La Lune Lunatique

mmemiya.exblog.jp
ブログトップ

久々に発熱

6月は二人揃って皆勤賞でしたが、日曜からちょっと鼻水を垂らしていた娘、鼻水→咳となり、今日は11時前に「8度3分のお熱があります」の電話。

このところ、気温差が激しかったし、風邪の一つもひきますわなぁ、そりゃ。
かーっと暑いかと思えば大雨だし。それにしてもいつ梅雨明けするんでしょ。私は今年、梅干は作ってない(青梅のシロップと小梅のカリカリ漬けだけが今年の梅仕事。)んですが、梅干を漬けている人は、ちょっとお天気にやきもきしているのでは。

さて、迎えに行ってみた娘、食欲もまぁまぁ、元気もあり、仕事なしでホームケアできるのであれば、医者に連れては行かないレベルなのですが、やむなくそのまま小児科へ。

といっても、かかりつけ?の小児科が水曜休診のため、病児保育でお世話になっている病院の小児科へ、初めて連れて行ってみました。
いつもは、病児保育のスタッフの方が付き添って受診しているのですが、自分が行ってみて知った衝撃の事実。
す、すごいお年を召した先生…と思ったら、首から提げていらっしゃる名札?に、「昭和2年生まれ」と書いてあります。(ちなみに女医さんです。)
掲示を拝見すると、基本的に、この先生ともうお一方別の先生が交代で診察を担当され、でもって大学病院からの派遣の先生の日が1日、という感じのようですが、あー驚いた。

あちこち丁寧に見ていただき(打鍵器なんて小児科で使われるのを見たの、初めて…)まぁ、喉もそんなに赤くないし、ちょっとした夏風邪でしょう、ということで、その場で念のため、翌日の病児保育を予約して、息子を迎えに行き、帰宅。
まぁ、ともあれ軽い風邪で終わりますように。来週末は家族旅行で初めての海へ行こう!と計画しているし。

しかし、ここで、「息子を迎えに行く」を優先したばかりに(毎月第三水曜日は「保育士研修会」ということで、強制ではないが、可能な限り13時までに迎えに来るように、となってるのです。で、たまたま今日は第三水曜日だった…)またも、調剤薬局を探してさまよう羽目に。
(連れて行った医者が、家と反対方向だったので、戻る気になれず…)

小児科や内科が水曜で休診のところが多く、その隣に建つ調剤薬局も、やっぱり休診。とある医院(医院自体は休診)の脇の調剤薬局がやっていたので、飛び込んでみたところ、一種類だけ薬を置いていなかった。
しかし、なんと!「お急ぎでなければ、夕方までにお届けしますよ」って。お薬のお届け、なんて、初めてなんで面食らってしまいました。が、他を当たるのも疲れてきたので、「ちょっと遠いんですけど(と住所を説明)」「大丈夫ですよ」というやり取りの後、ありがたくお届けいただくことに。

…その費用は何も言われなかったのですが、そういうコストはどこから捻出してるんでしょう?
隣の医院が休診日だけあって、開店休業状態、な調剤薬局さんでしたが。

ああ、やっぱり院外処方はめんどくさい・・・
[PR]
by mmemiya | 2006-07-19 14:48 | 子育て、子育ち