La Lune Lunatique

mmemiya.exblog.jp
ブログトップ

ビズという習慣

子どものほっぺにちゅ!をする母が、私だけではないと知って安心しました(笑)。しかし、保育所でのお別れ時にそれやってる母は、やっぱり多くはないんじゃないの?という気もする。
ブラジル人のお母さんが、投げキッスしてるのなんかも見るけどね。

ちなみに、娘と私がやっていると、息子も(ちょっともじもじしながらも)自分もやって欲しそうにします。小学2年生、まだまだ可愛いもんです。(まぁ、うちの息子は、人前で未だに抱っこをねだる甘えたがりですが…。)

ちなみに、私と娘は、たまに、「フランス人のあいさつ」もやります。左右のほっぺにそれぞれキスする奴ですね。キスと言うか、頬と頬を軽く触れ合わせて、口で音だけ出したりもするんだけど。このあいさつをフランス語では「ビズ」と言います。
いわゆる「ハグ」は、少なくとも私は経験ない。あれはアメリカっぽい気がしますがどうでしょう。

じゃあヨーロッパならどこでもビズをやるか、というとそうでもなく、ドイツ人は、家族以外の人とはこの種のあいさつを(めったに)しないそうです。ドイツ人がこのフランス人の習慣を、さも軽蔑しきったように語るのも聞いたことあります。
検索してみると、北欧もあんまりしないらしい。イギリス人もあんまりしないのかな?なんとなく、判るような気もしますが。

国によって、回数も違うそうな。パリでは通常、左右1回ずつの計2回だと思うんだけど、フランスでも南の方へ行くと回数が多いとも聞きます。実地に確かめたことはない。(ネット上には県別の回数統計があった!けど。)オランダは3回だとか。

フランスでは原則、男同士はやらないと思いますが(女性同士、男性と女性では、親しければ普通のあいさつ)これも、南仏では男同士でもすることがあるとか、アラブの人は男同士でもやるって聞いたな。ネット検索すると、イタリア人も男同士でもするそうです。

あと、どういう時にするのか、ってのも、国というか文化によって微妙に違うみたい。「久しぶりに会った時」なのか、「毎日会ってても毎日」なのか。フランスは後者の方ですな。ホームパーティなんかの場合だと、まず、最初にようこそのビズ、帰りにさよならのビズ、とかね。私はフランスの会社の状況を良く知りませんが、通常、出勤してきたら同僚とビズ、帰宅する時もビズ、らしいです。毎日毎日。

誰とするのか。あんまり、初対面ではやんないですかね。でも、友人の友人だったりすると、初対面でもありかも。若い人だと特に。

あとは、右から来るか左から来るか、たまに戸惑う時もあります。大抵の人は右からじゃないかと思うが、フランス人でもまちまちのような。ハンガリーは左からだと、これまたネット上に書いてありました。そうだっけ?ハンガリーの女性とは、何回かビズしたことあるけど、思い出せないな~。(脇で見ていた日本人男性が驚いていたことだけをはっきり覚えている。この日本人男性、アメリカ生活経験がある人でしたが、アメリカではやらないのかな?ハグせず頬と頬だけ寄せ合うってのが、逆に妙な感じだったりするんだろうか。)

実はね、その文化圏に暮らしてる人にとっても、けっこう、難しいらしいですよ、適切なあいさつ。
youtubeをbiseで検索すると、色々面白いものに出会えました。フランス語のものがほとんどなので、分かりにくいかもしれませんが、こんなのとか、面白かったです。



これはまぁ、とりわけ外国人は戸惑うものだ、って話なんですけどね。
4点、問題があります、と言ってます。「いつ」「誰と」「どうやって」「何回」。特に「何回」はフランス人にとってもけっこう難しいらしい。そういう意味では、我々は「外国人ですから~」ってのが通用する分、気楽でいいかも。

追記:英語交じりなので、こっちの方が雰囲気が伝わるところもあるかな?パリは4回、ってのは、えー?という感じですが。


[PR]
by mmemiya | 2010-06-20 21:34 | フランス関連