れそうな日はありますか、とのことだったが・・・5月から6月、出張だらけなんだよねぇ・・・。出張で溜まる業務を合間に処理しきれるか心もとない、っつーか、端から休日出てかないとしょーがないなー、って感じなので・・・参加できるかなぁ。ううむ。おまけに、2時間目という時間、うーむ、終わって出勤すると11時半ぐらい、つまり、午前中休みとおんなじだわな。

個別だけでなく、グループ指導もあるようですが、さぁて、息子に何かプラスの効果は出てくるでしょうか?
[PR]
by mmemiya | 2012-04-26 23:37 | 子育て、子育ち | Trackback | Comments(0)

週末の雨。

今日も今日とて、朝、7時45分までに野球の練習へ送り届け。

息子が野球を始めるまでは、ああ、やっと土曜が来た・・・!と、朝寝が出来ていたのに・・・。
この週は、弁当を作る日が2回(遠足の日と、遠足予備日。)あったこともあり、おまけに職場の歓迎会(まぁ、一次会で済んだけど)があったりして、睡眠不足モードだったのに・・・。そのせいか、朝から頭が痛かった。頭痛薬飲んでもあまり治らず、夕方、1時間ほど寝たらだいぶよくなった。今日も、もう寝なきゃ・・・。

今日は、娘の科学教室があり、今期から小3までは保護者要付き添い、となったので(前年度のあまりの落ち着きのなさに、主催側も耐えかねたとみました)息子を練習に送って、1時間ほど様子を見てから帰宅。娘と出かけて、帰ってきたら、息子の方が先に帰ってきていた。(他のお母さんに、帰り、送っていくよ?と言われたんだけど、まぁ、大人の足なら徒歩10分の距離だしねぇ・・・歩いて帰らせましたよ。)
スポーツ用品店に頼んであったバッグ(チームでお揃い、名前刺繍。この刺繍加工でだいぶ待たされた。)が出来上がったので取りに行き、ついでに、急に気温が上がってきたので半袖のアンダーシャツを買う。実はこの間、ニッセンで安いアンダーシャツがあったので喜んで注文してみたら、全然、画面と色が違うんでやんの。チームカラーと違いすぎて返品。やれやれ。
ついでに、娘が欲しがっていた、左利き用のグローブを買ってやった。もちろん、小さい子用のおもちゃみたいな安物(1,000円しない)なんだけど、喜んで兄ちゃんとキャッチボールしに、公園へ出かけました。娘は、野球をやるためにピアノを止めようかな・・・と迷い始めたほど、今は野球が気になるんだそうな。へええ、であります。

そうそう、ピアノと言えば、ギロックの「フランス人形」が他のお子さんとかぶっていることが分かり、曲目は再検討となりました。今週はレッスンがないので、来週までに。同じギロックの「ガラスのくつ」とかどーなんだろ、とyoutubeを見せたら、本人は、フンテンの「田舎風のおどり」という曲が気になる、という。全然知らない。楽譜は市販されてるようですが。ピティナの基礎3の課題曲になってるけど、基礎3ってどんなレベルだ?曲聞いた限りでは、全然無理、とは思えなかったけど・・・。(一応、中古の楽譜を見つけたので注文中です。)
あと、今日、科学教室の往復の間に車の中でCD聞いて、ギロックの「悲しいワルツ」、カバレフスキーの「ロンド」あたりが気になる、と言ってます。カバレフスキーは楽譜も持ってるので見てみたけど、まぁいけそうなレベル、なのかな。(素人にはよく分かりません。)※発表会やコンクール動画によく出てくる「ロンド・トッカータ」ではなく、「こどものためのピアノ小曲集」の11。単に「ロンド」とあります。
さて、曲決め、どうなりますことやら。ペダル問題に悩まなくて済む・・・かと思ったけど、「悲しいワルツ」はやっぱペダルありますね。しっとりした曲で、情感出してうちの娘にこれが弾けるかっつーとちょっと難しそうだが・・・。かといって、「ガラスのくつ」だと、もう、少し物足りなくなってきてる?(最後を綺麗に決められるかは別として。)ピアノ曲のCDを集中して聞くの、毎度、この発表会の曲決めの頃だけなんだけど(ははは・・・)「はじめてのギロック」は、ちょっと発表会の候補曲にはならなくなってきてる感じ。もっともこのCDには、「発表会のための小品集」も収録されてるし、聞いててけっこう楽しいCDではあります。

