La Lune Lunatique

mmemiya.exblog.jp
ブログトップ

タグ:子ども ( 524 ) タグの人気記事

また一年経過。

ずっとブログを書かないまま、また一年が経過。
以前に比べてずっと忙しくなったというわけでも、多分、なく(毎週末、部活忙しいけど)、多分、フェイスブックに短くチョコチョコ書き込んでは日々が流れていくのですね。

3月、娘は小学校を卒業し、子どもたち、今年一年間は、同じ中学校の3年生と1年生。

入部したての頃は、朝練に早々と出て行っていた息子、最近はすっかり遅刻魔になり(…)更に、去年は朝練がないと、学校そのものにしばしば遅れ、学校からしょっちゅう「まだ来ていないのですが、家は出ましたか」電話を貰っておりました…。
この4月、私の勤務地が近くなり、子どもより後に家を出られるようになったので、4月以降は電話もかかってこなくなりましたが。私の転勤を聞いて娘が放った第一声は「お母さん、良かったね、これでお兄ちゃんが家を出るのを見届けられるようになるね!」でした。とほほ。
しかしながら、昨今の女性の活躍推進がどうこうの波にわが社もどっぷり洗われてまして、この4月、私は管理職になってしまいました。おいおい、という感じです。はっきり言って、数年前ならありえなかった話(係長の在任期間が短すぎる)で、そりゃねーだろ、というのが正直な心境なのですが、なーんかね。こんなのそのうち、すごい揺り返しが来そうなんだけど。しかし、辞令に抗うすべもなく(退職すりゃ抗えるけどさ。なお、今回、直属の上司にも事前の打診は一切なかったので、予兆は全然なかったのです)ともかく、職場の皆さんが働きやすい環境づくりに心を砕く一年にしたいと思っています。
これまでの二年が、仕事上、色々あったので、仕事はせめてしばらく平穏であって欲しいけど。

恐ろしいことに、中3、受験生となった息子。塾には相変わらず行ってません(夏期講習ぐらいは行ってもいいかもとか最近言い始めたが、そこは金を出す親に頭を下げて行かせてくれではないかと思う私)。勉強しません。提出物も悪く、テストの点数よりも内申が悲惨。でもコンサータの服薬はやめました。発達でかかってる医療機関が小児科なので、15歳までしか見ないのです。人によっては成人向けの機関に紹介状を書いてつなぐそうですが、多分、うちの受診はこのまま終わりそう。受診して何かが改善されたとか、何が良かったってこともあまり見出せないままでしたが…。
最近、中学の先生がブラックだと言われ、うちの中学ももっと部活の休みを増やせ、という流れですが、野球部はどこ吹く風。雨の日以外は基本、休みになんない。相変わらず遠くでの練習試合続き。ただ、現地集合に変わったんで、ちょっとマシ?でも大体、試合があれば6時ごろには息子を車に押し込み、家を出る日が続きます。

娘は陸上部に入りました。こっちは小6から行っている塾が、中1になって終わるのが22時とかも珍しくなくなり、21時には寝ろと言って来た我が家ではちょっと戸惑いも。とりあえず、塾のある日は朝、夕飯を準備していきますが、18時30分ごろ帰ってきて19時から塾だったりするので、ご飯食べる時間も中々慌しい。で、土曜日午後に通ってる習字は続けたいもので、練習は午前中と決まってる陸上部を最終的に選んだ。別に足は速くありません。去年はそういえば、選手リレーの補欠だったけど。あと、小1のときは、他の子よりかなり大きい子だったおかげで?選手だったな。陸上部では一番遅いそうですが、筋肉痛になりながらも頑張ってます。重い鞄を背負っての通学(片道、徒歩20分ちょっと)もだいぶ慣れてきたようです。でも、特に土曜は、午前は部活、13時前に帰ってきてお昼食べて習字(3時間は軽くかかる)、帰宅して夕飯食べて19時から22時ごろまで塾、と、とにかく慌しい。

で、今日は、娘が陸上部の大会に行きました。息子たちも、勝ち進んでれば今日が決勝でしたが、なんと初戦負けしちゃったからな。
その試合は、うちの息子がスタメンで出てたり、なんかおかしかった。息子によれば、今後はもうどの大会も出せないから、という先生の温情?だったのでは、とか言ってたが。ま、市大会だから優勝しても上の大会がないしね。しかしそれにしても。うちの息子はもうスコアラー定着なのだけど(スコアラーは多分、かなり向いている。)たまに出てもライトなんだが、その日はなぜかレフト。(ライトには、うちの息子と同様、3年だけど普段はスタメン起用されない子が入った。)で、レフトに2本も飛んで2本ともツーベースにしてしまい。

