La Lune Lunatique

mmemiya.exblog.jp
ブログトップ

夫に対する誤解を解く。

兼ねてから、密かに、ウチの夫はちょーっと思いやりに欠けるんじゃないの?と思っていたときがあった。

なにしろ、私が体調悪くて食事つくりも億劫…なんてときに、「どーんと肉でも食うか?」とか言い出すんである。
こんな時にそんな食欲があるかっての。なんて想像力のない…、と、密かに思っていたわけだ。

しかし、それがこのほど、誤解であることが判明した。

この間の土日は、私だけでなく、夫の体調も今ひとつで、いっそ外食か、と夫が言い始めた。最終的には、冷蔵庫にちょこちょこ残ってるものを食べないと、ってのと、着替えて外に行くのさえ億劫、外食でそう食べたいようなものもないし…みたいなことで、簡単なものを作って済ませたのだが、なにしろ、体調が悪い筈の夫がチェックし始めたのが、ステーキだのなんだののページなんである。
聞けば、夫は、体調が悪くても、よほどのことでない限り、そういうものが食べられるらしい。っていうか、そういうものを食べて元気をつけねば、と思うらしい。(ちなみに、夫は今回、おなかの調子もイマイチだった筈なんだけど…?)

いやー、人によって、ものの感じ方ってのは、やっぱ様々なのね。

でも私は、体調悪い時には、あっさりしたものしか食べられません。子どもにも、体調悪い時に食事の無理強いはしない。(一食抜いたぐらいで栄養失調なんてこと、ないですからね。あー、あと、吐き気のある子どもが戻してしまった時は、脱水を心配してすぐ水分を摂らせても結局また吐いてしまうので、少し、様子見た方がいいですよ。)
ということで、夫は何食べてもいいけど、私にはおかゆ作って欲しい。体調悪い時にはね。

そーいや、なんか矛盾するようだけど、二人目の出産後、病院から自宅に戻ったとき(里帰りっていう奴をしなかったので、夫と私と子どもだけね)最初に夫が作ってくれた食事が、暑いからってそうめんとトマトだけで、あれは、「こりゃやっぱり夕食宅配頼まないと…!」と、注文電話を入れるに充分な出来事であった…。(割高そうだし、自分が適当に作る、と、夫は夕食宅配に乗り気じゃなかったのです。しかし、こっちは母乳もやらなきゃいかん身で、もうちょっと何か食べなきゃやってられませんぜ、ってのが正直なところでした。)

相手の身になって考える、というのは、本当に、言うのは簡単だが、その相手が自分と同じような思考回路を持っているとは限らないので、ホント、難しい…。結婚10年目突入を目前にして、ようやくこんなことが分かるようでは…まだまだこの先、驚くことが色々あっても、ちっとも不思議じゃあないですね。だから面白いんだけど、勿論。
[PR]
by mmemiya | 2009-12-16 22:53 | 日々雑感