La Lune Lunatique

mmemiya.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ピアノ発表会雑感

…まぁ一応、今年も発表会が終わりました。

息子小6、まぁ、中学に入ってもピアノを続けるのはちょっと難しかろう、と、今年が最後の発表会。小4娘は娘で、絵の教室に入りたいので、習い事のうち、ピアノを辞めようと思っている(習字は辞めないそうな。今年またかなり大きな賞をもらったからねぇ、習字は)。で、こっちも多分、最後の発表会。(先生にはまだお伝えしていないのだけど、こういうの、タイミングが難しいなぁ…。)

ということで、二人共、ある意味、憧れの曲で臨んだ今回、その割に相変わらず練習量はイマイチだったが…。
息子は久石譲さんの「Summer」で、しかし、最初に見つけた楽譜ではとても無理、ってことで、かなり初級者向けのアレンジの楽譜を探しだしてそちらで。しかし、それもちょっと長すぎて持ち時間を大幅にオーバーするのでけっこうカットした。本番は、まぁ若干、左と右のテンポがずれた部分もありましたが、まぁなんとか弾きました。
娘は「人形の夢と目覚め」。最後の部分はやっぱりちょっと指が転んだりした部分はありましたね…。まぁでもこちらもそれなりに表現したい部分は表現しようという努力は伝わってきました。最後の方の週末が雨で野球が半日になったりしたので、息子はなんとか追い込みが間に合った…みたいな。

今回は、ショパンのノクターンを弾いた子がいて、なかなか素敵でした。あと、娘のすぐ次の子(同い年)が、カスキの「泉のほとりの妖精」を美しく聞かせてくれました。去年の「雨の日のふんすい」(ギロック)はともかく、その前の年の「ある風景」(佐藤敏直)とか、なんというか毎度、子どもには情感のつかみにくそうな曲を毎度、よく弾きこなすなぁ、と、彼女にはいつも感心させられます。ピアノ始めたのはうちの娘より1年ぐらい後だったけど、努力ももちろんいっぱいしてるだろうけど、才能も違うなぁ、多分、と思いますわ。自分の娘の努力不足を棚に上げて。

ところで今回、パンフレット貰う前から十分予想していたのですが、どこの会場も(パンフには複数の会場、複数の日程分がまとめて載っている)「Let it go」が必ず入ってた。弾いてる子もいたでしょうが、Voと書いてあって、あ、歌なの、というのもちらほら。(姉妹で「生まれて初めて」、ってのもあったぞ。)まぁ、カワイは「うたのコンクール」なんてのもやってますし、発表会で歌でも別にいいのかもしれないけど(でも、ドリマトーンとは別だなぁ、発表会)。
今回、うちの子たちの出た部で、ピアノはピアノで弾いて、それとは別に「Let it go」を歌った子がいたのですが、アナウンスで「この曲を英語で歌いたくて頑張りました」。・・・英語!?と、どう見ても小学校へ上がるか上がらないかぐらいの年に見えたので吃驚したのですが、やっぱ、意味の分からないものをカタカナで3分間分も覚えこむというのはかなり無理があったようで、英語とは違う、何とも分からない言葉になっちゃってるところが多く、英語版の歌詞を全部覚えてる私は、聞いてて頭のなかがグチャグチャになってキツかった…。

私、小学校5年生の時、なぜかクラス全員で、英語で「赤鼻のトナカイ」を歌ったことがあるのだけれど、その時は大体覚えたのかもしれないけど、今やほとんど思い出せません。思い出せる部分は、「Rudolph, the red-nosed reindeer had a very shiny nose. 」とか、「Then one foggy Christmas Eve Santa came to say」とか、後から頭のなかで、「そうか、あのカタカナってそういう英語だったんだ!」と、英文に変換できた部分だけです。まぁ、意味分からない音の羅列を覚えるなんて、呪文覚えるみたいなもんですわな。
[PR]
by mmemiya | 2014-07-21 21:44 | 日々雑感 | Trackback | Comments(0)

個人情報流出

ベネッセさん、やっぱり、補償対応をお考えになるそうで。

・・・実は、どうも我が家も、流出個人情報に含まれてるんですよね。一度も通信教育はやったことがないのですが、ベネッセに個人情報を渡したことがあるので。
もう5年近く前ですが、コムサイズムとベネッセがやっていた、「名前の刺繍入りハンカチと、名前シールプレゼント」ってキャンペーンに応募したことがありまして。ベネッセに個人情報がいくことはもちろん書いてありましたが、まぁ、ダイレクトメールは止めてもらえばいいか、と。
実際、ほどなくしてしまじろうかなんかの案内が届きましたが、電話して止めてもらったんで、それ以降、ほぼ、記憶から消えてまして。

先日、娘にスマイルゼミからDMが届いた時にも、なんにも気づいてませんでした。この報道が出て始めて、そうか!!と理解いたしました。
息子の方には何も来なかったので、息子は「俺の情報は売られてないんだな」とか言ってましたが、そんなことは分からん。

うちの場合、年齢的には二人共、まだ住民基本台帳でDM用の情報を閲覧できた時代の子たちなので、100%ベネッセとは言い切れないのかもしれないけど、スマイルゼミからのDMの時期はとりあえず符合しています。
(まぁ、年齢的には、ベネッセ無関係に名簿屋で名前住所は売られていてもおかしくないということではあるわね。)