明日は、朝から練習があって昼から練習試合・・・なんだけど、天気予報は一日雨。練習できない子どもたちには気の毒なんだけど、なんかほっとしてしまうのが正直なところ。ああ、体力が・・・。まだ仕事が繁忙期に入ってないのに、今からこんなんでどうしましょう。溜息。
[PR]
by mmemiya | 2012-04-21 22:07 | 日々雑感 | Trackback | Comments(2)

にんじん50本

相変わらず、息子は夫の実家へ下校、が続いているため、今は毎日、学童へ娘を迎えに行って、その足で夫の実家へ寄ります。
義母が毎日のようにおかずを持たせてくれるので、とてもありがたい・・・のですが、700mlぐらい入る容器にぎっしりのひじきとか、実はなかなか減らないのですなぁ・・・ははは。持たせてもらうのは一日一品でも、それが翌日にも(大抵は翌々日にも)残り、積み重なると、自分が購入した素材の消費が進まない。先週、それは学習したので、今週はけっこう野菜とか、買い控えたつもりだったんだけど、でもやっぱ残ってる・・・と、贅沢なことを言ってみたり。

今日は義母は、義母の実家へ出かけていて不在で、おかずは何もなかった・・・のですが、生のにんじんを30本ほどいただきました。もう、畑に次のものを植えるために、全部掘り出した、らしい。
「冷蔵庫に入れておくように」との義父の話でしたが、1週間前にもにんじん20本ぐらい貰ってましてですね、1日1、2本使うぐらいではなかなか減らず、うちの冷蔵庫の野菜室に、これ以上、にんじんが入る余地が・・・。

息子は「にんじんスティックにしてくれればいっぱい食べる」と言ってますし(まぁ事実、以前からにんじんスティックの売れ行きは良い。)、あとは4面グレーター(でかいチーズおろし。チーズおろす以外にも色々な面がある。)使ってのフランス風のにんじんサラダなども、売れ行きはいいので、とにかくにんじん食べないと・・・。

ということで、しばらく、家族総出でうさぎになることになりそうです。

やっと、円城塔の「オブ・ザ・ベースボール」手に入れた。これは読みやすいです。円城入門編としても、多分、いい感じ。読みやすいっつっても「空から年に1回ぐらい、人間が降ってくる町で、いつ降ってくるか分からない人間を待ち受けてバット持ってるのが主人公の仕事」と聞いただけで、うちの夫なんか読もうともしませんがね。純文学系の雑誌に載った、円城塔の、純文学分野でのデビュー作?みたいなもんだけど、やはりSF系のノリがある方がこういう設定は受け付けやすいのか。(そういや、芥川賞とった「道化師の蝶」の中にも、なんかSFネタまじってなかったっけ?アシモフのファウンデーションかなんか。ちゃうか、その前の芥川賞候補作だった「これはペンです」の中か。芥川賞の候補作の中にこういうネタが入ってていいんだー、などと思った記憶だけはあるんだけど。)
で、「オブ・ザ・ベースボール」同時収録の「つぎの著者につづく」こっちは打って変わって読むの大変らしい。まだ読んでないけど。
どう考えたって「つぎの岩につづく」が元ネタでは、と思わせるこのタイトルは、しかし、著者インタビューによると「ラファティ(というのは、「つぎの岩につづく」の作者名)読んだことないんです」ということを書いたものなんだそうだ。
ま、「どう考えたって」と書きつつ、ラファティなんて読んだの高校生の時なんで、「九百人のおばあさん」も読んだと記憶はあるが、全部忘れてるけど、私。

