La Lune Lunatique

mmemiya.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

バガテル・エリーゼのために 

息子と娘のピアノレッスンも、早いもので、残すところ一回となりました。

娘は、「エリーゼのために」と決まってから次のレッスンまでの一週間で、主題部分は全て両手で音を間違えず弾いて、強弱もつけ、ペダルも入れられるようになりました。(強弱は、本来、ベートーヴェンが楽譜上で指示したものではないんだそうですが。)正直、一週間でここまでいくとは思わなかったのでけっこうビックリしました。一番有名な部分なので、ここだけ聞いてると、おお、うちの娘がエリーゼのためにを弾いている!とけっこう感動します(笑)。
その次のレッスンまでに、「A-B-A-C-A」形式のBの部分はなんとか両手で弾けるようになったけど、A部分ほどのスピードでは弾けない、C部分は片手ずつの譜読みが終わった、ペダルは両方共とても無理、という状態になり、なんとか最後まで先生に見て頂いて、少しは細かいところを教えていただくことが出来ました。
今週末は春分の日でレッスンがお休み。さて、あと一週間で、仕上がりますかどうですか、エリーゼのために。
まぁ、ピアノをやめても、これをたまに忘れないように弾けたら、なんかちょっとピアノ弾ける気分にひたれそうでいいですね、有名な曲って。やるかどうかは分かりませんが、とにかく、やめると決まってからは、えらい勢いで練習しております。一方の兄は相変わらずほとんど練習しない。やれやれです。

エリーゼのためにって、有名な曲だけに、ネットでチラッと見るだけでも色々な説明があって、色々勉強になりました。
バガテル、って、パリのバガテル公園を思い出しましたが、スペルも一緒だなぁ、意味は?と思ったら、どうも「ささやかなもの、つまらないもの」という同じ意味らしい。広大なブーローニュの森に、ささやかな面積の公園、ってことのようで。確かに、バガテル公園はそんなに広くはないですからね。

「エリーゼのために」は、素人耳にはつまらないものとは思いませんが(さすがに現代まで有名な曲で在り続けているものは違うなぁ、と思います)ソナタのような大曲に比べればささやかなもの、なのでしょうかね。


[PR]
by mmemiya | 2015-03-17 21:13 | 子育て、子育ち | Trackback | Comments(0)

腕時計

時計というものをしなくなって、ずいぶんになる。
携帯というものが普及する前は、当然、毎日時計をしていたはずなのだが、そんなのもう、20年近い昔だもんなぁ。

追記:そういえば、私があまり時計をしなくなったのは、左利きの常として右腕に時計をしたくなるんだけど、文字を右で書くよう矯正された私は、字を書くたびに時計をがんがんテーブルに打ち付けちゃうからでもあった。最近は頑張って左腕に時計してます。利き手じゃない手でワンタッチじゃないベルトをするのってかなり難しいので、つい、右腕にしたくなるんだけどね。(右利きの方、右腕に時計をつけるのが簡単かどうか、試してみて欲しいです。)

たまに、仕事などでどうしても時計をしなければならない(いちいち携帯を開いて時間を確かめている訳にはいかない)時があると、高校時代に使っていたmarie claireの腕時計を引っ張りだしたりしていた。
実は、新婚旅行で、清水の舞台から飛び降りるつもりで買った、ジャガー・ルクルトのレベルソは、革のベルトがある時切れてしまい、それ以来、仕舞いこんでしまっている。もちろん、電池は切れたまま。(夫は、ジャガー・ルクルトで時計を買うのにクォーツかよ、という反応だったのだけど、当時からもう普段は時計をしなくなって久しかった私がオートマチックなんか買ったって、すぐに止まるのがオチだったはず…。)

ところが最近の私、ボチボチと時計をし始めた。きっかけというのが、職場でよく打ち合わせに使う部屋で、目につく所に時計がない、という、馬鹿馬鹿しいような、しかし私本人にとってはけっこう切実な理由。説明をしながら、ところで今何時になったんだ?と思っても、時間の確認ができないという。

で、時計をし始めてみると、やっぱり、ゴールド系の色と、シルバー系の色が一つずつある方が、服装とかアクセサリーには合わせやすいよなぁ、とか、皮ベルトもいいけど、夏場は金属がいいよなぁ、とか、なんか色々出てきてしまって、最近、時計がいくつか増えました。この年で子どものおもちゃのような時計をするわけにもいかないし、かといって、高いブランド物の時計を買うようなゆとりはないもので、理想と現実の折り合いをつけるのは難しくはありますが。一度、ヤフオクで買った時計で失敗したので中古はちょっと不安だしな…。(電池入れてすぐは動いたのですが、しばらくしたらすごく時間が遅れ始めまして…。あれは痛い勉強代でした。)

今、手元にあるのは、金色のトノー型で黒い皮ベルトのもの、丸くて青っぽいシェルの文字盤で銀色の金属ベルトのもの(割とゴツイ)、金色金属と白いセラミックのベルトのもの(これもゴツイ)、そして高校時代から使っている、マリ・クレールの楕円形の文字盤(これも多分白蝶貝)で金銀コンビ(これは華奢)の4つ、かな。最初のがセイコー、次の二つはシチズン(なぜかどっちも海外販売モデル)、マリ・クレールは多分、オリエント時計なので、国産ばっかりだ。(ちなみに、ヤフオクで失敗した奴もセイコーでした。)

こうなると、次は、例えばこの間の勝負スーツだろうがどんな服だろうが恥ずかしくない時計として、レベルソを復活させなきゃかなぁ、やっぱり…。

[PR]
by mmemiya | 2015-03-08 21:42 | 日々雑感 | Trackback | Comments(0)

スポ少卒団式

f0060710_22344706.jpg
小4から3年間、長かったような、振り返ればあっという間だったようなスポ少生活が、とうとう終わりました。
寄る年波には勝てず、年々、週末が来ればぐったりする体に鞭打って、早起きし、おにぎりを作り(時にはコンビニのお世話になり)、練習場所、試合会場に送り届け、審判にお茶出ししたり、声援を送ったりする毎週末にも、これで一段落。
最後まで、ほとんどベンチを暖めるだけだった息子に、何が残ったのかは正直、よく分かりませんが、まぁとにかく、ここまで、親も子も、よく頑張りました。

卒団式の映像で振り返ると、たった3年前のことなのに、みんなの顔の幼いこと。(注:加入の早い子は、小1の映像から残ってます。もう、可愛い可愛い。)大きくなったなぁ、と思います。

親の間にも色々あったし、波瀾万丈な3年間ではありましたが、貴重な3年間、どうもありがとう。

[PR]
by mmemiya | 2015-03-07 22:40 | 子育て、子育ち | Trackback | Comments(0)