La Lune Lunatique

mmemiya.exblog.jp
ブログトップ

道を歩いて逮捕される理由

<誤認逮捕>旅券不携帯で逮捕の女性、実は日本人

街を歩いているのは、(いやな言葉ですが)健常者ばかりでしょうか。
日本人は全員、日本語を流暢に話すのでしょうか。

そんなことよりも何よりも、外国人と判断すると、なぜ逮捕ということになったんでしょう。
どういう理由で職務質問したんでしょうか。
近くで何か「東南アジア系の女性がおこしたと見られる事件」でもあって、容疑者を探していたんでしょうか。
そのあたりの、そもそもなんで逮捕ということになったのか、その経緯を説明して欲しいですよね。

今回は、たまたま「誤認」逮捕だからニュースになったわけで、きっと、こういう容疑で逮捕されて、その後、滞在許可があることが証明できて釈放された人なんて、ごまんといるんでしょうね。

「その女性も女性だ」というコメントもいくつか見ましたけれど、それは自分がいわゆる「弱者」ではないという自信(根拠のない自信だと思いますが)のある人ができる発言ではないでしょうか。
コミュニケーションに障害のある人は、おちおち街も歩けない。日本に帰化した、「いわゆる日本人らしい」顔をしていない人も、うかつに街は歩けない。
そんな窮屈な社会に、暮らしたいんですかね、みんな。

もちろん、外国人というのは、所詮、歓迎されない存在ではあります。それは、程度の差はあれ、おそらくどこの国でも同じなのではないかと思います。
イスラム圏の出身らしい風貌の人がテロリストではなどと警戒されたり、なんてこともあったし、アジア系の犯罪が多発すれば、あなたも、私も、どこかの国で突然、パスポートを見せろと言われ、逮捕されるのかもしれません。
というか、どこかの国じゃなく、自分の国で逮捕されちゃったというのが今回の話の救いようのないところなのですが、私もフランスじゃあ、よくヴェトナム系かとか言われたし、日本人に「韓国人ですか?中国人ですか?」とフランス語で聞かれたこともあります。

滞在許可証を持ち歩く義務はあったんですが、スリにあったら、とか思うと、実のところ、私はフランス滞在中、滞在許可証を持ってないときの方が多かったです。それで逮捕されても文句は言えないということは知ってはいましたが、今から考えると、やっぱり甘かったですね。

それでもやっぱり、自分の国は、できれば滞在許可証なしで街を歩いている、というだけで逮捕されることはない、事実確認にはそれなりの時間と手順を踏む国であって欲しいと思います。それは結局、例えばいつか声を失ったり、認知症になったりするかもしれないあなたや私が住みやすい国ではないか、と思うから。
[PR]
by mmemiya | 2006-02-28 21:32 | 日々雑感