La Lune Lunatique

mmemiya.exblog.jp
ブログトップ

息子に新しい自転車を買う

というわけで、とうとう、息子に新しい自転車を買った。

娘が、再度補助輪をつけた幼児用自転車に乗り、夫がインラインスケートをしている間、息子と私は、自転車を買いに。

いい天気だったが、さすがに風はそれなりに冷たい。それなのに、その前にはわざわざ公園でお弁当を食べた。というのも、先日、息子達の年長児クラスだけ、バスに乗って社会見学、というのがあり、娘が何度も「いーなー、Kちゃんだけお弁当、いーなー」と繰り返していたせいなのだ。弁当のおかずの残りは娘も朝ごはん時に食べたんだけれど、そういうことではダメらしい。社会見学のお弁当よりはるかに手抜きのお弁当だが(ちなみに社会見学時は、息子の希望により、きんぴらごぼう、卵焼き、ピーマンとウィンナーの炒め物。彩りも悪くなく、全然自分の頭を使わずにお弁当のおかずが決まって、たいそう楽チンでした)寒風吹きすさぶ中、弁当を広げて、娘は満足した模様。

で、息子の自転車だが、費用を考えると、なるべく長く乗れるものを…と、つい思っちゃうんだが、いざ、22インチの自転車にまたがらせてもらうと、足がつま先しかつかない。店員さん曰く「うーん、あと半年かなー。」20インチなら、なんとか自分で自転車を支えていられる。ちなみに、22インチのには、なんかよー分からんがメーターなるものがついていて、息子はそれに、いたく心を惹かれたらしい。(これまたお店の方曰く、みなさんそうですよー、とのこと。)価格的には20インチが一番安かったものの、本人に「今、ここで小さい方を買うのか、小学校入学時に
もう一つ大きいのを買うのか、どちらがいい」と聞いてみる。本人、かなり熟考の挙句、「やっぱり、今すぐ欲しい」というので、結局、20インチを購入。6段変速ですぜ。充分すぎるでしょう。
店員さんによれば、小学校3,4年生までは乗れるのでは、とのこと。で、中学生でもう一度買い替えだね、と。えー、そんなにまだ買い換えるのー?と思ったが、まぁ、実際、どれぐらい背が伸びるのかとか、様子見てみないと分からないよね。これで息子の幼児用自転車(多分あれは14インチだったと思うんだけど…)を譲り受けることになった娘(標準より体大きい)が、いつまで幼児用でいけるか、ってのもあるしなー。2歳差だし、娘の状況によっては、今回買ったものをまた娘に譲って、息子買いかえってのもありえるか。娘がお古ばっかりでちょっと気の毒だが。(今回は、自転車が自分のものになって喜んでいて、新しいのが欲しいとは全然言ってないが、この先はどうなのかなぁ。)

ところで、自転車買いに行ってちょっと驚いたのは、子供用の自転車って、えらくスポーティなデザインのものばっかりなんだなーってこと。マウンテンバイク風、というのだろうか。自分の子どものころとは全然違いますね。

早速乗らせてみたら、タイヤが大きくて安定感がいいのか、幼児用自転車の補助輪を外した時よりもぐらつかず、すいすい乗れている。これで、週末は公園で子ども二人は自転車、夫はインラインスケート、となると、ホント、私はどうしようかな~。
[PR]
by mmemiya | 2008-12-01 23:32 | 子育て、子育ち