La Lune Lunatique

mmemiya.exblog.jp
ブログトップ

農業について関心を持つ、ということ

事故米関係で、少しブログなどを見ていたら、時々見に行く「新小児科医のつぶやき」というページで、農家のこうめさんが、「加工米」のことについて書いていらっしゃいました。
「農家こうめのワイン」というページも、割とよく見に行く所で、色々、勉強になるなぁ、と前から思っていたのですが、確かに、激安が売り物のスーパーで、ちょっと品質が…ただ安いことは安いよね、みたいな米を見かけるとは思っていましたが、色んなからくりがあるものですね。

私自身はサラリーマン家庭の生まれ育ちではありますが、地域柄、兼業農家がまわりにちょこちょこあるので(そういえば義理の姉の家は農家だな)こうめさんのページで書かれていること、例えば、農業従事者の年齢とかは、多少の実感を伴って読むことはできます。今の上司が兼業農家で米作っている人なので、たとえば田植え後のヒエへの対処とか、聞きかじってる部分もホンの少し補強できたりはしますが、なんというか、日本の農業問題って、どこから手をつけると改善されるんでしょうねぇ…。今からの対策で間に合うのかどうかすら私にはよく分かりませんが、だからといって無関心ではいられない。

夫とも話すのですが、たとえば「農業高校」ってのは、あれはどうなんですか。自分の同級生を思い返してみれば、農家の子が農業高校へ行ったわけじゃない。端的に言っちゃえば、普通高校に進学するには点数が足りないといわれるけど高校へ進学したい、みたいな層の受け皿になっちゃってるわけでしょ、日本の実業高校は。
で、農業高校で行われている授業がどれほど実践的なのかあるいはそうでないのかは全く知りませんが、たとえば、高校で学んだ結果、農業の面白さに目覚めたとしたって、農家の家の子どもでなければ、「新規就農」っつったって、会社に就職するようなわけには行かず、要するに自営業を起こさなきゃいけないわけで、資金がなんとかとか、色々、壁がありそうですよね。
(まぁ、農業生産法人とかで人を募集してるところが、ないわけじゃないかもですが。)色々、なんかヘンだよなぁと思うのですが。

農政は「ノー政」と書かれてました…。つい最近も、近所で、急に荒れだした畑があると思ったら、おじいさん(畑をやってた人)が倒れたそうで。我が上司も、息子さんは二人とも、兼業農家を続ける気は全然ないそうで。(お一人は遠い他県で医者だし、端からそんな気ないよね。)やれ自給率がどうこうとか言う割に、農業自体を国は、というか、我々は、どう考えているのか、が問われていると思うのですが。
[PR]
by mmemiya | 2008-09-25 00:20 | 日々雑感