La Lune Lunatique

mmemiya.exblog.jp
ブログトップ

テレビが見れなくても別に構いはしないんだけど…

テレビをつけると、片隅にずっと「アナログ」という目障りな文字が出る。
まぁ、それはいいんだけど、2011年つったって、まだもう少し時間はあるし、なんて、私は至って悠長に考えていた。

ところが、もしかしたらうちは、このままだと、たとえ地デジ対応チューナーを買っても、2011年が来たらテレビが見られなくなるかもしれない、ということに、最近、やっと気がついた。

我が家のすぐ近くには、10年ほど前に建ったマンションがある。
この建物の陰にあるお陰で、我が家(を含む何軒か、だろうが、正確にどの家とどの家が…なのか、私は知らない。これまで、屋根にアンテナのない家をわざわざ数えたりしたことなかったし)は屋根にアンテナをつけてもテレビが映らない。で、いわゆる共同アンテナでテレビを視聴している。

まだ、地デジチューナーやら地デジ対応テレビなどを入手していないので、100%断言は出来ないが、多分、この共同アンテナ、地デジには対応していない。
となると、共同アンテナをなんとかしないと、いくらテレビかチューナー買いこんだって、地デジは見れないわけだ。
なんとかするのにいくらかかるか分からないが、これをマンション(建設会社)に負担を求めることが出来るかっていうと、出来ない気がする。今の共同アンテナは「これまで見れていたテレビ放送が見れなくなった」から、建設会社が負担してつけたのだろうと想像するが(当時のこと知らないので)、今度は「今まで見れていた地デジが、マンションが建って見れなくなった」じゃないんだもの。
地デジに関しては、現に各家庭がそれぞれ(テレビ見たいなら、だけど)出費を迫られていて、うちの地域だけ、マンションに負担してもらう、ってな理屈は成り立たないだろう。(それとも、アンテナ更新費用が、一般家庭に必要な出費より相当高額、となれば話は別だろうか?)となると、隣近所で話をまとめて業者決めて費用分担して、場合によってはマンション側にも一部負担を求めて…って話は誰が仕切るんだ?班長?班の全員に関係ある話ではないかもしれないのにそれも違うような。
(ちなみに、マンション側の住民も含め、この共同アンテナの問題に誰かが気づいているかどうかもまだよく分からない。)

大体、うちの近所の過半数は、我々の親ぐらいの年代の人が世帯主で、この状況を説明して理解してもらうだけでも、すんごい苦労しそうな気がする。大体、私だってちゃんと理解できてるわけじゃないんだから。

私自身は、テレビが見れなくなってもあんまり困らないとは思うんだけど、子ども達は納得しないだろうなぁ、やはり。
ま、いざとなれば、現在、インターネットとIP電話だけ契約しているケーブルテレビ会社との契約を変更して、ケーブルでテレビ見ればいいんだけどね。毎月、新たな費用が発生しちゃうけど…。
(あと、一応、これまでアナログ派が見れなかった場所でも、デジタルなら見れる、という可能性が、あることはあるらしい。電波が受信できてるのかどうか、電器屋さんとかに頼んで調べてみなきゃ分からないわけだけど。)

なーんか、いよいよアナログ波停波、さて地デジ対応テレビをやっと買ったぞ、みたいな土壇場になって「なんだ?ちゃんとテレビ買ったのに映らないぞ!」みたいな騒動が近所で巻き起こりそうな気が…。3月の班の総会でちらっと聞いて見たほうがいいのかしらん…。
[PR]
by mmemiya | 2009-01-31 09:17 | 日々雑感