もういっこ、そういや、酒井順子のエッセイを何冊か読んだら、前に「女同士でシモネタって何話すんだ?」と疑問に思ったことの一部が氷解した。けっこうあけすけな話をするので、友達の旦那さんとか彼氏に会ったときに「この人ってこんなまじめそうだけど、実はあんなことやこんなことをしちゃうんだよねー」と、心の中で考えてしまうらしい。ひょえー。そんなあけっぴろげな話、私は酒の勢いを借りても、人とはできません。やっぱり、人間って、ホント、色々なのよ、などと、40過ぎて思う今日この頃だったりする。これだから読書は止められない。(ちょっと違うか。)
[PR]
by mmemiya | 2012-04-18 22:11 | 日々雑感 | Trackback | Comments(4)

ひとまず曲目決定

いろんなことがあった土曜日、結果的には特に何をしたわけでもないのに疲れた・・・。

野球の関係で、朝、7時30分に集合予定。起きてみると前夜からの雨は降り続いていたが、中止連絡がないどころか、多少時間を遅らせることになるかもしれないがひとまず予定時刻に集合せよとのメールが7時前に入る。
しかし結局、7時10分に中止連絡。それなら朝寝したかった・・・。

既に朝食を食べ終えていたので、てきぱき色んなことをやれば良かったのだけど、天気も悪いし、ダラダラと、ピアノの練習をちょっとさせたり、部屋を少し片付けたり、で午前中は終わっていき、昼ごはん食べて、娘のみとなったピアノ。しかし、夫が休日出勤しており、息子に留守番するか聞いたらついていく、というので息子も連れて、昨日も行った教室へ。
フィンガートレーニングは割とすんなり合格したけど、草競馬のリズムがもうひとつで、次回仕上げということに。あと「ハイキング」が宿題。
時間が短かったのは、発表会の曲の話をしていたから、というのもあります。色々、やってみたい曲を選んでいったり、先生が「サクランボの唄」とか弾いてくださったりしましたが(可愛い曲です、サクランボ)娘の発表会の曲は、ひとまず、ギロックの「フランス人形」と、 平吉毅州さんの「タンポポがとんだ」ということになりました。
「タンポポ・・・」の方はCD聞いて息子も娘も興味を示していたのだけれど(昔、娘が習い始めたばかりの頃、同じ教室の子がコンクール用にこれ練習してたけど・・・覚えてるはずないよなぁ)息子は、新しい先生に「ちょっと簡単すぎでしょ」みたいなことを言われました。まぁ、こどもコンクールの曲目が「虹のリズム」だった頃は(去年と今年は平吉さんは平吉さんでも「南の風」の方)きっと選ぶ子がそこそこいたんでしょうね。で、こどもコンクールは小3までのコンクールなんで、「小さい子がけっこう弾いてる」と息子の先生がおっしゃったのは分かる。「4期のピアノ名曲集」では ブルグミュラー前半程度に入ってるんですけどね、タンポポ。

それはともかく、「フランス人形」は、ペダルがあるんだよなぁ、ペダル・・・。小2としては大きい方とはいえ、娘の身長、約129センチ。(今月測ったばかり。)アシストペダルかなんか、要るのかなぁ、やっぱり・・・。(補助ペダルなんて電子ピアノの身には・・・)息子はサウンドツリー4でペダルのある曲を始めているとはいえ、まだホンの踏む練習程度なんで、今のところ椅子に浅く腰掛けて、で済ませちゃってるんですが・・・。(ちなみに息子は133センチぐらいしかない。年子と間違えられるのも無理からぬところ。)