話を戻して、娘たちの会場は、昔、スポ少野球でよく行った場所なんだけど、最近リニューアルしたところで、当然送っていくつもりだった私は、リニューアルしてどうなったかしら、なんて思ってたのだけど、昨日の練習から帰宅した娘が自転車で行くと言い出した。現地でアップの時間がほとんどないそうで、ちょっと運動したほうがいいから、だって。片道8キロちょっとの道のりで、先輩たちはほとんど自転車で行くと聞いてはいましたが。県大会の会場(隣の市)は電車とバスで行くらしいし、陸上部って、当番にならなければほとんど親が行くことはないってこと?(もちろん、応援に行くのは自由だろうけど。)基本自家用車送迎、たまに子ども達が自転車で行く場所でさえ、試合が始まればほとんどの親が顔をそろえる野球部とはエライ違いだ。

そして陸上部、今日は、大会が7時30分集合完了で15時解散と長いせいか(おまけに日中は30度を超えるって予想だし!)持ち物リストに帽子って書いてあったけど、日頃の練習では陸上部は帽子はありません。(普通、ないね。走って飛ぶよね。)で、頭の皮が日焼けでむけてきたという娘。黒くなるまま放置の息子と違い、娘には一応、日焼け止めも塗らせ、制汗スプレーも持たせ、なのですが、スプレータイプの日焼け止めを頭にかけたりするとちょっとはいいんだろうか。野球ではそれは考えたこともなかったぞ。
そして、野球部と違い、ペットボトル持参禁止。同じ学校の部活でも色々ルール違うなぁ。兄はこの季節、小さいクーラーボックスに弁当と、凍ったスポーツドリンクのペットボトルを入れてペットボトルを保冷剤代わりにしてるんだけど、その手が使えない。今日はとりあえず、娘には水筒二つ持たせました。弁当は、兄のクーラーボックスで持たせたけど、ペットボトル入れないならもっと小さいの(ソフトタイプの、でも、そこそこしっかりした奴)買おうかな。とにかく食べ物は、傷むの怖いからねぇ。
弁当を食べる時間がどれだけあるかもよく分かんないというので、おにぎりの他は全部、爪楊枝で刺してあってさっと食べられるようにした。おにぎりは、「おにぎり丸」初めて買ってみた。スポ少時代にこれがあったら、絶対買い捲ってたな。(スポ少はおにぎりしか認められず、おかず持参ナシだったので、みんなおにぎりの中に一口カツとかから揚げとかウインナーとか入れてたものです。)


ってことで娘は頑張っております。兄は、めったにない部活の休日、8時時点でまだ寝ぐさっています。昨日はこいつを6時30分に送り出すのにいつもながら苦労したので、今朝はもう起こしてやんない。友達のうちへ行くとかなんとか言ってたが、起こしてくれとも頼まれてないし、わしゃ知らん。なんというか、兄にはもう少し(色々な面で)頑張ってもらいたいもの…。


[PR]
by mmemiya | 2017-05-21 07:49 | 子育て、子育ち | Trackback | Comments(0)

日々バタバタしてる間に。

新年度を迎え、日々バタバタしてる間に、もうGW。
熊本に、大学時代の同級生夫婦が住んでいるので、今どうしているかな、と、ニュースに触れると思いつつ、でも自分の生活は普通に流れていきます。思えば、東日本の時も、この辺りではテレビさえつけなければそんな感じでした。被災地の人にとっては、こんな風景は別世界なんだろうけど。でも、大分の友達が、いつ余震が来るかとか気持ちが落ち着かない中で、地震と全然関係ないテレビを見たらちょっと気分転換になった、と言ってて、そういうこともあるのか、と思わされました。避難しないといけない状況の人だとまた違うのでしょうが、大分の友達のところだと、普通に子どもたちも学校に通ってて、でも、地震がいっぱいあって。ともかく、早く収束してくれるのを祈るばかりです。

と、ニュースに触れれば思うけれど、そして、医療系の友達は熊本行ったりしてるけど、繰り返しになっちゃいますが私自身は今までと変わらない日々を送るわけです。変わらないどころか、去年は息子が正式入部前で、割とGWにもゆとりがあったんだけど、今年はもう、部活ないの、一日だけだし。おまけにその日、雨予報だし(苦笑)。
いつのまにやら娘も小学校最後の年。早いものです。授業参観に行ったら、それぞれの子の自己紹介が掲示されてて、「6年生で一番楽しみなこと」の欄、殆どの子が「修学旅行」って書いてた中で、うちの子は「卒業」って書いてましたですよ。楽しみなのね、卒業が。ほおお。それって小学校早く終わりたいってこと?まぁいいけど。

息子の方は、去年に引き続き、同じ担任の先生。通級指導教室の先生も変わらず。通級の先生が、わざわざ、うちの息子が通級の子だと新担任に認識してもらえるよう、中学校経由で新年度のご案内をくださったのですが(通級は小学校の中にあるので、娘経由で貰うほうが早い)ご配慮頂く必要なかったわ、みたいな。まぁ息子の特性を一から説明するより楽でありがたいけど。いい先生だし。

