La Lune Lunatique

mmemiya.exblog.jp
ブログトップ

灯台元くらしとはよく言ったもの

前回、紫蘇の活用法が…とか書いておいて、ふと、「私の保存食ノート」見直してみたら、青じその塩漬けがしっかり載っているではないですか。やれやれ、これで愛読書などと、どの面さげていうのだか。

昨日、帰宅後、ちょっと青紫蘇を収穫してみたのですが、もう、かなり虫に食われていて(紫蘇ってのは香りがきつくて虫がつかないかと思ってたら、けっこう虫食いだらけになります。どんな虫が食べてるのかさっぱり分からないんだけど…)、また、あまりに大きくなりすぎた葉っぱもあったりして、結局、まともに収穫できたのは、20枚程度でした。塩漬け自体はあっという間に処理できるので、さっそく漬けておきました。「ちいさなかめに入れておもしをする」と、本にはあったのですが、そんな適当なものがなく、漬物容器で漬けました。来年は、もっと早く、虫に食われる前に収穫して活用したいです、紫蘇。

去年は初めて、しその実の塩漬けを作ったら、非常に家族にも受けが良かったので、あれは是非今年もやらなければ。こうして少しずつ、毎年、作れるものが増やしていけるといいなぁ。ちりめん山椒も今年の初チャレンジだったし。これは大人受けが非常に良かった。なにしろ、自分ちで取れるものは、活用しないともったいない!って気になりますね。ただし、紫蘇は(家庭菜園ではよく聞く話ですが)市販のものと比べ、かなり、分厚いというか、ゴワゴワしてます。香りも弱めかなぁ…。あんまり日当たりの良いところにあるとそうなるとかならないとか?三つ葉もあっという間に巨大化するし固いし、ま、手をかけてある栽培物と違い、放りっぱなしなんだからしょうがないけど。

そして本日、とうもろこしを初収穫。ひげがかなり茶色くなったものが出てきたので、ためしに2本。市販サイズの、どーかなぁ、半分に近いぐらいの、小さなものしか育ちませんでした。で、気になる実のつき具合、こちらは7割、ってとこかなぁ。まぁ、すかすかではなく、一応、「とうもろこし」に見える部分もあって、とりあえず、良かった良かった。(一つは、片側がかなーり、実になってなかったけど…。)手で受粉させようとか、たまにやってみたりもしたんだけど、やはりとうもろこしは結構難しいです。義父やらお隣さんやらは、市販のとうもろこしと比べても遜色ないようなものを育ててますが、何が違うのかなぁ…。植える前の土作りからして問題らしいですが。ま、息子も「今年はじめてなんだからしょうがないよ」と納得してますし、初めてとしてはこんなもの、なんでしょうかね。(なにしろほとんど手をかけてないしな。)

とりあえず、採り立てのとうもろこしは甘い。もうちょっと勉強しないといけないことも確かだけど。
[PR]
by mmemiya | 2008-07-30 23:09 | 料理のこと