La Lune Lunatique

mmemiya.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

最後の曲

この3月で、前々からの予定通り、息子も娘もピアノをやめることになりました。
二人共、口うるさく言ってやっと少し練習するぐらいで、6年(娘は6年半か)やって、そんなに何が残るというほどでもなさそうですが、最後に、息子は今やっている「クロマティック・ポルカ」を、娘は「エリーゼのために」を仕上げて終わりということになりそうです。娘はこの間、グレードテスト10級を受けましたが、息子は練習サボり過ぎが祟って、とうとう9級の受験には至りませんでした。最後まで、らしいというか何と言うか。

エリーゼのためには、中間部を省略した簡易バージョンが、今、娘がやっている教本の終わりにあるのですが、一応、全体にチャレンジする、と、今日決まったらしい。(今日は子ども会行事があったので、レッスンに付き添えなかったのです。)あと一ヶ月で仕上がるのかはよく分かりませんが。

…息子のやってる曲を8歳の女の子が弾いている動画を見つけました。うちの息子のテンポはまだ全然こんなところまでいきませんが。っつか、最後まで指番号注意されっぱなし。そういうところは6年間、ちっとも変わりませんでした。


自分のやってきた習い事を振り返っても、何が残ったか、って難しいものですね。マイナスだとは言わないけど…。まぁ、色々な経験が出来て良かった、ってぐらい?
最近、コンクールで入賞したりする子のレッスン風景を見る機会があったのですが、やっぱり全然違いますね。私の取り組ませ方で、もうちょっと違う結果もあったのかなぁ、などと思わなくもないのですが、まぁ今更言っても詮無いことです。



[PR]
by mmemiya | 2015-02-28 20:44 | 子育て、子育ち | Trackback | Comments(2)

勝負スーツ

最初に作るスーツは紺、というのは、特に悩むことなく決めておりました。
冬のスーツで、グレーはまぁまぁ使える、New Yorkerのストライプのスカートスーツを一着持ってまして。強いて言えば、ポケットにフラップがないのは気に入らないが。(いや、正確には、パッチポケットなのが気に入らないのか、私。これにフラップついててもあんまり変わらないな。)この間の出張もそのスーツでいきました。これに対して、紺色は、もう少し薄手の、合物っていうんですか、そういうスーツしかないんですね。

で、前回書いたオーダーの時は、もう迷わず紺地で探しておりました。最終的に、同じドーメルの中でも2つ候補が残って、かな~り悩んだのですが、最終的には、明るめの紺色のシャドーストライプではなく、もう少し深みのある紺色に、薄い水色のライン、その横に更にもっと薄い赤紫色のラインが入っている生地を選びました。
ゼニアでもロロピアーナでもなくドーメルなのは、その時、その店には、ゼニアやロロピアーナの紺色の生地があんまり残っていなかったから、ってのもあります。しかし、ドーメルのアマデウス、ウール100%なのにすっごく光沢があって、美しいです。
裏地のエンジがまた中々にいいんですが、もっと色鮮やかなんだけど、ガラケーの写真ではイマイチですな。

次は、合物でグレーとか、作りたいなぁ。
何かの記事で、スーツっていうのは自分の年収の100分の1ぐらいが相場、って読んだので、それでいくとちょっと分不相応なスーツということになりますが、ま、がんがん着れば元は取れる、ということにしておこう。
そして今年の私のテーマは、自分に似合う白いシャツを見つけることです。白いシャツって簡単なようで意外に難しい…。

f0060710_21070169.jpg
f0060710_21065448.jpg
…ネットで同じ生地のアップ写真を見つけました。これです、これ。

[PR]
by mmemiya | 2015-02-21 21:16 | 日々雑感 | Trackback | Comments(4)

最速復活

2年前の時は、息子→娘 で終わった家庭内インフルエンザ感染でしたが、今回は、娘→私 ときております。ここで止まってくれるといいのですが。

14日土曜の午後に、娘のインフル感染が分かりました。15日日曜は、息子たちの野球が、市内のこの地区だけでの交流試合ってのをやりまして、混成チームを作っての試合だったのですが、息子と夫はマスクをして参加、私は娘と家におりました。16日月曜は、土曜授業参観の振替休業のため、私は休みを取っておりまして、娘もそこそこ元気になっていたので、しばし留守番してもらって、予約してあった息子の制服採寸へ。もちろん、私も息子もマスク姿。本当はこの日、カラオケに行きたかった娘は悲しんでいましたがしゃーないですなぁ。しかし、これは本題とは違うんですが、中学校での着る物履く物を夏冬一式揃えたら8万円になりました。驚愕です。通学カバンとサブバッグは、子ども会からプレゼントされるのですが。ここへ部活の用具とか、きっと学習用具も色々あるのよね??ジャージとか、なんでもうちょっと安い値段にならないんだろ??小学校は、体操服に校章などが入ってなかったおかげで、ニッセンで安いの買えたのになぁ。

で、15日はさほどでもなかったんですが、16日はちょっと喉が痛かったのです。熱も夕方には37度位の微熱があり、まずいかも、と思いつつ、普通の風邪薬飲んで、栄養ドリンクまで早めに飲んで寝た。