息子といえば、先日、土曜日授業参観の振替休の日に、友達と映画に行く、と出かけました。何見るか決まってない、と言ってたので、夜、何見たのか聞いてみたら「あやしい彼女」。・・・中学生男子がそんなん見るの?誰が選んだ?とか思って色々聞いてたら、男子だけで出かけたというのは母の思い込みで、男子3人、女子3人のお出かけだったのでした。息子の場合、パシリというか、聞く限り、グループデートって感じではなかったようだけど、へええ、とびっくり。夫は「なんや、デートやったら小遣い弾んでやったのに」とか言ってた。確かにねぇ。名前聞きだしても、誰も顔知らない子たちだった(3人のうち1人は同じ小学校出身だったのに)。残念。

自分の仕事の方は変わりないけど、同じ係のベテラン二人がいなくなってしまい、入社三年目の若い子と、妊婦さんがやってきた。子育てはお互い様なので、順番だよね、とできるだけサポートしてあげたいけれど、彼女が産休に入った後は、ちょっと私の仕事量が重くなるかも…。

そういや、水曜、日帰りで東京に行ってきました。相変わらず、新幹線降りたら地下鉄に乗って、地下連絡通路からビルに吸い込まれるだけの行き帰りで、地面の上歩いてないや。景色だって、新幹線の窓越しにしか見てない。昼はちょっと予定より早めに着いたので(名古屋着いたら一本早いのに乗れそうだったので、急いで指定券を早い奴に変えたの。)、少しゆとりが、と思いつつ、丸の内側に来ちゃったら、どこにご飯食べられるところがあるか分からず、少しうろついた挙句に(こういう時に、スマホを持ってないから情報がないのね)新丸ビルの「点と線」というパン屋さんでお昼。(本当は店名はフランス語。)しかし、残念ながら、肝心のパンが美味しいと思えなかった。なんだろう。味がない。ハード系なのに柔らかすぎ。日本人向きってことなのかもしれないけどさ。ディップが6種類も出てきて、普段、パンにはあまり何も付けない(特にバゲットの場合は。食パンならバターは塗るかな。ナシでも食べるけど。)私には持て余すほどでしたが、ディップはわりと美味しかったのでつけて食べた。ディップの味を全然邪魔しないパンだとはいえます。タプナードが美味しかった。オリーブ苦手な私には珍しく。
で、夜は八重洲側でカレー食べてきた。新幹線の中でお弁当でも良かったんだけどね。
しかし、この出張、思わぬ収穫というか余波と言うかがあり、今日は、朝6時前に息子を送り出して、6時30分から1時間半ほどグラウンドの水取り(昨日雨だったから)をした後、仕事に行く羽目に。やれやれ。
水取りは、スポンジで取るより何かで掬う方が早いっていうか、そうでもしないとやってられない水たまりの大きさで、みんなでペットボトルを切った道具を使って、ひたすらバケツに泥水を移して、無くなってきたら水たまりにスポンジ当てて、吸わせてバケツの上で絞って、で、最後、砂を入れる。体動かすことはあまりないけど、大変な作業ではあります。

さすがに今日は眠い…。
[PR]
by mmemiya | 2016-04-29 21:49 | 日々雑感 | Trackback | Comments(2)

久々のWISC

中1も終わろうとしているこの冬、息子、小3以来の発達検査を受けました。
思えば小3の時も冬休みだった。だからちょうど4年ぶり。

その間に、すっかりWISC-Ⅳが主流になったわけですが、なんとアメリカではもう、WISC-Ⅴになってるんですねぇ。全然知らなかった。
ⅤがⅣとどれくらい変わっているのかは知りませんが(英語で専門情報なんて読もうとする気力・能力はない…)Ⅳはまず、それまでのWISCの象徴的存在だった、言語性IQ、動作性IQという考え方が消えたわけです。
そして、下位検査がいくつか変更され、「知覚統合」が「知覚推理」になったり、「注意記憶」が「ワーキングメモリー」になったりしています。その他、今回、ちょっと本を読む限りでは興味深いのは、GAI、CPIという概念が新たに導入された所と、個人内差の差の大きさについて標準出現率というものが示されているところですかね。ただ、詳しい検査マニュアルとかは、心理検査というものの性質上、素人には入手できない仕組みになっているので、一保護者にはよく分からないところもたくさんあります。

この間の金曜日、東京で一日研修だったのですが、行きの新幹線&昼休みで、「日本版WISC-IVによる発達障害のアセスメント ‐代表的な指標パターンの解釈と事例紹介」という本を読了。
で、GAIとか差の標準出現率とか、興味深いなー、と思ったのですが、私がもらったうちの子の結果レポートじゃ、うちの子がその辺どういう結果なのかはサッパリ分かりません。(GAI>CPI、それもかなり極端な差なのはさすがに想像つきますが、GAIの換算表は素人には手に入らないので…。ただ、この本見てると曲線を描いてるのは確かなので、エクセルで計算できそう、とはちらっと思った。)

