La Lune Lunatique

mmemiya.exblog.jp
ブログトップ

寸暇を惜しんで本を積む

週末は、夫の誕生日祝いにチーズケーキを焼き、ピザを作り、近くのもちつきイベントに行った。
ピザは、発酵が心配だったが、湯煎しておいたらまぁまぁ膨らんだ、かな。とりあえず、昼食後、もちつきに行く予定だったのと、ケーキもあるし、ってんで、強力粉250g(参考にした本の4分の1の分量)で作ったが、これだけで昼食にするとなると、倍量はいるかも・・・。

もちつきは、つく方よりも食べる方に並ぶ人が多く、なかなか餅がつきあがらなかった(し、やや、つき足りないのもまぁご愛嬌)が、先に餅つきの列に並び、その後、すっかり長くなっていた食べる方の列に並んだ我々も、なんとかお餅をいただけた。クイズに答えてお菓子をもらったり、子どもはすっかりご機嫌。夫は、餅が全然足りなかった、というけど、まぁ、無料のイベントで文句を言っては罰が当たります。

土曜日に、また、魚屋で魚を買ったので、土曜はめばるの煮つけ、日曜は、檀流クッキングを参考に、あなご丼。特にあなごは子どもにも好評で、恒例の娘の「また作ってね」が出たのだが、それは、面倒云々(アナゴの照り焼きをご飯に挟み込んだあと、蒸す、という工程が入るのだが、我が家じゃ丼四つも一度に蒸す鍋がない…)よりも、アナゴが次にいつ手に入るか、だな。
それにしても現金なものだなぁ、と思うけど、この魚屋で魚買ってきて料理すると、4歳児でも、骨がどうとか文句も言わず、全部、自分でなんとかして食べます。身をほぐしてくれなどと言いません。子どもも好きそうな魚(うちの子らは青魚が苦手だ。食べさせるけど。)を割と選んでる、というのはあるにせよ、なんて分かりやすいんだ、と感心。息子のメバルの煮つけなんか、ほんとわずかな骨しか残らなかったよ。

ところで、うちの息子は、相変わらず、登園の車の中だの、風呂上りのパジャマを着る間だの、ホントにところ構わず本を読みます。(今日も、娘を連れて行った医者の待合室で、診察終わって帰りたいのに「あとちょっと」と本を読んでいた。インフルエンザの人もいたんだってばさ、早く帰りたいよ、私は…)と言うと、いいじゃない、本を読むなんて、と言われたりしますが、まったく同じような子ども時代を送り、「寸暇を惜しんで本を読むな」と叱られて育った私に言わせりゃ、それは単なる病気です。別に、本読むのが、他の何かをするより上って訳じゃないし。別に、直接、勉強とかに結びつくわけでもないよ、多分。雑学的知識は増えるかも、だけど。

私がこのところ読みかけている本(の一つ)は、「労働ダンピング」という本なのですが、ううむ、これは、読んでいるとどんどん暗い気持ちになってくる。この本が出版された時期というのは、景気が回復傾向にある、と言われてた時期で、「この機を逃さず労働事情を改善しないと」みたいなことが巻末に述べられているんですが、この機を逃すどころか、未曾有の大不況に突入しちゃってる感じだしなぁ…。でも確かに、「時間外労働をしまくり、家庭との両立なんてとんでもない正社員」か「時間的には家庭と両立できるかもしれないが明日をも知れない不安定雇用の、法定賃金すれすれかそれ以下の非正規社員」の二者択一しかない労働市場なんて、どちらも病的ですわな。そのどちらもが「ダンピング」であると言われれば、本当にその通りなのですが、かといって、じゃあ、この状況をどう打破できるのでしょう。
市場主義、改革派のブレーン的存在だった中谷巌(昔、入門マクロ経済学は読んだが、何一つ頭に残っていない…)が改心した、とかいう話は、明るい材料足りえるのでしょうかね。所詮は机上の話か。

っつーことで、最初、中谷氏の本を買おうかな~と思っていたが、どうも、書評を読む限り、まぁ、わざわざ買うほどのものでもないかも、と思い至り、今は「日本の「安心」はなぜ、消えたのか」という本が気になる。なるけど、まだ、買って読んでない本が山とあることを考えると、私は、寸暇を惜しんで積読の山を築いているだけかもしれませぬ…。やはり、手元に何か新しく読むものがないと落ち着かない(でも、新しいものを脇に置いておいて、古い本も繰り返し読む)というこの病は、一生治りそうにありません。
[PR]
by mmemiya | 2009-01-26 23:56 | 日々雑感