で、昨日の朝。この日は仕事が外せない!と、夫に娘のための休暇をとってもらい、自分は出勤するつもりだったのです。ですが、朝起きたら鼻づまり、喉痛、微熱。37度4分。…これは、違うと思いたいけれど、医者へ行かずに出勤したらまずいよなぁ、インフルだった場合、迷惑だもんなぁ、と、遅刻します、と連絡して、内科の予約をとって。で、いえで順番待ちしている間に熱が上がってきまして。上がったって言っても38度ですけど、けっこう倦怠感もあり、内科へ電話して診察繰り上げてもらいました。行ったらすぐに奥のベッドに寝かされ、そこで診察→見事インフルエンザ迅速検査陽性。
娘には別の小児科でイナビルが処方されておりますが、私はここで、初体験のラピアクタでした。この薬は飲むのでもなく、吸入するのでもなく、点滴するのです。点滴終わったのが昼近く。で、鼻水やら痰やらの薬とカロナールが処方され、帰宅。

で、今朝なんですが、起きて検温したら36度4分でした。これ、カロナール飲む必要ないんじゃ?っていうか飲むとまずいんじゃ?一応、調剤薬局にも確認しましたが、熱がなければカロナールは飲まなくていいです、と言われたので中止。日中、夕方など何度か検温しましたが、ずーっと6度台前半でした。抗インフル薬の効果か、予防接種してたのがそれなりに功を奏してるのか、要因は不明なれど、インフルからの復活としては自分史上最速なんではないかと思います。さすがになんとなくだるいのはありましたけど、洗濯とか食事作りぐらいはやった。インフル診断から24時間後にはそんなことしてるなんて、昨日の時点ではさすがに想像つきませんでした。一番しんどかったのは、昨日の昼食後に飲んだカロナールの効果が切れだした夕方以降で、断続的な寒気に襲われました。この調子じゃ夜中も眠れないかもな~、とりあえず、カロナール飲んだら眠れるだけ眠っておこう、と就寝したのだけれど、目が覚めたのは一度ぐらいで、意外に眠れ、朝になったらけっこう気分もすっきりしてまして、おや、という感じでした。
ちなみに娘も月曜日あたりからもうすっかり元気です。登校できるのは金曜日ですが。そして娘のクラスは、休み明けの火曜、半数以上が欠席していて予想通り学級閉鎖になりました。予想通りっていうのは、日月の休みの間に、ワタシが知ってるだけで娘含めて4人が発熱してたからですが、それにしても欠席17人、の文字を見た時は笑っちゃいましたよ。金曜日の欠席7人の時点で学級閉鎖になってれば何か違ったかどうかは分かりませんが。

ともあれ、まだ、感染力はもってるはずなので、家庭内でこれ以上感染を広げないよう気をつけます…。

[PR]
by mmemiya | 2015-02-18 20:17 | 日々雑感 | Trackback | Comments(0)

インフルエンザって

子どもの頃、こんなにかかるものでしたっけ、インフルエンザって。

金曜日、習字が終わった娘を迎えに行ったら、「今日、隣のクラスが学級閉鎖になった。うちのクラスも7人休んだので危なかった」との話が。

…前は、学級閉鎖が出ると、お知らせメールが来たんだけど、今シーズンはなぜか、メールをしないことにしたようで、前にも他の学年で出てたの、ちっとも知らなかったんだよね。
それはともかく、この土曜は授業参観だったのですが、行ってみたら娘のクラス、空席が13も!(算数の授業だったのだが、後で、2人は算数の時はいつも別クラスにいると娘に聞いたので、欠席は11人でした。)どうも、授業参観で短縮授業だし、この後2日間休みだし、で、学級閉鎖を見送ったらしい。しかし、うちの娘もなんか元気がなく、終わって出てきてみると目がうるんでる。額に触ると熱がある。
あちゃ~、と思ったんだけど、私は来年度の役員ぎめがあり、ひとまず夫に託して自分は学校に居残り。夫に、土曜午後に診療してくれるところを探しておいて、と頼んでおく。役員には選ばれず、小一時間で帰宅すると、娘は昼寝中。熱が38.7度。どう考えてもインフルエンザだろうなぁ、の状態。
夫がネット検索して、17時からみてくれる内科がある、と言うのだが、娘が起きてきたところで医療機関案内にTELして聞いてみたら、今現在(そのとき、16時ちょっと前)で診察中の小児科が。あそこなら、もう何年もかかってないけど、一応診察券あるな、と思いつつ、電話してインフル疑いを告げると、「何分で来られますか」と聞かれ、「15分」と答えたら、じゃあ15分後に予約を入れますのですぐ来てくださいと。受付で名乗ったらすぐに通されて、問診等の後、インフル検査して、別室で結果待ち。もしかして早すぎて反応でないかも、と思ってたけど、しっかり検査結果もインフルでした。

それにしても、うちの娘、小1,小2と続いて、これで小学生になって3回めのインフルエンザなんですよね。えーっと、息子は何回やってるんだ。2年前の時は息子が先だったな。低学年の時にもあったような気もする。ともかく、私達が子どもの頃って、まぁ、迅速検査キットなんかなかったので「これはきっとインフルエンザ」って診断されてたわけですけど、それにしても、そんなにしょっちゅう罹ってたって記憶はないんだよなぁ。覚えてないだけか?それともやはり、毎年学校で全員受けた予防接種が、それなりに効果をあげていた、ってことなんだろうか…?

[PR]
by mmemiya | 2015-02-15 20:08 | 子育て、子育ち | Trackback | Comments(0)