該当者には7月20日頃までに、ベネッセからなんらかのお知らせがあるそうなので、ひとまずそれを待つしかできませんね、今は。
自分自身が子どもの頃は、ベネッセからガンガンDM届くのが当たり前だったもので、どうもその辺、感覚が麻痺しててダメですね。
あんなにDM送りまくってて、どこで儲けてるんだろう、ってなことを考えだしたのは、自分がベネッセでバイトし始めてからでしたがね。(正確には当時はまだ福武書店。ただ、ちょうど「ベネッセ」って愛称が発表された頃でした。「よく生きる、すばらしく生きる」という造語だと、当時は教わりましたね。吉本ばななをフィーチャーした海燕って文芸誌がこけたり、色々してたなぁ、あの頃。)

7月26日追記。この記事をアップした時点では、一度もベネッセの会員になったことがない子どもの情報は流出していないような報道だったので、この記事も断定口調を避けて書いたのですが、その後、非会員(元会員ではなく、一度も会員になったことがない子ども)情報も流出しているという話になったので、やっぱ、うちの娘はこの口ですかね。
7月24日時点で、公式サイトによれば、
「7月21日に新たに流出が確認されたお客様の詳細の情報は、現在精査している段階です。精査が終わりましたのちに、対象のかたへのご連絡をいたします。精査に時間がかかっており、申し訳ございませんが、随時、Webサイトで進捗状況をご連絡させていただきます。」だそうですので、ま、待つしかありません。
[PR]
by mmemiya | 2014-07-17 21:52 | 日々雑感 | Trackback | Comments(2)

43歳の仕事着 夏編

夏になると、男性のクールビズが始まり、さて、自分もジャケットを着るには暑いし、どうするべ、の夏。
(とはいえ、実は冷房入りだしたら、北側の部屋のせいか、なにか羽織ってないと寒かったりもする。空調古すぎるよ…。)

うちの職場は、ポロシャツ・チノパンまでOKです。管理職あたりはさすがに、ノーネクタイのワイシャツにスラックス、ってパターンがほとんどに見えますが。

女性はまぁ…冬もそうですが、夏もやっぱりてんでバラバラですねぇ。上はカットソー、ブラウス、シャツ、下はスカート、パンツ、とバリエーションありますからねぇ。

夏になって今更気づいたのは、女性用の夏のパンツって、9分丈だのクロップドだのばっかり!ってこと。しかし、9分丈はギリギリセーフかもしれないけど、クロップドパンツというのはちょっとカジュアルすぎる感じがするなぁ。

ほぼ毎日スーツ、というスタイルで過ごした初めての冬・春が終わって、私がこの夏買い足したものは、主にシャツ。あと、まともなベルトをほとんど持ってない、と今更ながらに気づいて、ベルトを色違いでいくつか。
しかし、シャツをインしてパンツはいてベルトすると、ウエストがやっぱ厳しいですなぁ。痩せんといかんですなぁ…。

シャツは、ショッピングモールによく入っているシャツ専門店とかで、女性用もけっこう取り扱ってたりするので、そういうところでちょっと買い足しました。

あと、この間、ダーマで、カタログ届いた時からいいなぁと思っていた紺のピンストライプのワンピースがバーゲンになったので、つい、買ってしまった。オフィスに着るものとしてワンピースって若干微妙だとも思うけど、デザイン選んで、ジャケットとか羽織れば使えるものもあるよね、と。このサマーウールのピンストライプは、生地的にかなり仕事着っぽいのでいいかなぁと。共布でジャケットがあればなお良かったかも。

そういや、薄手のリネンストールも買ったけど、あれは日焼け防止というか、どっちかというと土日のお出かけ用だなぁ。

夏の素材で扱いに困るのは、透ける素材です。デザイン的には堅い感じでも、透けるってやっぱりビジネスファッションとしては問題だと思えるし。羽織ものとしてならギリギリ許されるときもあるかしら??

ということで、夏は男性も少々カジュアルなだけに、逆に悩み多い季節。とはいえ、やはり、野放図になに着てもいいってもんではないよね。この間、うちの係員(女性)がとある仕事のピンチヒッターを頼まれて、「え、今日、こんな恰好なんですけど、いいですかね…」と戸惑っていた。ポロシャツとかではなかったんだけど、男性の「Yシャツ、ノーネクタイ、スラックス」に相当する服装と言えるかといえばうーん、という感じで…。ただ、こういうのって具体的にじゃあ何がダメ、と言いづらいのだが、そうだなぁ、襟のあるなし、とか、素材感、とかなのかな、やはり。
そういや、男性係員にもちょっと前に似たようなことがあって、「でも今日、ポロシャツだもんねぇ」と言ったら「いえ、着替えあります」と、トイレで着替えてきた。去年、そういうピンチヒッターがあったこともあって、一式、ロッカーに入れてあったらしい。
まぁやっぱ、男性に合わせると、シャツか、せいぜいブラウス(それもクラシックな形の)に、無地のスカートとかパンツなんでしょうか。カットソーもそこそこ持ってるので、着ないのももったいないとか思っちゃう貧乏性がいかんのね…。スーツのインナーで着られるものは、まだ使い道があるからいいんだけどなぁ。週末用の服にするしかないかなぁ、インナーにできそうもないものは。
[PR]
by mmemiya | 2014-07-12 22:33 | 日々雑感 | Trackback | Comments(2)