※結果説明の時には私はちょっと仕事が立てこみまくっていたこともあり、本人&私の母で結果を聞きにいき、レポートを貰ってきたのです。

まぁ、ちょこちょこ特性とか「言葉による説明のほうが理解しやすいでしょう」とか、見慣れないものを書き写す力の弱さ(板書が苦手)とか、順序だってないと苦手(順唱と逆唱の出来にすごい差がある)とかいうことは勿論書いてあるのですが、信頼区間の記述無しで全検査と各合成得点と下位検査の点数並べられてもな、とか、それぞれの下位検査の正答状況を「問1~12と14は正答」とか書かれても親には何の意味もない情報なんだけど、とか、色々ちょっとこのレポートに不満はあります。
ただ、検査結果は心理士からじゃなく医師からの説明で、息子いわく「先生も結果をちゃんと読んだのはその時初めてみたいな感じだった」って、まぁそうでしょうね。私が結果説明に同席できていても、このペーパー以上の情報は得られなかったことでしょう。
大体さー、各指標の合成得点の開きが、最大で47あるんですよ。3SDだ。それでさらっと「全検査は平均を上回っていました」って書かれても。(注;指標間でこれだけの開きがあると、全検査の値はそのまま信用できないことになっている。で、こういう場合、全検査に代えてGAIの利用を検討したりするはずなんですが。)

「言語理解は非常に高い範囲、知覚推理は平均を上回る」とも書かれてるんだけど、言語理解の下位検査間の得点の開きは最大6点、知覚推理は同7点!です。つまり、全検査と同じくこの言語理解の合成得点も知覚推理の合成得点もそのまま額面どおり受け取るわけにはいかない。(言語理解の方の3つの下位検査は、満点20点で年齢相応10点のところ、一番低い奴でも12点あるので、まぁ、言語能力が高いのは間違いないんだろうけど・・・。)
言語理解の方の下位検査はまぁ何を測ってるのか分かるんだけど、知覚推理の方がよく分からない。
誰か私に、行列推理の点数が積木模様と絵の概念(この二つは同点)の半分しかないってどの辺が弱いのか、どういうことか教えてくれ、という感じです。検査内容とかの詳しいことになると、素人には知ることが出来ない仕組みになってるので(知らせないようにすることの必要性自体は理解できます)、検査をやる人には、こちらに分かりやすいレポートを作っていただきたいものです…。

ネットで、下位検査の名前とかいろいろ入力すると、知恵袋とかいろんな所で保護者が質問してたり、うちのブログでもWISC関係のアクセスがけっこう多いのって、みんな、もらったレポートや報告にいろいろと疑問とかがあるんだよねぇ、きっと。せめて心理士さんから直接結果説明を受けられるんであればもうちょっといろいろ聞けるんだろうけど・・・。
[PR]
by mmemiya | 2016-02-07 17:34 | 子育て、子育ち | Trackback | Comments(0)

この秋の収穫

毎週末毎週末、早起きがツライ今日このごろ。
金曜は久々に知人と飲み会だったのですが、梅酒ロック→冷酒→ハイボール→梅酒ロック→白ワイン→杏子酒ロックとちゃんぽんやって23時過ぎに帰宅して24時頃寝て、翌朝、ちゃんと5時に起きて息子を叩き起こせたのは奇跡。6時に本人だけが出て行けばよかったので、自分の支度はなくてまだマシだったけど。弁当間に合わなくて後から弁当だけ届けたけど(笑)。
この土曜日は、うちの中学での練習試合だったので、息子だけ行かせたのですね。遠くで試合だと、朝6時20分とか30分とかに学校に集合してそこから車で1時間弱移動とかザラ。っていうかここんとこ毎週末そんな感じだった。中学生の練習試合は、自分たちだけで行ける範囲でやってもいいんじゃなかろうかと思うんだけど。そして、人様のお子さんを乗せて事故があってはいかんので、乗り合わせは禁止。禁止って言われても、他の子供の行事とか、仕事とかで、どうしても送っていけないことはある。だから実際はやってますが、学校は関知していないことになってる。
もー、起きれなくて(息子も寝起き悪いから起きなくて)どうかすると、学校への移動途中にコンビニ寄って朝ごはん調達して、で、試合場所への移動中に車中で食べてたりします、朝ごはん。そんでここんとこ、なんだかんだけっこう仕事たまってて、遠征先に子どもおろして自分は仕事行ったりね。
実際、親は、移動手段の提供以外にすることないし。あ、一部のお父さんは審判やってらっしゃいますが、スポ少の頃と違って、テント張ったり、審判にお茶出したりするのも子どもの仕事だからね。

この日曜は久々に練習が昼からで、ちょっとだけ朝寝が出来た。いやー、土曜日、息子6時に送り出して二度寝してたけど(笑)。んで今日は、先週、収穫しきれなかった残りの柿の収穫。先週も半分ほど収穫し、合計、2本で150個ほど。大して採れてません、今年は。それより渋柿がほとんど生らず、昔はわざわざ渋柿買って干し柿作った時もあったけど、どうしようかな~というところ。
昨日はなんだかんだで庭仕事まで辿りつけず(ずーっと前髪が限界だったんだけど、やっと美容院へ行った)、おかげでサツマイモは今日はつる切りしただけでほぼ終了。勝手に生えているプチトマトが芋づるのそばを這いまわっていて、つる切りの時に切らないよう気をつけるのが面倒臭い。でもまだ一月ぐらい収穫できそうだからな、プチトマト。
紫蘇の実ももうほとんど枯れていましたが、ほんのちょっとだけ収穫。小さめのザルに一杯程度。パラパラ漬けを作りますが、出来上がり量はほんとわずかですな、これでは。