Youtubeの動画とか、あるいはピアノについて書いてらっしゃるブログとか見てると、皆さん、うちの子等なんかよりずっと難しい曲をやってらっしゃるので、うちの進度はのんびりな方だと思っていたのですが、先生が「小2でペダルのある曲をやるなんてすごいよ」みたいなことを娘におっしゃって、そうかー?と思ったり。
まぁ、確かに、動画をのせたりされるのは、一部のすごく上手な方たちなんでしょうから、幼少期のピアノ人口を考えると、そりゃ、進度も色々ですよねぇ。
実は職場にまた、お子さんがカワイでピアノをやっているという人が加わったのだけれど、小1になったところで、今、サウンドツリー2の前半とのこと。そういや、この間グレードテストを受けたときにも、50人ぐらい受けてた中で娘、受験番号一桁だったしなぁ・・・※勘違い。息子が一桁で、娘は10番台だった※(受験番号は先生によれば年齢順とのこと)と、つらつら考えるに、まぁ、楽しんで弾ければよいだけであって、あまり、すごいお子様の動画を見たり話を読んだりはしない方がいいのかも(笑)。比較なんてしてないつもりでいたけど、自分の中の常識が、すごい子に引きずられてずれてく、っていうかさ。

さて、このピアノのあと、息子の初めての土曜習字教室でひと悶着あったのですが、これについては書こうとするだけで疲れるので(苦笑)またいずれ。とりあえず、息子は習字を一度止めたほうがよかろう、と、妹(先生)と意見は一致しましたので、習字、やめさせます。

ああ、何もしてないけど色々あった一日だったわ・・・。そうそう、いつもくすぐったがって耳掃除をさせない息子が、珍しくやっと耳掃除に同意し、途中何度も「タイム」とかいって中断したが、なんと、長さ1.5センチもあるブツが取れました・・・。途中まで耳かきでしたが、結局ピンセットでひっぱって。思わず携帯で写真に撮ったほどでしたが(笑)さすがに、見せびらかすものでもないので画像upは控えます・・・。
[PR]
by mmemiya | 2012-04-14 22:19 | 子育て、子育ち | Trackback | Comments(6)

初レッスン。

息子が、新しい先生によるピアノの初レッスン。

1年生の6月にピアノを習い始めてまもなく3年、この間に4人目!の先生です。今回は、スポ少野球との兼ね合いで、平日のレッスンをお願いしたところやむなく講師交代となったわけで、こちらの勝手なので致し方ないのですが、やっぱり、先生によって教え方とか、色々違いますね。

私は昨日今日と東京出張で、今日は13時に会議終わった後、大急ぎで品川へ移動し、駅構内で弁当買って、新幹線に乗って、降りて乗り換えて、最寄り駅からピアノ教室までタクシー飛ばして、で、レッスン始まってしばらく経ったところに合流できました。(フィンガートレーニングが半分ちょっと済んだところでした。)
今後は私は付き添えないのですが、最初ぐらいはご挨拶しておかないと。

初めて一人で帰宅して(これまではずっと夫の実家に帰宅していた)ピアノのレッスンに向かう息子が、ちゃんと時間までに来ているのかとか、色々心配していましたが、今日はちゃんと、家にかぎかけて、レッスンバッグ持って、時間のかなり前に到着していました。(でも、傘忘れてきてた。来る間は降ってなかったけど、帰る頃にはやっぱり雨になってたよ・・・私の折り畳み傘一本で帰りましたが・・・。)
でも、5月に入って6時間授業になると、レッスンにかなーりぎりぎりなんだよね。とろとろやってると遅刻するんじゃないかとちょっと心配。

で、先生は、過去の先生の中で一番お年上、とみました。ベテランの風格が漂い、そして「うちは息子が二人いますので、男の子はおまかせください(笑)」と頼もしいお言葉。扱いづらいうちの息子ですが、今度の先生、いい感じかも。
そして、「弾き方がどうもふわふわしている」とご指摘が。うーむ、実はこれまで、ほとんど「譜面どおりの音を鳴らすこと」以外の指導を受けたことがないので、時間かかるかもしれませんが、そういうところも直していけるとありがたいことです。

