La Lune Lunatique

mmemiya.exblog.jp
ブログトップ

Don't worry that it's Not Good Enough

最近、またちょくちょく、竹内まりやのDenimを聞いているのだが、このアルバムの冒頭は、ミュージカル「マイ・フェア・レディ」のナンバー、On the Street Where You Live(このアルバムでの邦題は「君住む街角」)である。
服部克久のアレンジが良く、ノリのいいナンバーなのだが、ただ、ぼーっと聞いていると、歌詞がなんていうか、つかみどころのないままに流れていく、という感じ。淀みないのかもしれないが、上手くいえないけど、なんというか、違和感があるのだ。自分のヒアリング能力の問題を棚上げして言うのだが、歌詞カード見る限りではそう難しい単語なんてないのに、どーも耳に入ってこない。

ネット検索してみると、竹内まりやの歌は英語のネイティヴスピーカーも上手だと言ってるとか、そんな話もちらほらあって、私の耳の方がおかしいのかもしれないが、やっぱり全体的に破裂音とかが足りなくて「流れてる」って感じに聞こえるのかなぁ、と、歌詞カードを握り締めて聞きなおしてみた。

Hが弱すぎるのは、ほとんどの日本人に多分、共通するところ。後ろに口を大きめに開ける母音が来る時って、尚更、Hの音って出しにくいものなんだな、と、人の音を聞いてると分かりやすいなぁ。Hereぐらいはまだしも、HighのHはほとんど聞こえてこない。あと、Doorはそう聞こえるのに、NearとAppearが、前半半分しかない、ぶっちぎれてる感じ。
FeelingがFeelin'になるとかね、(特に語末の)音を省略するってのは、多分、時と場合によってはネイティヴスピーカーもやることだと思うし(記事タイトルは、私が歌詞を全部覚えている数少ない英語の歌から取ったが、このDon'tの最後のTなんて、昔聞いた限りじゃ聞こえなかった筈)、外国人にとっては子音の発音に自信がないときは、格好のごまかしの手段にもなるわけだが(私も自分がしゃべる時はしばしばやるという自覚はある)I'mのmが聞こえないのは、それは違う。

とまあ、自分が碌な発音もできないくせして人のことをあれこれくさしてしまったが、なにしろ、私、洋楽ってほとんど聞いたことがないので、洋楽を聴きなれてる人の耳にこの歌がどう響くのかはちょっと興味ある。しかし少なくとも、外国人にとって、ただ、しゃべるより、歌う、ってのは、もう一つハードルが高いよね。
昔、イギリスの大学院を出てイギリス人のパートナーがいる後輩とカラオケに行ったとき、彼女が「恋に落ちて」を歌ったのですが、あれの二番って、英語詞なんですね、どういうわけか。そんで、彼女が二番を歌いだしたら、うわ、音の作り方が全然違う!って感じでした。上っ面だけのモノマネ発音では、歌なんて歌うとたちまちぼろが出ると思うけど、彼女の音は、あからさまに違ってましたねぇ。

まぁ、でも、「歌」に、絶対的に完璧な発音が必要かどうか、は、まだ別問題なんでしょうが。オペラといえば、二大言語はイタリア語とドイツ語ですが、そのどちらも私はわかんないのでおいておいて、フランス語のメジャーなオペラといえば、まあ、カルメンぐらいですね。で、カルメンのアリアを、フランス語らしく歌ってる歌手がどれぐらいいるのか、って言われると、ま、細かい発音は、かなり怪しいもんです。Deは「デ」じゃないでしょー、みたいな。これ書きながらテレサ・ベルガンサのハバネラを改めて聞いてみたら「あんたが私を好きじゃないなら」が、全部「あんたが私を好きじゃなかったら」って過去形にしか聞こえないわ。しかし、そんな発音の誤りが、素晴らしいアリアの価値を減じるわけでもない。
最後は、歌、というか、声の力が、すべてを凌駕する、と言ってもいいのかもしれない。そこまで声が説得力を持つのって、並大抵の場合じゃありえないかもだけど。

最近は英語をしゃべる機会もとんとないのですが、なんつーか、そのうち子どもが学校の英語教育に放り込まれることを考えると、もーちょっと自分の英語をなんとかしたいなどと思う今日この頃だったりします。
[PR]
by mmemiya | 2008-07-22 20:23 | 日々雑感