12時に息子が出て行った時はかなり暑く(息子はぎりぎりまでつる切りをやっていた)ドリンクに氷入れちゃったし、アンダー半袖で出てった息子でしたが、夕方になるとずいぶん寒くなり、え、あの子、届いたばかりのグラコン持ってかなかったけど、自転車寒いよな、と思ってたら、昨日の朝(6時はさすがに寒かった)着ていた小学校の時のグラコン(中学のグラコンは昨日、親が受け取った)が鞄に入れっぱなしだったので、幸い?それを着て帰ってきたのでした。もう薄暗いしね、5時まで練習あると。

それにしても相変わらずぶっちぎりでベンチを温める(いやまぁ、雑用はやってるんだけどね)息子のために、毎週末、なぜこんなに疲れるのでしょう…。)

[PR]
by mmemiya | 2015-10-25 20:35 | 日々雑感 | Trackback | Comments(0)

なつやすみ

…いつの間にか子どもたちの夏休みも半分くらい過ぎた?毎日バタバタと終わっていくだけなのですが。そして、暑い。連日38度とか、ホント勘弁して欲しいです。

今年は息子が一人で留守番する初めての夏休み。平日は半日は部活がある、とはいえ、週に1日ぐらい休みもあるし、何やって過ごしてるんだか不安なところもなきにしもあらずなのですが、始まりの頃は先輩方が勝ち進んでいたこともあって(最終的には県大会でも健闘)、遠くの会場へ試合に行くため丸一日潰れていることも多く、遊びに行ったりする余裕もなかったようだけど。
でも今週は、一度、10時頃携帯に電話がかかってきて、客先で出られなかったんだけど、後から聞いたところ、急に友達が誘いに来たからみんなで市民プールに行ってもいいか、という電話だったらしい。もちろん、私と連絡が取れなかったら止めるなんて玉じゃないので、この話を聞いた時には「ということで今日、プールに行ってきた」という事後報告でした。誰かの家に上がり込んで遊んでるよりはいいかもしれないけど…。で、していった腕時計(私の父、つまり息子には祖父の形見)が見当たらないとか騒ぎ出し、プールに電話してやろうか、と言ったら、きっとプールじゃない、と。「プール以外にどこに行った?」と問い詰めたら、近所のショッピングセンターでした。校区内とはいえ、子どもだけで行って良かったんだっけ?結局、腕時計は家の中にあったんですがね。

地元の小さな夏祭りとか、ちょっとした夏らしいイベントはあるのですが、私も中々休めず、そして夫が輪をかけて休めない、というか、このところ平日は家で夕飯を食べることがほぼない。あ、でも先週末は子どもたちを花火大会(というほどの規模じゃないけど)に釣れ出したりもしてくれましたね。(私はスポ少時代の母たちで飲み会。)週末は休めてるだけいいんでしょうか。
私は私で、娘を民間の学童保育に預けてる関係で、そこへ寄ってからの帰宅で、帰宅が普段よりさらに遅く、夕ごはんの時間がとても遅くなったりしています。そんな感じで平日はバタバタ、休日も部活やら習い事やらで終わっていく…。

なんとか私はお盆に休めることになったのですが、お盆なんてどこへ行っても混むしね…。ナガシマスパーランド、という案が一瞬子どもたちから出たのですが、お盆の去年の長島の写真(ジャンボ海水プールだと思う)見せたら、娘が「こんなところ絶対行きたくない!!」と絶叫(笑)。温泉でもいい、とか言うので、一週間前で空きがあるホテルなんてあるかなぁ、と検索して、結局、温泉というより「徹夜踊り」メインの旅行と決まりました。夫抜き。そもそも旅行とはいえないな。宿泊先、生活圏内な感じだし(苦笑)。ただ、そのホテルからバスツアーが出て、徹夜踊りに参加するのです。現地を24時には出て帰ってきちゃうので、夜明けまで踊ったりは出来ないけどね。あとは日帰りで私の母が一度連れ出してくれるくらいなんだけど、まぁやっぱ、中学生ともなると中々家族でのおでかけも難しくなる、とよく言われることですがその通りですな。休み明けすぐテストだから、あんまり後半に遊んでるわけにもいかないし。ま、でもこの際なので、移動時間がほとんどないという利をいかし、1泊2日、地元のくせにちゃんと見たことない観光地など見て回ってみようかと思います。

まぁそれにしても、うちの自己コントロールが難しい息子が、夏休みちゃんと過ごせるかしら、というのが一番の心配でしたが、今のところなんとか、午後の部活にも間に合うように家を出ているようです。部活で宿題の進捗状況チェックなどもしていただけるのでありがたいこと。
なんとか無事に、夏が終わりますように。

[PR]
by mmemiya | 2015-08-08 00:00 | Trackback | Comments(0)

