La Lune Lunatique

mmemiya.exblog.jp
ブログトップ

おっさななじみのおもいでは~♪

あーおいレモンのあじがする~♪

と、「幼馴染」という単語を聞くと、思わず歌ってしまう私ですが(だから年齢を詐称してるって言われちゃうんだよな)、しかし、「幼馴染」の定義って、改めて考えると何なんでしょうね。

というのも、毎週土曜日、子どもと一緒にNHK教育で「MAJOR」というアニメを見てるんですが、そこに出てくるヒーロー&ヒロインが、「幼なじみ」と、何回も言われてるんですよ。
あー、アニメの方で言ってたかどうかは分かんないけど、原作マンガの中では、周りだけじゃなく当人たちがそう言ってる。

・・・なんだけど、このヒロインって、確か登場は小学生も後半では?と調べると、どうも、小4かな。
うーむ、そんな年に初めて出会った相手を「幼なじみ」と呼ぶかなぁ…。と、どーも違和感があるのですよ。まぁでも、転校とかしてきた訳じゃないんだから、前から同じ小学校か。うーむ、それならまぁ、おかしくはない、のかなぁ。でも、お互い相手の存在を認識したのが小4だとすれば、どうも、私の中では「幼馴染」という定義と違う気がするんだけどな。

じゃあ、何歳から知り合いなら幼馴染だ、と言われると、はっきりわかんないのですが、小学校へあがるかあがらないかぐらい?
私、自分には「おさななじみ」なんていないと思ってたんですよ。小学校時代の友人で今でも友人、って子はいるけど、小学校低学年の頃に親しかったって記憶がイマイチないので(まぁ私は幼稚園から小4ぐらいまでの記憶がほとんどないんですが)、2クラスしかない小学校だったから、小1で同じクラスだった確率は50%だけど、自分の中では彼女を「幼馴染」と定義してはいなかったわけですよ。

となると、知り合った年齢に加え、その幼い時点で親しかったかどうか、というのもキーポイントかな、私の中では。メジャーの「幼馴染」発言に今ひとつなじめないのはそれかしら。

小学校1年から高校まで一緒だった、というだけなら、何人も顔が思い浮かぶけれど(一人とは年賀状のやり取りが続いているが、あとはみんなどうしているやら)彼らの今の知人に自己紹介するとして、「幼馴染です」とは、言えんなー、絶対。
まぁ、幼馴染の恋、などというのは、たけくらべの昔、いやもっと昔?から、恋愛小説の定番設定なわけですが、実際問題として、皆さん、そんな幼馴染なんてのがいるんでしょうかね?小さい頃に遊んだことはあるかもしれなくても、それこそ小学校高学年ぐらいには、性別が違うと疎遠になってもおかしくないような気がするんだけどなぁ…。ちょっとその言葉には、ドリーム入り過ぎてるんじゃないでしょーかね。

ま、幼馴染かどうかなんてことは、現実のケースでは、当人たちがそう思ってるなら、それでいーんでしょうけどね。

別に野球が取り立てて好きでもなし、20近く年の離れた(って改めて書くとうーむ…)ヒーロー(でなくても他の男子でもいいわけだが)に入れあげるにはこちらが年食いすぎてて、やはりキョーミはないし、ではありますが、原作をぱらぱら読むと、試合の行方&ヒーロー・ヒロインの若く不器用な恋愛の行方を見守るおばさん気分はそれなりに盛り上がったりします。あー、つくづく年取っちゃったよなー、あたしも。
[PR]
by mmemiya | 2007-05-22 23:10 | 日々雑感