La Lune Lunatique

mmemiya.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

出生率のこと覚書

最近、友達が、出生率というとフランスが話題になるけど、海外領土の分も入っていると聞いたので、それで出生率が高くなっているのでは、というようなことを言ってました。
でも、DOM-TOM(海外県、海外領土)なんて、フランスの総人口に占める割合は大したことないんじゃないの?とか思ったが(でも正確に言えば、出産可能年齢の女性数中の割合を比べなきゃダメか)、私は私で、イスラム教徒って出生率高いのかしら、とか考えてしまった。
経済発展と出生率は当然関係があると思いますし、出生率が高い国から経済的に発展した国へ移民してきた人々は、もともとその国にいる人達と似通った出生率に落ち着くようになる、というのが人口統計学の常識のようですが、とはいえ文化的背景として、イスラム教徒に子沢山を良しとするようなところがあるのかないのかはどうだろう。

んで、更に考えると、各国の人口統計って、自国の国籍がある人だけが対象なのか?とか、謎がどんどんと。
仮に自国民だけが対象の統計でも、出生地主義(アメリカみたいな、そこの国土内で生まれれば、アメリカ国籍が取れる国)の場合は、分子には、そこの国土内で生まれた全ての子が入って、分母には産んだ母が入らない可能性があるのか?とかですね。まぁ、そんなの数が限られてる以上、出生率をものすごく押し上げる要因ではないか、やっぱ。

フランスにおけるイスラム教徒の出生率が高いかどうかを把握する方法があるとすれば、全国民中のイスラム教徒の比率の推移というデータと、帰化した人の総数、そしてそのうちのイスラム教徒の割合を知りたい。そんなデータを探し出せるかどうか分かりませんが。INSEEのサイトに何かあるかなぁ。

事実婚と出生率は、関係無いような気がします。事実婚って、別に、重婚じゃないでしょう、普通。
日本で法律婚が多いのは、離婚が簡単だからでしょ?世界的に見れば、当事者二人共が離婚したい、で一致してたって、双方の合意だけじゃ離婚できないのが普通のはず。日本のように離婚しやすい国では、法律婚のハードルが低くて当たり前だと思う。

って、忙しい時に限って、どーでもいいことって色々考えるもんですね。データ探せるのはいつになることやら、ですが、思いつきを忘れないように、の覚書。
[PR]
by mmemiya | 2014-04-25 23:12 | 日々雑感 | Trackback | Comments(0)

続・43歳の仕事着

ということで、相変わらず、最近は毎日、スーツで出勤しています。
うちの職場を見ていても、やっぱり、女性の仕事着ってスタンダードがはっきりしないのだけれど、不意の来客対応とかしてますと、男性のお客さんはやっぱりスーツですので、私もそうそうカジュアルな格好では気が引ける。「今日は確実にスーツが必要な日」と思う日ばかりではなく、他の日もスーツ着てるのが無難だなぁ、と思い始めました。まぁ、インナーさえ考えればいいので、服の組み合わせに悩まなくていいのも、朝、楽でいいかも(笑)。クールビズが始まって、男性がもう少しカジュアルな季節になると、私の仕事着も変わってきそうですが。

そうそう、アクセサリーは、王道はブローチとかなのかも。前の記事に書いた、大森ひとみさんの「ビジネスファッションルール」にはそんな感じのことが書いてある。正装?みたいな感じだと、やっぱパールネックレスとかなの?そういや、先日、首相から辞令?もらってた新・人事院総裁の一宮なほみさんが正にそういう格好だった。スカートスーツ(女性にとってはパンツスーツより正装はスカートだそうだ。女性のパンツは作業着を連想させるから、とか。)にレースのインナー、首元はパールネックレスで、襟に確かパールのブローチ。
日々の職場でパールネックレスは大仰か、と思うと、一粒ダイヤのペンダントとかがオールマイティな感じで便利ですね。ネット見てると、私ぐらいの年齢は最低でも0.5カラットないと、とか、いや1カラットないと、とか書いてあるけど、仕事着に合わせるには、私の持つ0.3カラットでも十分、という気が、個人的にはしております。
ダイヤは光る宝石なので、多分、正式には昼にはNGなんじゃないか、という気もしますが(だからパールってことになるのか、世界のビジネスウーマンは。アメリカのライス元国務長官とかね。)日本では細かいこと抜き!ってことで(笑)。

スーツ自体の色目なども、男性に比べると種類豊富なのが女性用スーツ。だからこそ迷う、という部分も大きいんだけどね。基本は男性と同じビジネスカラー、と言われても、前にも書いたが、あまりにもポリエステルなのが分かりやすい無地の紺とか黒とか、若い子が着ればリクルートスーツ、私が着ると無理した若作り、になりそうな感じもあって、つい、ベージュとか、ビジネスカラーだとストライプとかを選びたくなる。(結果、気をつけないと似たようなスーツが増える;)