それぞれの2ヶ月経過

いつの間にやら、息子の中学校入学からも二ヶ月が経過。予定通り?野球部に入部しまして、まぁ集団生活への適合には相変わらず問題がありますが、部活の中で揉まれるのもそれはそれで必要かなと。上級生とかにからかわれやすいのは間違いないところなので、色々不安はつきませんが。イマドキは部活動も、なんやかや親が手伝わないといけないようで、我々の子どもの頃とは色々変わってますなぁ。

週に一度は部活がない日があり、昔よりは活動時間数が少ない感じはしますが、そんでも、月曜以外の毎朝、6時45分に家を出る寝起きの悪い息子を起こすだけで一苦労。帰宅はほとんど19時近くて、私と変わらないくらい。そんで相変わらず9時半までには就寝してるので、いやー、ホント、平日の息子は、勉強?何それ状態です。先日、中学入って最初の実力テスト、と言いつつまぁ小学校の復習テストの結果が帰ってきましたが、数学の出来が悪くてちょっと驚いた。国語90点あったのに。(「輸送」を「輪送」とか、相変わらず漢字はひどいが。)もっとも、国語は全体の平均点も高かったので、比較的簡単だったのかな。なんか、科目ごとに10段階評価もついてきたけど、国語は「8」で、点数としては国語より低い理科のほうが「9」でした。そして数学が「6」。あれ、この子、数学得意な方だと思ってたのに。ケアレスミスはともかく、どっか分かってない部分があったら困るな。ちょっと間違った問題やり直させないと。とか言いつつ、中々そういうところに目が届かない。

私の方は、何やら突発的に色々起こる部署で、まぁ私の直接の仕事では、そういうことはほとんどないのですが、なんというか、常に慌ただしい部屋でございます。上司が忙しいので、ちょっと相談したいんだけどタイミングが…みたいなところもあり、自分一人がさっさと帰るのも憚られる日もあり(いてもほとんど役に立たないけどね)、娘は前の部署より帰りが遅くなったとぶーぶー言ってます。お兄ちゃんの帰りも遅いし、娘としてはちょっと寂しいのかも。ただ、とうとうテレビが見られるようになったので(ただし、20年以上前のブラウン管テレビで見てるので、画面の左右が切れてます)娘はかなりのテレビっ子になっている。刑事ドラマとかがお気に入りのようです。

息子の課題は勉強する時間の捻出、私の課題は夕飯を作る時間の短縮。いずれも時間管理が課題ってことですか、やれやれ。最近、暑い日が続くので、作りおきしたものも冷まして冷蔵しないと怖いしな~。

暑いといえばクールビズな日々で、最近は、スーツの出番がほとんどない。今日は久々にスーツが必要でしたが、30分ぐらい上着着てただけで拷問のようだった…。今日着用してたのは、オーダースーツの2着目、前回と同じドーメルの中でもアマデウス365という、その名のとおり365日使えるのが謳い文句の生地だったのですが、ま、暑いもんは暑い。
ドーメル社のサイトの生地見本で、私が今回選んだ生地を見つけました。今年、けっこうウィンドペンが流行ってるようだし、涼しげで気に入った生地。
ここの202251という奴です。男性がこんなのでスーツ作るのってなんかピンと来ないけど、と思ってたけど、ジャケット単品とかにもされるようです。もっとも、同じアマデウス365には、ジャケット専用の生地帳も別にあるので、これはジャケット専用というわけでもないらしい。

ジメジメと蒸し暑いこの季節、次にスーツを着るのはいつのことか。2着も作ればとりあえずいいかな、と思ってたら、その店から6月セールの案内ハガキが届き、ちょっとグラグラきていたりもしますが(夫が、クインディチミルミルクインディチがこんな値段は中々ないやろ、とケシカケル、とも言う)いや、いつ着るつもりなのだ、私。ちょっと落ち着け。

[PR]
by mmemiya | 2015-06-12 21:37 | 日々雑感 | Trackback | Comments(0)

卒業・入学・新生活

ブログ書かないでいる間に、息子も娘も最後のピアノレッスンが終わり(まぁ娘の「エリーゼのために」は完璧に仕上がったとは言えませんでしたが…まだ今も時々練習しております。春休みに遊びに行った親戚宅でも披露して、「上手になったねぇ」と褒められた模様。)、そして息子が小学校を卒業して、中学校に入学いたしました。

卒業式で驚いたこと。各クラス、40名程度の子どもがいて、保護者席は各クラス80席設けてありました。で、その席がほとんど埋まっている。お父さん出席率、高い!
かくいううちの夫も、なんとか半日だけ休みが取れたので出席したのですが、同じスポ少にいたチーム13人のうち、9人の父が出席。うちのチームの紅一点は素敵な着物姿だったので、彼女を囲んでチームメイトで撮った写真は、まるで「姫様親衛隊」みたいな仕上がりでした。
うちなんか、中学入ったら制服しか着ないんだし、と、中学校の制服のカッターシャツを着せて、制服のズボンを履かせて、紺色のセーターを着せて、で終わりました。2年後の娘は、今から着物を着ると決めています。何時に支度を始めるの?自分で着付けをする自信はゼロなのですが、そんな朝早くから対応してくださるところってあるのかなぁ。全然知らないや。