今日が初回と言うのに、もう次のレッスンあたりで発表会の曲を決めないと、ということで先生も少々困惑しておいででしたが、息子本人は、ディズニーとかジブリとかアニメとかは厭だと言い、名曲系がいいんですと。で今の実力で何が弾けるかって言うと・・・難しいなぁ。
とりあえず、今週は普段よりなお練習不足で、かなりぼろぼろの「グリーンスリーブズ」でした。次回、片手をそれぞれもうちょっとちゃんとやって、できれば両手、と言われましたが、一週休みが入るし、もう少しマシになってもらいたいところです。

発表会の曲は、先生がいくつか候補を考えてきてくださるそうです。どうなるでしょう?
明日は今度は、娘のレッスン&発表会の曲決めだ・・・。
[PR]
by mmemiya | 2012-04-13 21:11 | 子育て、子育ち | Trackback | Comments(0)

あったかくなったり寒くなったり。

外はそれなりに暖かくても、建物の中が冷え切っていたりして、職場はけっこう寒かったり、何を着ればいいのか、毎日悩む季節の変わり目。

息子は高校生のお子さんがいると言うベテランの先生が担任に、娘は新規採用の先生が担任に。さて、どんな一年になりますか。
毎度、学級懇談会、どっちに出るか悩むんだけど、やっぱ、息子の方、だよなぁ・・・。

明日、明後日と出張なのだけど、気温がよく分からん。何を着ていこう。そういえば、円城塔の、絶版になっていた「オブ・ザ・ベースボール」が文庫化されて(芥川賞受賞の威力ね!)昨日発売になってる筈なんだけど、入手する暇がなかった。新幹線の中で読むのにちょうど良かったはずなのに・・・残念。

金曜は、息子が先生代わって初めてのピアノレッスン。出張から大急ぎで(昼飯抜きで・・・というか、車内販売の駅弁でも買って食べて)戻って、教室へ直行すれば、なんとかご挨拶はできる・・・筈。これからは付き添えないけれど、一度ぐらいはちゃんとご挨拶しておかないと、ねぇ。
しかし、息子が一人で家からレッスンにちゃんと行けるのか(特に、時間に間に合うように行けるのか??)が一番の心配。大丈夫かなぁ・・・。今週は、下校時刻が早いこともあって夫の実家に下校している息子だが、友達と遊びまわってピアノろくろく練習してないし。やれやれやれ。
発表会の曲に、「小さなグリーグ」って曲はどうかと勧めてみた。装飾音が若干難しそうだが、あとは弾けなくもなかろうと思うんだけど・・・先生のご意見はどうでしょうねぇ。
[PR]
by mmemiya | 2012-04-11 21:55 | 日々雑感 | Trackback | Comments(2)

はや散り初めし・・・

八分咲き?とか言ってたら、今日の帰り際には、もう、足元に花びらがちらほらと。
明日の雨で、けっこう散っちゃうのかしら・・・。
[PR]
by mmemiya | 2012-04-10 22:27 | 日々雑感 | Trackback | Comments(0)

八分咲きなり

ようように八分咲きなり・・・というところになってまいりました、当地の桜。
金曜日が入学式&始業式で、新しいクラス、新しい担任の先生に。娘の担任の先生は新規採用の先生らしい。息子の方はかなりのベテラン先生のよう。4年生と2年生、どんな一年になるのかなぁ。

昨日は、野球の練習を早退して、息子の、今の先生でのピアノの最終レッスン。
連弾だと自分の音も聞こえなくなって弾けない、とか泣き言を言う息子。「連弾曲、ずっと飛ばしてるし」と。
そういわれて振り返ってみると・・・確かに「はなうた」もやってないし、サウンドツリー3の連弾曲って、一曲もやってない??改めて言われるとなんかびっくり。いや、4の最初の「あぶくたった」はやったけど。