ただ、スーツの色目・生地も用途次第、ってところもある気がする。簡単に言ってしまえば、裏方さんスーツと講演・司会者スーツは違うというか。
目立ちたくない時と、ある程度、存在感を持たないといけない時。前者は、社長が出席する行事にそれこそ裏方で動きまわる、みたいな、ラフな格好じゃいけないけど、目立つ必要は全く無いようなシチュエーション。後者はある程度、自分が前に出ないといけない場面で(私自身は講演も司会もしないが、自分が陪席じゃなく発言する機会があるような会議とかがそんな感じ。)、その場合は、男性の中で色目などが浮きすぎなようにしつつも、埋没もしないように、みたいな。

それにしても、スーツって、いつからこんなに黒ばかりになってきたのでしょう、と、オークションを眺めていて思った。リクルートスーツも、私の時代は紺だったけど、今は黒だし。本来、特に男性にとって、黒はビジネススーツの色じゃないはずなのだが。(欧米は今でも、黒のビジネススーツはありえないかも。)
かといって、茶色のスーツのことは、どこかのホームページに「カジュアル(カントリー感)」と書いてありましたが、カントリー感、なるほど、確かに。実は一つ、買ってしまったが(千鳥格子)確かにちょっと、カジュアルな感じはある。やっぱり、紺やグレーのピンストライプが、一番使い勝手がいいかなぁ…。グレンチェックもいいけど、あまり頻繁に着用すると目立つ、と、これまたどこかのサイトに書いてあった。うん、確かに。そして、グレンチェックはストライプ以上に、裏方仕事向きじゃない感じ。春夏用で一つ、持ってますが。生地感は気に入ってるのですが。

とりあえず、ここ1,2年で、化繊のスーツは基本、捨てようと思う。あと、アクセサリーを整理し直すために、新しいジュエリーボックスを買ってしまった。ペンダントなどがたくさん収納できて、シンプルで良いです。そんなにペンダント、持ってないけど(笑)。
[PR]
by mmemiya | 2014-04-16 22:17 | 日々雑感 | Trackback | Comments(0)

43歳の仕事着

いったい、何を着ればいいのか、みたいな話は、前にもこのブログに書いたような気がする。

40代。昔の服が、サイズ的に着られないわけじゃないのに、なんだか妙に似合わない、と嘆いてる女性が、ネットを見ているとたくさんいる。

私もまぁなんというか、御多分にもれず、そういう40代の一人で、そんでもって、これぐらいの世代、職場に着ていく服も、悩み多き人が多いのだと、これまた「発言小町」とか見てるとよく分かります。デパートでスーツを見ていると、「卒業式ですか」と言われてしまう、なんて書き込みもあったり。

実は私は数年前まで、みんながジャージを着ているような、服についてはちょいと特殊な職場にいた。そこから異動した最初の年、大げさなようだがほんと、私の人生の中では、一番服を買った年だった気がする。どれだけ買ったことか。カットソー、パンツ、ちょっと綺麗目のスカート、みたいなのが中心で、買った場所もイオンとか、あとはディノスの通販だったりしたわけだが。

で、一年ほど前から、スーツが必要な機会がそれまでより増えた。ジャケットがあればいいかと思っていたんだけど、場合によってはそうでもないんだな、やはり。で、タカキューの女性向けスーツなんかいくつか買ったのだけれど、男性向けと比べると、残念ながらどうも、リクルートスーツっぽいというか、40代,まして50代で着るのはだんだんきつくなってくるというか、という感じもあった。あと、体重はほとんど変わらないのに、下半身がどんどん太くなってきていて、ヘタするとその手のスーツじゃ、太ももとかパンパンだったりもする。

で、これまで、通販はディノス、たまにドゥクラッセだった私が、何かのきっかけで、ベルメゾンも見るようになった。ドゥクラッセはターゲット年齢的にはぴったりなのだろうが、ちょっと、仕事着ではない。ディノスは、特にダーマは、いいんだけど、高い。バーゲンまで待つと、欲しい色やサイズはかなりの確率で売り切れ。
ベルメゾンはダーマ程は高くない。そして、ここのスーツにある「ももはり」ってのが、私の太すぎる太腿にも大変やさしいつくりなのだ。パンツスーツを一つ買って、もうこれ以外買えないかも、と思ったほどである(笑)。