小学校を皆勤賞で卒業した息子(忌引とインフルエンザ出席停止あり)は、中学校も3年間休まない、という目標を立てているそうな。まぁ頑張ってほしいものです。

で、入学式は、雨だったし、結局写真も撮らずじまいでした。式終了後は雨が上がってたんだけど、PTA役員決めがちょっと長引き、やっと終わった、と出てきてみれば、うちの息子はなんと、学ランを脱いだあとだった…。さすが我が息子。(学ランの下にはジャージを着て通い、学校へ着いたらジャージになるのがうちの中学校の決まり。)式後の学級活動では、隣の席になった初対面の男の子に色々語りかけてるし、まぁ先が思いやられる息子です。これまでは、昼に携帯が鳴り出し、表示が「小学校」となってると、また何!?と怯えたものですが、これからは中学校という表示に怯えることになるのですね・・・。

そして実は私も4月1日から新しい部署に配置換えになりまして、こちらも新一年生みたいなものですな。日中はなかなか自分のことで手一杯で、新生活の子どもにちゃんと目配りできていないのではないか、ちょっと気をつけないとですね。






[PR]
by mmemiya | 2015-04-12 12:00 | 子育て、子育ち | Trackback | Comments(2)

インフルエンザって

子どもの頃、こんなにかかるものでしたっけ、インフルエンザって。

金曜日、習字が終わった娘を迎えに行ったら、「今日、隣のクラスが学級閉鎖になった。うちのクラスも7人休んだので危なかった」との話が。

…前は、学級閉鎖が出ると、お知らせメールが来たんだけど、今シーズンはなぜか、メールをしないことにしたようで、前にも他の学年で出てたの、ちっとも知らなかったんだよね。
それはともかく、この土曜は授業参観だったのですが、行ってみたら娘のクラス、空席が13も!(算数の授業だったのだが、後で、2人は算数の時はいつも別クラスにいると娘に聞いたので、欠席は11人でした。)どうも、授業参観で短縮授業だし、この後2日間休みだし、で、学級閉鎖を見送ったらしい。しかし、うちの娘もなんか元気がなく、終わって出てきてみると目がうるんでる。額に触ると熱がある。
あちゃ~、と思ったんだけど、私は来年度の役員ぎめがあり、ひとまず夫に託して自分は学校に居残り。夫に、土曜午後に診療してくれるところを探しておいて、と頼んでおく。役員には選ばれず、小一時間で帰宅すると、娘は昼寝中。熱が38.7度。どう考えてもインフルエンザだろうなぁ、の状態。
夫がネット検索して、17時からみてくれる内科がある、と言うのだが、娘が起きてきたところで医療機関案内にTELして聞いてみたら、今現在(そのとき、16時ちょっと前)で診察中の小児科が。あそこなら、もう何年もかかってないけど、一応診察券あるな、と思いつつ、電話してインフル疑いを告げると、「何分で来られますか」と聞かれ、「15分」と答えたら、じゃあ15分後に予約を入れますのですぐ来てくださいと。受付で名乗ったらすぐに通されて、問診等の後、インフル検査して、別室で結果待ち。もしかして早すぎて反応でないかも、と思ってたけど、しっかり検査結果もインフルでした。

それにしても、うちの娘、小1,小2と続いて、これで小学生になって3回めのインフルエンザなんですよね。えーっと、息子は何回やってるんだ。2年前の時は息子が先だったな。低学年の時にもあったような気もする。ともかく、私達が子どもの頃って、まぁ、迅速検査キットなんかなかったので「これはきっとインフルエンザ」って診断されてたわけですけど、それにしても、そんなにしょっちゅう罹ってたって記憶はないんだよなぁ。覚えてないだけか?それともやはり、毎年学校で全員受けた予防接種が、それなりに効果をあげていた、ってことなんだろうか…?

[PR]
by mmemiya | 2015-02-15 20:08 | 子育て、子育ち | Trackback | Comments(0)

