La Lune Lunatique

mmemiya.exblog.jp
ブログトップ

カタカナパズル?

「トーマス」とか「エドワード」とか、特定の字は読めるものの、読めるカタカナはごく限られているように思われる息子。

ひらがなは3歳の誕生日頃から、ひらがなジグソーパズルでぼつぼつ覚え始め、数ヵ月後にはすべて読めるようになっていたので、カタカナも同じようなおもちゃがないかしら、と思っていたのだが、なかなか適当なものがなかった。

百円ショップで、カタカナパズル?みたいなものがあるのは前に見つけていたのだが、先週末、たまたま百円ショップの隣の店に行ったので、ついでに息子を連れていき、これ欲しい?と聞いたら欲しいというので買ってみた。ア行からナ行までで1セット、という風なので、文字全部揃えると、税込み210円なり。
お風呂場で貼って使える、とか書いてあるけれど、風呂場が恐ろしいことになりそうで、それは息子には秘密。

ジグソーパズルじゃないんだけど、それが返って、並べ替えには都合が良く、本人は早速、文字を並べて「ウルトラマン」とか作って喜んでいる。ンとシとツとソあたりはかなりあやしそうだけれど、見てると、あれ、案外、カタカナ覚えているんだなぁと驚かされたりする。

無理強いするつもりはないんだけど、と言いつつ、こんなのを与えてみたり、百玉そろばん買って(もらって)みたり、矛盾というか、自分でもまだ、お勉強へのスタンスが決められないでいる。
夫の実家はなにやら熱心なんだけどね…。甥っ子とかも勉強しなさい!とけっこう言われてるし、そういえば、うちの息子が3歳何ヶ月かの頃、遊びに行ったとき、義母がひらがな積み木を見せては「これは?」「これは?」と息子に答えさせ、ひらがなぜーんぶ見せて、最後に、「よし、24個読めた」とかつぶやいていたなんてこともありましたっけ。それはなんか、義母が余りに真剣なのがおかしくて笑っちゃったんだけどね。

私も勉強、勉強、と五月蝿い母になるのかしら…。私自身の親はまったくうるさくなかったので、あんまりそうはならないような気もするけれど、しかし一方で、あれこれよく吸収する時期に教えたほうがいいのかしら、なんて思っちゃったりもするのが親心…。難しいですなぁ。
[PR]
by mmemiya | 2007-02-08 23:21 | 子育て、子育ち