それにしても、女性が職場でどんな服を着るべきか、ということについては、識者?の間でもけっこう意見が割れている。
中古ではあるけれど、実は、ここんとこ、そんなテーマで本を3冊も読んだ。そしたら、見事に意見がバラバラなんである。
「おしゃれの教科書 働く女性のワードローブ」の著者高橋みどりさんて聞いたことあるな、えーっと料理本とかの関係の高橋さんじゃなく、そうだ、ジョンロブのホームページで、女性ながらジョンロブを4足も持ってるって書いてた人だよ! 
この人は、基本はジャケットを着ましょう、とは書くけれど、カラータイツなんかも勧めてる。文章の方はなるほどね、と読めたりするんだけど、後半の方で、20代、30代、40代それぞれにおすすめする具体的な服が掲載されてて、40代のスーツが上下合わせて50万とかさ、日本にはそんなスーツを着て働くオンナがそんなにたくさんいるのか??と、ちと別世界。基本となるアイテムの一つにレザージャケットが入るのも、ちょーっと私とは縁遠いなぁ。
ビジネスファッションルール 武器としての服装術 大森ひとみ、この本が一番固い。基本はスーツ、色のついたタイツなんてとんでもない、と説く本。まぁね、うちだって、周りの男性がみんなスーツであることを思えば、女だって同じような格好が基本なのかもなぁ、と反省させられる本ではある。でも、柄物スカート全部ダメ、と言われても、持ってるしなぁ…。柄のスカートとジャケット合わせることって割にあるんだけど、ダメなのだそうです、この方の意見では。ううむ。
働く女性のスタイルアップ・レッスン 政近準子 …あんまり会社員ターゲットじゃないのかなぁ。経営陣に名を連ねるような女性はやっぱり少数派じゃないかと思うけど、読者層はどの辺を想定してるんだろう。スーツはクリーニングに頼りすぎず、ブラッシングをちゃんとしろ、といった実用的な話もあるのだけれど。ああ、自分の持っている服を書き出してみろ、と書いていたのはこの本だけじゃないが、自分の持ってる服なんて把握してるつもりでいたけど、やってみたらこれはすごく役に立った。自分の服の偏りも見えるし、次のシーズンに買い足すとしたらどんな色のどんなアイテムか、というのを、組み合わせを思い浮かべながら検討することができるのだ。

とまぁ、これらの本、共通しているポイントもないわけではないのだが、とはいえ、普段着と仕事着を兼用できるかについても3人の意見は割れているし、3冊読み比べると、けっこう真逆な意見が見られるのは、つまり、女の仕事着がいかにあるべきか、ということについて、スタンダードが未だにない、ということの証明なのかもしれない。少なくとも、男のビジネスファッションについては、こうも人の意見が割れることはないだろう。

かつての自分を振り返ると、そういえば、アリスバーリーで一目惚れした半袖スーツをけっこう長い間着ていたなぁ。でも、レースとかもついてたし、今にして思えば、あまり職場向きとも言えなかったかも。あとはほとんど、アトリエサブばかりだったが(店で名前を覚えられている客だったぐらいには通っていた)そういや、ついこの間、10年以上前のマーガレットハウエルのスーツを、さすがにこれは、と処分したんだっけ。

当時の服は今となっては、たとえサイズがあっていたとしてもスカート短すぎたり、派手すぎたり?とても着られたものではないデザインだと思うが、しかし、かといって、ただの無地の紺とかグレーとかのスーツでは、リクルートスーツという年じゃないにしろ、おばさんが無理して着てる制服のようで、地味すぎる年に…。
ニッセンのスーツを買ってみて、やっぱ、この年ではちょっと無理がある…とか、いくつか失敗を繰り返した結果、最近ようやく辿り着いた結論は、生地がそこそこの質じゃないとダメ、ということだ。

ところで、うちの夫はちょっとした靴マニアなのだが、しばらく鳴りを潜めていた靴買いあさりが最近また再燃して、ネットオークションで中古の靴を買っては、届いて履いてみたらサイズがあわなくてショックを受けたりしていた。
そんな様子を横目で見ながら、なんで試着も返品もできないものを買うの、理解できない、などと思っていたが、最近、私もあっさり宗旨変えし、オークションで幾つかスーツを買った。

きっかけは、オークションではなく、中部地方の人間なら「いらんものは、コメヒョーへ売ろー!」のCMでおなじみ、コメ兵へ行ったから、であった。
もともと、しばらく前に夫と休みを合わせて出かける機会があり、大須でピザが食べたくて大須へ行って、そのついでにコメ兵をひやかしたのだが、そこにも、当然ながら中古の靴などがたくさんあった。夫によると、オークションよりは全体に高値だそうだが、試着できるのが大きな違いだ。夫は結局、そこでは靴は買わなかったが、私は中古のスーツを買った。
もともと、おフルとか中古に抵抗はないので、そこそこ状態のいいものが普通のスーツの何分の1かの値段で買えるというならそれで十分じゃん、と、そこで開眼したのである。オークションでも、サイズさえちゃんと表記されていれば、靴よりは外れない。なんといっても靴は、「38」とか「5 1/2」とかあっても、それぞれの足型は微妙に違うのだろうが、服の場合、肩幅、身幅、ウエスト、わたり、といった個別部分の数値が出ていれば、着られるかどうかは判断しやすい。(でも一回失敗した。知りたい部分の数字が書いてない時は、質問しないとダメですね。)

ということで、最近にわかにスーツ持ちになった私は、近ごろもっぱら、スーツかジャケットスタイルで通勤している。スーツ姿だと、ネクタイのある男性と違って、胸元が地味といえば地味なので、今までになく、小さなペンダントとかのアクセサリーもつけるようになったが、これはまた別の話ということで。(ちなみに、先にあげた3冊の女性ビジネスファッション本のいずれも、派手すぎないアクセサリーはむしろ推奨しているようなのはけっこう意外だった。ネクタイの代わりって、常にスカーフしてるわけにもいかないしなぁ。)
[PR]
by mmemiya | 2014-04-02 22:09 | 日々雑感 | Trackback | Comments(2)