43歳の誕生日祝い

f0060710_20301265.jpg
先週は、スポーツ少年団の卒団旅行で、一泊二日で三重県へ。
朝の8時前から車中で飲み始める人がいっぱい…という、飲んだくれ旅行、と言ったら悪いか。
火力発電所を見学し、昼は焼肉食べ放題の飲み放題、みえ子どもの城に立ち寄って、鳥羽で一泊。夜ももちろん飲放題付きの宴会。
そして、お風呂入った後、部屋飲み。私もワイン一瓶と梅酒の小瓶とつまみ多数を抱えていきましたが(一泊だというのにかなり大きな荷物)まぁ、みんな、大量に酒持ってくること持ってくること。子どもは子どもだけの部屋だったんでもちろん大はしゃぎだし(うちの息子は4時まで起きていたらしい…)大人も2時過ぎにお開きにするまで飲んでたという。
翌日は鈴鹿サーキットへ。夫は娘を横に乗せて、F1のコースを一周。(これはパスポートとは別料金。)息子は子どもだけで行動してたけど、バイクとかカートとか色々乗ってたとのこと。カートは娘も乗りましたが、小3から乗れるもので、講習受けてヘルメットかぶって乗るものです。最高時速25キロだったかな、なにかトラブルがあると遠隔操作でスピードが落ちるのですが、基本は自分でアクセル踏んで運転するのです。そりゃ、子どもには楽しいよねぇ。
更にスピードが出せるカートもあるんだけど、そちらは運転免許証を持っていない場合、有料講習を受けて合格しないと乗れないものなので、今回は時間的にもちょっと無理でした。でもさすが鈴鹿サーキット、小さい子が乗れる乗り物もたくさんあって、ちびっこから大きい子たちまで楽しんだようです。
で、まぁ総体的には楽しい旅行だったのですが、さすがに土日がほぼ全て潰れると疲れる…。おまけに私、普段はあまりない、泊まりがけの出張を、この旅行前の木・金、旅行後の火・水としておりまして、今週はなんだか長かった…。(さらにおまけに、木曜は新幹線の遅れに巻き込まれ、間に合いはしたもののバタバタ。滅多にない公共交通機関使用の出張の時に限って、大雨で交通機関が止まったり、踏切事故で列車が運休になったり、などという目に遭い続けてるもんで、職場ではすっかり「miyaさんが出張すると必ず何かトラブルが有る」と言われるまでに…。火・水の千葉とかは無事に行ってきたんだもんねーだ。)

そして、卒団旅行の二日目は、夫の誕生日。そんなことでちゃんとしたお祝いもできていなかったので、今日は娘が約3時間をかけて「牛肉の赤ワイン煮込み」を作りました。使いかけの赤ワインを使え、とリクエストがあったため、私の料理本から選んだもの。アシスタントだったはずの私は、途中からほぼ完全に昼寝しており、煮込みもサラダ(ブロッコリーを茹でて、プチトマトとアボカドとを混ぜた)も、ほぼ娘が一人で作りました。(私がやったことといえば、肉を焼いたフライパンにワインを注いで焼き汁を溶けこませて鍋に移すことだけ。うちのフライパン、ロッジのスキレットなので重くて、これはちょっと娘には大変。)いやー、私は小4の頃、こんなことしたことないです。我が娘とは思えぬ素晴らしさよ。




[PR]
by mmemiya | 2015-01-31 20:41 | 子育て、子育ち | Trackback | Comments(0)

耳…

昨日、娘が珍しく、耳掃除に同意したので、掃除したら、けっこう大きいのが取れました。
っていうか、夫が取りました。
ピンセットの技術、オットに全然かなわないので、結局毎度、途中で夫に交代してしまうんだな。

3連休の初日は寝ていたら午前中は終ったに等しく(娘のピアノには行ったけど)午後から名古屋でスーツのオーダーして終わり。夫がスポーツ少年団の卒団式打ち合わせ兼飲み会だったのと、帰宅が遅くなっちゃったのとで、子どもたちと私も外食;

昨日は子どもに宿題やらせて、昼からスポーツ少年団の炊き出しへ。5年生の父母が他の学年を接待するイベントなので、去年は朝から豚汁作ったりあれこれ準備でしたが、今年は昼に行って、食べて帰ってくるだけ。
日本酒をちょっと飲み過ぎて(夫が、自分に注がれたのを私に寄越したせいもあるのだが)16時近くに帰宅した後、完全にダウン。子どももしっかり食べていたので(子どもには丼、大人にはうどんが出たと思っていたら、息子いわく、丼とうどん、両方食べたらしい…)夕食抜きになってしまった…。

今日は、朝から掃除して、ケーブルテレビの人が家に来て(地上波デジタルになってから、ずっと映らなかった我が家のテレビを、とうとう映るようにする予定…。子どもは大喜びです。当たり前か。)、昼は鏡開きをして、でも、15時には夫の実家に呼ばれてそちらでも鏡開き;お餅食べ過ぎて胃が重い…。(だからうちのは止めようと思ったのに、息子が両方食べるとか言い出すので…。)

そして、平日になかなか出来ない耳掃除を、息子もやってもらったら?と促したが、耳掃除キライな子なのでだいぶ抵抗。しかし、半ば無理やり、夫に掃除してもらったら…幅5ミリ、長さ2センチぐらいのものが、二つも取れる始末。(他にももう少し取れた。)うちの子達の耳って、自然に外に出てくる作用があまり働かないのかなんなのか、特に息子は、完全に耳の穴にへばりついている、という感じです。(今回も、穴に沿った形の耳垢が取れた…)これでよく、音とか聞こえてるもんだ、とある意味関心。この時期の耳鼻科、インフルエンザを拾いそうでついつい足が遠のいてしまっていて、耳掃除がしばらくご無沙汰だったことを反省…。
[PR]
by mmemiya | 2015-01-12 21:23 | 子育て、子育ち | Trackback | Comments(0)