まぁそれでも、「別の先生になると、また別のところを注意されて、すぐ仕上げとはいかないよ、頑張れ」と先生に励まされ、弾きなおし、なんとかお情けで?「ノイバイエルンのおどり」に合格をいただく。宿題は「グリーンスリーブス」。フィンガートレーニングはパート1イ長調の9~12合格。宿題はイ短調の1~4。

娘の方は「今日はドミニック」3回目でやっと合格。あと、「草競馬」の1回目。リズムが少し怪しく、先生との合奏が合わない。ということで、次回持ち越し。宿題は草競馬のみ。フィンガートレーニングはパート5イ短調の1~4合格。宿題は5,6、6a、6b、6c。

発表会の日程も決まり(息子と娘は先生が別になるが、発表会は同じ日に、と配慮していただけた。)曲を考えなきゃ、なんだけど、相変わらず希望が分かりにくい息子。今年も大変そうだ・・・。娘は、先生が「ぷちあ・ら・かると」の「サクランボの唄」がいいのでは、とおっしゃった。どんな曲だったっけ・・・。他は本人は「タンポポが飛んだ」「フランス人形」「メヌエット」(よく「バッハの」と紹介されてるけどバッハの曲じゃない奴。)「ワルツのように」あたりが気になる様子。「人形の夢と目覚め」も気になるようだけど、あれは今年無理して弾くより、来年、もっと余裕を持って弾いた方がいいんじゃ、と母は思う。
問題はホント息子だ息子・・・。強いて言えば「骸骨達の陽気な行進」が多少は気に入ったかな・・・ぐらいみたい。一方で「しっとりした曲が好き」って・・・骸骨達はしっとりはしてないんだが・・・。まぁ、確かに2年生のときのコンクールで弾いた「夕顔の花が咲いたよ」はしっとり系ではあったな。

今週の金曜日から、新しい先生にお世話になります。色々難しい子なんですが、親が付き添えなくなるのがちょっと心配・・・。

そして今日は、野球の練習試合。そうか、椅子とか持ってかなきゃ駄目ね、と、行ってから学習(笑)。入団したばかりのうちの息子は当然ベンチなわけですが、一生懸命応援すると言うよりベンチで評論家になっとる。あれはいかんなぁ~。気質が体育会系じゃないっていうか。まぁ、周りの皆様には、お目ざわりでしょうが揉んでやってください、というか、叱られて学習するしかなさそうな感じではあるのですが・・・(目に余るのは注意してはみたけど、親の言うことなかなか聞かない・・・)
朝、7時30分に集合して、会場に移動して、現地解散となったのが12時30分。夫が休日出勤だったので娘も連れて出ていたため、3人で外食。どこで何を食べるかで子ども二人が揉めて疲れる。そしてそのまま、桜のまつりへホンのちょっと行ってみて、食べ物をひとつだけ買ってやる。桜は一応、週末としては今日が見頃だったのかなぁ。
そんで買い物に行ったら、昔、アパートの向かいに住んでいた人に声をかけられ、しばらく話し込む。5年ぶりぐらいよ、会ったの。すっかり子どもも大きくなり、中学校は大変、とか、色々教えてもらいました。
そして帰宅。息子は、続いて帰宅した夫に、バットを買いに連れ出してもらった。その間、娘はキャッチボールとバッティングをしたい、というので付き合う私。娘も一年したら野球をやるそうです。本気か・・・?

そんなこんなで一日はあっという間に終わる。えー、明日から仕事かよー、みたいな。これからこんな週末が続くのね・・・。
そしていよいよ、学童保育がなくなった息子の放課後が始まります。まぁ、4月はずっと下校が早いので、しばらくは夫の実家にお世話になる予定なのですが、そのうち一人留守番、の予定。(まぁ1時間ちょっとぐらいなので・・・)さぁ、ちゃんとやれるのでしょうか・・・。
[PR]
by mmemiya | 2012-04-08 22:32 | 日々雑感 | Trackback | Comments(2)