La Lune Lunatique

mmemiya.exblog.jp
ブログトップ

旅行記その2 2日目の散策


翌日は、朝から雨は上がっていて、パンと目玉焼き、きゅうりとトマトのサラダという簡単な朝食後、おにぎりを握って枝豆をゆでてお茶を水筒に詰めて、さあ出発。おにぎりの海苔忘れてきちゃったけど…。子どもたちは、自分の分のおにぎりは自分で握りました。まぁ、あんまりちゃんと握れていないんだけど、ラップに包んだまま食べるので、多少ぽろぽろ崩れても問題なし、ということで。

一昨年は、八島湿原を一周したのですが(この時1歳の娘は夫が背負子でせおってました)、今年は、白樺湖のそばから車山へ登ってみました。といっても、山頂まではちょっとあきらめて、ちょうど車山高原のリフトが到着するあたりまで。
途中、おにぎりをほおばった時間も含めて、大体3時間ほど歩きました。なだらかな道が続くので、子どもにも歩きやすいとはいえ、娘がここまで頑張れるとは驚き。疲れたとか、もういやとか、そういう発言は一切なく。
ガスが多いとはいえ、大人はそれなりに眺望も楽しんだのですが、子どもの視線になってみると、見えるものは周囲の草だけだったりして(ニッコウキスゲぐらいは見えてたはずですが)、ちょっと可哀想かも…というところだったのですが、子どもたちが楽しかったといっているので、まぁ良かったということで。

その後、車で長門牧場へ行って、牛を見て、牛乳とか買って、アイスクリームを食べて。
息子は牛に草を食べさせたりしていたけど、娘は案の定怖くて、2メートルぐらい離れたところまでしか近づけず。馬はちょっと遠くにいたので、餌をやったりはできませんでした。2年前、ここで、馬の顔をアップで見て、娘は大泣きしたんですが、2年経ってもあんまり変わってないなぁ…。

娘はかなり疲れていたので、そこから夫と車で別荘へ戻り昼寝、息子と私は女神湖で降ろしてもらって、女神湖から別荘まで散歩。オダマキが可憐な花を咲かせていたりする中を、あちこちチョロチョロして全然前に進まない息子と2時間近く散歩。

夕食は、残り物のラタトゥイユでパスタでも、と思っていたけれど、一回ぐらい外食するか、と、天丼が有名だった(今はもうメニューに天丼はないようです)利休庵(3年前、天丼を食べて、食べすぎで夫が苦しんだ記憶があるというのに…)を目指すも、なんと、「今日はもう終わっちゃったんです」と言われてしまう。うわあ。

そのまま上田方面へ下っても、あっという間に飲食店などなくなってしまい、しかし、他に目当ても無しで出てきたので、30分ぐらい彷徨って、地元車のたくさん停まっていた和食屋で天ぷらそばとかを食べて戻って就寝。
どうでもいいけど、娘が「昨日はこれを読んだから、今日はこっちを読んでね」と絵本を持ってきて驚き。だいぶ、時間の観念が出来てきたねぇ~。
ちなみに、結局持参した玩具は、人形とカルタと絵本でした。この中日がそこそこ天気が良かったため、あまり玩具の出番無し。
[PR]
by mmemiya | 2007-07-15 16:13 | Voyage